とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間ドラマその後

2013/4/10

 今朝朝食を食べてから早速ギニア大使館へ。義妹さんはお姉さんからの仕送りを貰った後にウィッグを買いに村に戻って戻って来ると言っていましたがまさしくこれは嘘。ウィッグは街中の方が種類もあり価格も安い。今日確実に何軒かアポイントメントがあるのだと理解しました。昨晩他のボーイフレンドにも電話をしてアビジャンに居る事を伝えていたのを私達は知っています。まぁ私達はとにかく今日出て行ってさえもらえれば言う事はありません。

そして今朝ギニアビザの話を彼女にした所「大使の電話番号を知ってるから彼女(私)ががかけたらいい」とイスマイルに言ったそう。ですがギニア大使は英語が話せないのでフランス語が出来ないとかけようがないし女性がかけた方が何かといいとイスマイルも彼らの関係を知っているので伝えた所彼はリベリアから来ているんだから英語が話せると言ったのです。ん?リベリア??何と彼女ギニア大使だけでなくリベリア大使の電話番号までゲットしていたのです。確かにリベリアビザを受け取りに行った際、私がトイレから戻って来ると座っていたはずの彼女が窓口に居たのを思い出しました。さすが、ちゃっかりしています。

彼女はイスマイルには何かと対応しますが私には比較的冷たい。というのも彼女は私が使えない、又は貧乏だと思っているのです。イスマイルは彼女にお金(お金を持っている友人や家族)を運んでくれると思っているので彼には何かと優しいのです。ビザ待ちで外で待っている間、彼女は私に「イスマイルは素晴らしい人。何故結婚しないの?結婚したらヨーロッパのパスポートが手に入るのに」。。。彼女は真剣な顔で言っていました。彼女には「日本のパスポートは同様に強いからヨーロッパのパスポートに興味は無い」とだけ伝えると、あなたの連絡先を教えて、いずれあなたは私を助けられるかも、だって。間違いなく私があなたを助ける日は来ないでしょう。彼女にとって結婚すらお金のようです。もう29歳という年でこの考え方では結婚すら難しそう。

イスマイルに彼女はあなたを狙っているんじゃない(笑)?と尋ねるとアフリカではいとこ同士は結婚できないんだ。だけど彼女だったら関係なしだろうね。もし誘ったらお金目当てでついて来ると思う、との事。

ビザの話に戻りますがまぁとにかく大使館に行って直接聞いた方がてっとり早い。9:00過ぎに到着したのですがまだ早いのか昨日までのおじさんはまだ居ない様子。他の職員に話を伺うと16日以前に入国しても問題ないそう。だけどビザの変更についてはボスに聞かないと解らないと部屋まで連れて行って貰いました。

このボスに経緯を説明しシングルをダブルに変更できないか尋ねるとダブルはとても高いから安い方法としては国境まで行ってトランジットビザを貰う事。だけど交渉が必要らしい。ギニアビザはシングルですら32000CFAかかります。そのままギニアビサウに行く場合はリベリアビザが無駄になってしまいますがその価格と同じだけギニアビザ取得にお金がかかるので次回ゆっくり周った方がまだよさそう。このボス曰く現在コートジボアールとリベリア国境にはアーミーが滞在しているけどセキュリティーとしてはイマイチと話していました。

2010年(確か)に行われた選挙で新たな大統領が決まったのですが前大統領はこれを認めず居座った為、フランスが介入し前大統領を捕まえたのです。この前大統領を支持する勢力がマン付近に隠れているのとリベリア政府が前大統領を支持しているのもありこの付近はきな臭いのです。1か月前の事件では6人殺されましたが計画は失敗に終わったので被害はそれ以上は出ませんでした。ですが次回いつ起こるか誰にも想定は出来ないのでやはりこのボーダーだけは避けるべき。

それに残り18日、アビジャンに来てから毎日通っている商店のオーナーがギニア出身なので話を聞いていたのですがギニアには殆どアスファルトが無く移動に時間がかかるそう。なのでやはり今回は2つの国を避けてギニア、ギニアビサウ、セネガル、ガンビアを満喫した方が賢明。それですら駆け足になりそうだけど。

さて、夕方になり彼女から18:30に戻って来ると連絡がありました。丁度私達は外出していて時間に合わせて戻ると伝えましたが何だか嫌な予感がして「私達はもう戻ったから来ても大丈夫」と電話に出なかったのでSMSを送っておきました。18:30を過ぎても彼女が来ないので電話をかけると「今から向かう」と言うのです。???18:30に来るというから家に戻ったのにと言うと「家に居ないって言うから戻るまで待ってた」そう。メールを送ったのに。そう、それで何時に来るの?というと「今とっても遠い所に居るからすぐにはいけない」と言います。間違いなく夜遅く来てここで泊まるつもりなのが見え見えなので明日の朝にしてと断りました。イスマイルが早朝に発つので(これは嘘)彼女に早めに来てと伝えると6:30に来るそう。とにかく嘘ばかりの彼女と過ごしたくないので今晩はリラックスできそう。

<Transport>
・黄色タクシー・・・ルートが決まっている100CFA~/人
・赤タクシー・・・プライベートタクシー、交渉要

<Sleeping>
Abidjan/アビジャン
・Redidence Hadja Katia・・・フラット27000→15000CFAへディスカウント
 キッチン、食器等そろっている。外国人用の居住場所。
 Deux Plateaux地区にある

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。