とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Liberia/リベリアビザ取得

2013/4/8

 今日はLiberia/リベリアビザ申請に向かいます。時間があればGuinea/ギニアビザの申請にもトライ。今日はイスマイルの義理の妹さんが案内してくれるそうなので早起き。8:00前に到着したのでイスマイルに迎えに行って貰い8:00過ぎまでフラットで待ってからタクシーで中心地へ向かいました。妹さん曰く外国人がタクシーに乗ると5倍も10倍もこの街ではぼってくるというので案内をお願いしたのです。

私も2013年の情報を持っていたし妹さんもリベリア大使館の場所を調べてくれたようですがどちらもハズレ。1か月前位のコートジボアールとリベリアの国境で起こった事件直後に大使館はリベンジを避けるべくお引越し。タクシーで何度も移動する羽目になったので結構な金額が消えて行きました。この街では黄色いタクシーはルートが決まっていて1人100CFAなのですが赤いタクシーは目的地までで貸切なので2000~3000CFAはすぐに飛んでいきます。しかも丁度持っていないとお釣りをくれないケースが多い。

最終的には街に居たヨーロピアンに情報を聞いたらリベリア人を紹介してくれ一緒に大使館まで行く事に。この国ではお金が全て。案内してもらったら相応に支払わなければいけません。結局タクシー代を含め5000CFAで決着がつきました。それにしてもお金がいくらあっても足りません。

特にゲートでの手続きも荷物チェックも無く内部へ。スタッフにビザを取りたいと言うとインビテーションは??等明らかに賄賂目的の発言がチラホラ。日本人はレターは必要ないと言いどうにか申請用紙を貰ったのですが即日で欲しいなら5000CFA欲しいと賄賂要求。後で交渉すればよかったと後悔しましたが、潔くビザ代25000CFAに5000CFAを乗せて申請しました。私もすでにアフリカンになってしまったのか?

14:30に取りに来いというのでお礼をいい(お礼を言う筋合いは無いけど)その後マーケットで5日分の食材を購入。ライスにクスクス、トマトソース、ピーナツソースに野菜、チキン、フルーツなどなど。これらの荷物を持ち歩けないのでイスマイルは宿に戻る事になり私とオキシアン(妹さん)とでギニア大使館に行く事に。すでに12:00を過ぎているので休憩中かと思いきやまだ営業時間内でした。

大使とあいさつをしてパスポートが無いけど申請だけしたいというと用紙をくれたのでその場で書き込みましたが全てフレンチ。大使が英語を話せないので妹さんが居てくれたので助かりました。32000CFA支払いレシートを貰い完了。明日11:00に受け取りだそう。ここ2日間だけで一体幾ら飛んでいった事やら。昨日5日間分の宿代を支払っているので残金がまずい事になってきました。やはりアフリカ滞在は安いけど旅行は高くつきます。

14:30のリベリアビザ受け取りまで暇だったので13:30に大使館へ向かいました。するともう出来ているようですんなり受領。受け取りが終わってから宿に戻ったのですがははは~、部屋の鍵は私が持っていたのでイスマイルは外で待ちぼうけ。ギニア人と話をしたり残りの買い物をしたりしていたそう。気が付かなくて申し訳ない。

部屋に入ってからイスマイルはクッキング、私はその間に洗濯物。昼食兼夕食はアーモンドベースのピリ辛野菜ソースにライス。デザートはパパイヤ。料理の出来る男性って素晴らしい、心からそう思います。

実は義理の妹さんはアビジャンでは無く周辺の村から来てくれているのです。タクシーで片道4000CFもかかると言うので今日はフラットに泊まってもらう事にしました。今日戻って明日また来るとなれば予算が高つきます。彼女は現在仕事をしていないので尚更。私達も彼女が居ればとても助かるので感謝です。

<Liberia/リベリアビザ情報>
・写真1枚、パスポート、25000CFA+即日賄賂5000CFA
 午前申請14:30受取でしたが13:30に受け取りました。
 場所はCocody/ココディー地区のスペイン大使館の角から道を渡って
 綺麗な通りを進むと右手にあります。アメリカの国旗の星1つバージョン。
 ちなみにスペイン大使館とリベリア大使館の間には日本人の居住区も。
 国旗があったので大使館だと思い情報を聞きに行くとレジデンスと言われました。
 プラトー(中心部)からだと赤タクシーで2000CFA程。2013年3月頃に引っ越し。
 受取日から1か月有効

<Transport>
・黄色タクシー・・・ルートが決まっている100CFA~/人
・赤タクシー・・・プライベートタクシー、交渉要

<Sleeping>
Abidjan/アビジャン
・Redidence・・・フラット27000→15000CFAへディスカウント
 キッチン、食器等そろっている。外国人用の居住場所。
 Deux Plateaux地区にある

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。