とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Niamey/ニアメーへの長い移動

2013/3/22

 ラスレンが起きてから急遽移動する事になったと伝えたのですがやはり急な話だったので驚いた様子。お礼を言って別れタクシーでターミナルまで移動しました。

ニアメー行きのミニバスが9:00発であったのですが12000CFAで壊れそうなオンボロワゴン。この価格だったら他のカンパニーにすると言うと他の会社も同じ値段だと言ってきましたがこの車よりマシでしょ。とにかく10000CFAまでしか出せないと強気に出るとワゴンを降りろと言ってきます。ワゴンを降り荷物を持ち歩き始めた所冗談じゃない事だと解ってもらえたらしく値下げに成功。ドアは何度閉めてもなかなか閉まらないし私達の横の窓はガラスがありません。何かあれば危険すぎる。窓ガラスのある方に移動しましたが皆窓を全開にするので暑い風がビュンビュン顔に当たり息がし辛い。スカーフで顔を保護しサングラスで目を保護しようやくマシになりました。

吐き気と下痢は昨日から続いていますが何か食べないといけないと思いつつも食欲がない。道中ジュースを飲みながら持ち堪えました。ただ飲んでも飲んでも喉が渇く。胃は水分でパンパンなのに喉は水分を欲しがっているのです。

ブルキナファソ側に到着したのはすでに17:30を越えてから。ここでマシな食堂が無かったのですが体力を付けなければいけなかったので子供たちが皿を片手に私達の食事姿を見ている姿を横目に食べれるだけ少しでも多く食べました。少し残ったので地面に皿ごと置くと子供たちがそれを奪い合います。国境を越えただけでこんなに違うとは。これから入るニジェールは一体どうなんだろう。砂漠が広がるのでやはり貧しい国なのか。

ニジェール側では荷物検査、カスタムでも暫く時間がかかり待たされましたが19:00には出発しました。ニジェールに入ってから目に入ったのはニジェール・オイルの広告。そっか、この国にはオイルがあるのか。そして道路はブルキナ、マリ、トーゴに比べるとはるかに綺麗。想像と全然違います。首都のニアメーに入ってからも町の大部分でアスファルトを見かけました。さすがオイルの出る国は予算があるのかな?

今晩の宿はロンプラに載っていたChez Tatayiと決めていたのですが数年前にオーナーが代わり現在名前がかわり料金も跳ね上がったようです。ただ今日はもう疲れていたのもあり今晩はここで泊まり明日教えてもらったもっと安い宿に移動する事に。移動疲れを激しく感じクーラーが効いていたのもあってかシャワーも浴びずに眠ってしまいました。

<Transit>
・ワガドゥグ→Niamey/ニアメー・・・ミニバス/12000CFAを10000CFAへ値切る
 9:00発20:30着 

<Sleeping>
Niamey/ニアメー
・Auberge Dragon・・・ツイン25500CFA/incl:wi-fi,hot-shower
 ロンプラに乗っているChez Tatayiの経営者が変わり現在はドラゴンに。
 価格も値上がりしたようです。レシートを結局もらえなかった。
 Add:B.P.2456 Niamey
 Tel:21884927
 e-mail:groupedragon_niger@yahoo.fr

<ニアメーのタクシー>
・市内であれば300CFA/人
 値段を聞けば1000CFAとか言って来るので私達は無言で300CFAずつ渡しました。

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。