とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結末

2013/3/20

 朝になり彼らに電話をしたのですが電源が入ってない。私達に会いたくないので間違いないと判断し朝食を食べた後イスマイルのお母さんのモーターバイクでアニエに向かう事にしました。アニエからソコデへの道は1本しかないのでキャッチ出来るはず。

8:00に出発し彼らを見つけたのは1時間後の9:00になってから。特に乗客は乗せていませんでしたが私達に見つかったらまずいと言う理由からかもしれません。特に車を止めずフォローしソコデまで戻りました。お家に送るようにお願いしていたのに向かったのは修理場。何が何でも修理して更にお金を巻き上げようとしているのが見え見えです。

イスマイルが彼に問いただしましたが言い訳ばかり述べてきます。とにかく私達はバスの時間があるので車の荷物を纏めてお家に戻りました。お母さんに話すと激怒していて何が何でも20000CFA取り戻すと話してくれました。実際に車が戻ったので適正な金額の支払いはしたいので20000CFAで充分。そしてチップの3000CFAの内1000CFAをスタッフに払わなかったのでそれも返してもらわないと。

後からメカニシャンが荷物をお家に届けに来ましたが現在20000CFAを持っていないので後で届けるそう。私達がトーゴに戻って来る時にお母さんがロメに居てくれるそうなのでその時受け取る事になります。

とにかく私達はバスに乗らなければいけないので郵便局へ。このバスは郵便局をつなぐバスなのでターミナルは郵便局。12:00に10分前に到着しましたがまだバスは来ていない様子。やはりここはアフリカ、結局12:45分出発のバスが郵便局を出たのは14:00になってから。シートは乗合バスよりは快適ですがエアコンが無いので停車すると暑くて乗っていられません。それにしても50km位しか出てないんじゃないかというスピード。最初に停車した郵便局で修理が始まり車内は暑すぎるので外で待つ事30分、ようやく再開。

300kmを9時間半もかけて国境に到着したのはいいのですが国境のホテルは満室らしい。なので他の乗客ともども国境近くにあるバンクの建物前に寝袋を敷き朝まで眠る事になりました。それにしても北に来たので暑い。そして今日は風が無いので外で寝ていても暑くて眠れそうにありません。

<Transport>
・Sokode→国境Sinkasse/センカッセ・・・5400CFA
 12:35発18:45発ですが実際には14:00発23:30着
 Post Bus、郵便局から出発

<Sleeping>
Sinkasse/シンカッセ
・国境手前の建物で野宿

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。