とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラリア再び

2013/3/7

 何時に眠れたのか解りませんが起きてもまだ眠たくだけど身体の居心地が悪すぎて相変わらず身体を右へ左へ。今日はガーナビザのピックアップにナイジェリアビザ申請があるので起きなきゃ。シャワーを浴びる気すら起きずぎりぎりまでごろごろ。朝食もせっかくファリに作ってもらったのに全く食べれず。

ガーナ大使館への道中にアイスを食べ(というかアイスしか食べれず)それから向かいました。受付で名前を言うとすぐにパスポートが帰ってきました。今までのビザシールとは違いテカテカしています。

次はナイジェリア大使館へ向かったのですが、どうにもこうにも歩けません。10m程歩いてはしゃがんで休憩。それを繰り返しようやくビザセクションへ。明らかに低血圧の症状です。元々低血圧の持ち主ですがこの暑さで血管が拡張して更にダウンしたのでしょう。

いざ申請となったのですが何とナイジェリアに友人がいないと申請出来ないと言われました。どうやら招待状がいるらしい。日本大使館のレターではダメだそうでナイジェリアの友人からの招待状と何度も言われました。そんなの行ったことない国に友人なんて居る訳ありません。皆どこでナイジェリアビザ取っているんだろう。調べてなかった。

招待状が無くても申請できるけど取得できなかった際に返金は出来ないと言われました。なのでここでの取得は諦める事に。この体調の悪い状態でビザ取得も出来ないとは時間の無駄でしかありません。

その後ファリの勧めるフランス政府の援助で運営されているクリニックに連れて行って貰いました。熱は無いけど念の為にマラリアを調べて欲しい事、そして血圧を測ってほしいと通訳してもらいます。予想通り血圧は78/60mmHgと低い、ご飯を食べてないので5%グルコース500mlにビタミンC、B12を入れたものを点滴してもらい3時間ベッドで過ごしました。その間にマラリアの検査もしてもらい後は結果のみ。

点滴加療
点滴加療

ちなみに途中でトラウレーが見舞いに来てくれました。全てが終了して料金を支払う際にあなたの血液から幾らかマラリアが検出されたので明日ドクターの居る8:30までに来るように指示を受けました。ボランティアのクリニックなのでドクターは早朝のみで後は病院に行ってしまいます。ドクター無しで処方箋は貰えないので明日また来る事になりました。

それにしてもこの点滴だけで大分身体が楽になりお家に戻ってからフルーツが食べれる程回復。食べ物をおいしく感じられるってやはり幸せです。これだけの症状で済んでいるのはファンシダールを飲んでいたおかげかもしれません。そうでなければ40℃の熱が出ていたはず。

<ナイジェリアビザ情報>
・ナイジェリアに住む人の招待状、推薦状が必要
 写真2枚、パスポートコピー2枚、料金は聞きませんでした

<Sleeping>
・イスマイルの姪御さんのお家


スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。