とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリ入国

2013/2/20

 今朝お兄さんが検問まで戻り無事に車と一緒に戻ってきました。12:00までお兄さんが戻って来なければ私達が迎えに行く予定でしたがその必要はありません。イスマイルはただただ喜びお兄さんと抱き合っていました。とにかくよかったよかった。

9:00になったので早速出国審査ですがここでも賄賂を払わなければスタンプがもらえません。54回目の検問、これが最後です。3人で12000ウギアを7000まで交渉して無事出国。ついにモーリタニアを抜けれた!!いままで旅してきた97カ国で一番肉体的、精神的にきつかった国かもしれません。食べ物、燃料の高さ、道路状況を考えると2位はモンゴル。モーリタニアはそれに加え警官の検問があるのでダントツ1位です。

暫くしてマリ側の国境に到着しました。まずはビザ購入、情報では国境でビザは取れないとの事でしたがGogueの国境では15000CFAで1か月観光ビザが取得できました。ビザ取得後はゲート代1000CFAに(仮の)カスタム代15000CFAを支払い今度は軍のチェックポイントへ。

ここで私がこの道路を通過するのであればセキュリティーを付けなければいけないと言われNioro/ニオロの街まで20000CFAでアーミーに同乗してもらう事になりました。黒人以外にはガードを付ける事が決まっているらしい。ニオロから首都のBamako/バマコまでも31000でエスコートが付くそう。というかエスコート無しでどこにも行けないのです。町中に食料すら買いに行けません。結局夕方にイスマイルに夕食用に魚、ライス、サラダ、スープ等買いに行って貰いました。食べ物が選べるって幸せな事だと重々感じます。モーリタニアでは魚は一切見なかったし野菜も無いので国境を越えた際には本当に解放感で一杯になりました。

エスコートと
エスコート

ちなみに保護されている割にはジャンダルメリーの特に警備も無い中庭で放置。なのでマットを敷いて昼寝もしたし夜も庭にあったベッドで1晩過ごす事になったのですがさすがにマリだしちょっとした物音で目が覚めてしまいます。ですが物音を出したのはドンキーのみ(笑)やはり北部以外は落ち着いていると言う事なのかなぁ。星を見ながらベッドで眠るって不思議な感じです。

中庭
中庭

<マリVISA>
Gogueの国境で1か月シングルビザ15000CFA

<Sleeping>
Nioro/ニオロ
・ジャンダルメリーの中庭のベッド

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。