とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

髄膜炎と腸チフスの予防接種

2013/2/8

 昨日すでにクリニックが閉まっていたので今日は8:30に家を出て1人タクシーで行ってきました。住所は知っていたのでドライバーに伝え移動しましたが20分ほど乗ったのにも関わらず100円もかからなかった。チュニジア同様超安い。だから皆ちょっとした所へもばんばんタクシーを利用するんですね。納得。日本は物価以上にタクシーが高い気がする。なので結果敬遠され利用客も少なくなるのかな。ちなみにモロッコでは相乗り可能です。タクシーを止めて先に乗車している人と同じ方角であれば乗せてくれますし違う方向なら拒否されます。チュニジアは相乗り無しだったような。私はこの方針ありだと思うのですが今さら日本では受け入れられないかな。そうするとドライバーはシートの分だけ乗せれるしたくさん利用客がいれば価格低下もありうる?すばらしい循環だと思いますがね。

話しは戻りますが敷地内には幾つか建物があり判らなかったのでクリニックの入口で注射を打つ真似をしたらスタッフが教えてくれました。受付で英語とフレンチで書いた紙を見せると料金を提示されたのですがまだ打ってないのにレシートを出され困惑。まだ売ってないよとゼスチャーで表現してみるとまずはマネーだ。と連想させるようなしぐさをされたので納得。ちなみに髄膜炎が180Dで腸チフスが160D。今回打つ必要があるのかと言われれば微妙な所ですが国境の係員によっては髄膜炎の予防接種の証明が必要な場合があると誰かのブログで読んでいたので念の為に。そして腸チフスは症状がマラリアに似ているので誤診を避けるためにも先に打っておきました。どっちにしても日本で打つよりは安いだろうと言う考えもあるのですが。でもこれって何年有効なんだろう??黄熱病は10年だけど他のは一体。

左右の上腕にそれぞれ打ってもらいその後トルコで貰った証明書のその他の部分に加えて書いてもらいました。マラリアの薬も欲しいと伝えあらかじめ調べておいた薬の名前を見せ(Malanil)、セネガル~ブルキナまで行く事を伝えるとその薬ではダメとの事。Savarineと書かれた紙に日付とクリニック名をスタンプされそれを渡されました。薬局?と尋ねるとそうだと言うのでお礼を言ってクリニックを後にします。ここからまたタクシーに乗り今度はモハメド2という名のモスクへ。どうやらここがカサブランカで一番の見所らしくまたまた20分ちょいかけて移動。今度は14Dそれでも安い。約150円程。

遠くからでもこのモスクのミナレットが確認できます。そして見た目がとっても新しい。美しいドアに壁の装飾、観光ポイントというのも納得が出来ます。そして目の前には海。後で聞いたのですがモスクの中から海が見えるそう。実は今日は金曜なので9:00と14:00の2回しか入場出来無いらしい。私が到着したのは9:30ですでにダメだそう。でも入場料が120Dと高い。しかも学割はモロッコの学生だけだとか。ポストカード売りのお兄さんがセールスしにやってきてそこに内部の写真もあり見てしまったので、14:00に戻ってきて120D払ってまで入らなくてもいいかな。抗マラリア薬も買わなきゃいけないしちょっとセーブしてみます。モーリタニアのビザ代も支払わなきゃいけないし。

美しい
美しい

でか
でかい

それにしてもHSBCの現カードの有効期限が本当に3月1日までなのかHSBCに確認しないと。どう計算しても期日までにダカールに行ける気がしない。モロッコの後すぐにダカールであれば問題ないけどモーリタニア縦断に数日はかかるだろうしやっぱり無理そう。残りを下ろしてしまいたいけどCFAかドル、ユーロで手に入れたい所。モロッコのATMで下ろせれれば最高なんだけど。

モスクを後にし向かったのはメディナ。ロンプラで確認すると結構近いので人に尋ねつつメディナのどこかの入口に到着。そこから適当に歩いたのですが金曜の為あまりお店が開いてません。大抵がベーカリーか靴屋さん。適当に歩くと正門に到着、私の勘はなかなかなよう(普段は働かないんだけど)暫くカフェで時間を過ごしお家に戻ろうと歩いたのですがどうやら道を間違えたらしく結局タクシーで戻る事に(笑)そして歩いている時に薬局を探したのですがほぼ全ての薬局が金曜の為閉まっていました。1軒開いていたのですが1か月分しか置いて無く昼から取りに来れるか聞かれたけどここまで戻れる自信が無い。まぁどこかで買えるでしょう。

お家に戻るとメフディーも用事から戻って来ていて昼食の支度をしていました。なかなかのグッドタイミング(失礼)。タジンに似た料理を頂き満腹になったのですが昼からなんだか骨やみがする。寒気もするし熱を測ると平熱よりちょっと高い程度。外は確かに昨日より寒いので必然的に室内も寒いのですが予防接種した事、数日前から風邪をひいている事も関係するかな。

夕方に近くの薬局に行くと取り寄せになるから1時間後に戻って来てと言われました。ここはマラリア地域では無いからまぁそうなるのは必然的。お家に戻り時間になるのを待ってから取りに行きました。今日購入したのはクロロキン製剤で毎日内服するタイプ。前回は週1回だけのメフロキン製剤。地域によって耐性があったりするので医師に先に相談した方がよさそう。今度は罹患しませんように!!やはり寒気がするので熱を測ると今度は微熱。しばらくして悪寒が止まったのでこれ以上は上がらないでしょう。

<Transport>
・Taxi・・・初乗り料金は2Dから(約20円ちょい)

<予防接種の情報>
・Institut Pasteur/新市街にある
 住所:1,Place Louis Pasteur Boulevard Abdelmoumen
 17:00まで
 Meningitis/髄膜炎・・・180
 Typhoid/超チフス・・・160
 マラリア予防薬・・・SAVARINE/クロロキン製剤
 2か月分で335.5D(毎日1回服薬)

<Sleeping>
Casablanca/カサブランカ
・メフディのお家

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper