とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

ちょっとした1日

2013/1/19

 今日は土曜日なので私の方が先に起きるかと思っていたけどやっぱり私が後。隣のお家でちょっとした工事をしたらしくそれで目が覚めました。ゆっくりとブランチを食べてそれから昨日ほったらかした書類の残りを加工していたのですが、こういうのに疎いのでどうにも時間がかかる。PDFを編集するプログラムをダウンロードしてはやってみるのですがどうにもこうにも。

そんな事を数時間やっている内に出かける時間が来たのでまたもや中断です。今日はちょっと町の観光をした後にヴィンセントの友人カップルとイラン料理を食べに行く予定。外は霧雨が降っていますが帽子もあるしお出かけします。

リヨンには扉で隠されたパッサージがいくつもあり居住者で無くても入る事が出来ます。一見閉まっている扉でも押してみると開いたり鍵がかかっていてもボタンを押したら開いたり。修復する際に政府がお金を出す代わりに一般人も入れるようにと条件を付けたそうです。中にはとても古い建物もあるので興味のある方は適当に気になるアパートの扉を押してみてください。

買い物も同時にしていたのですがフリーシリアの看板の素寄付金を募りシリア料理が販売されていました。スイーツからサモサまで種類は豊富にあります。彼女たちは来週の月曜にシリアに行くそう。医薬品や日用品等を携え入るそうですが現在化学兵器まで使われているので本当にナイトメア。中東、北、西アフリカにしかり現在は旅行の時期では無いとは理解しているのですが。それでも現地で普通に生活している人も大勢いるのも事実。

荷物が増えたので一旦宿に戻りそれからメトロでイラン料理のお店へ。ヴィンセントの友人とその彼女がすでに到着していましたが、彼女が超かわいい。中国人のシンシンといいますがアジア版メーテルといった上品な顔立ちに来ているものもオシャレ。普通の服にトレッキングシューズの私とは次元が違います。それぞれコースを注文し4人で赤ワインを1本注文。基本フランス語なのですが、一応皆英語が話せるので途中途中英語で話してもらいながら会話を楽しみました。シンシンは6年前に来た時は全くフランス語が話せなかったそう。だけど今はエキスパート。やはりその地に住むのと現地の彼氏を見つければ言語の上達率はかなりアップするのかな。

食後はバーに行きメトロ終電に間に合うようにお家に戻ってきました。外はかなり寒かったのですが幸いにも雪は降っておらず。来週の水曜にはもうこの寒さとはお別れです。嬉しい様な寂しいような複雑な気分。

<Sleeping>
Lyon/リヨン
・ヴィンセントのお家

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper