とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

前進

2013/1/18

 ここでどうあがいた所でビサは取れないので仕方がありません。居心地が良いので動きたくない気持ちで一杯ですが先へ進まねば旅が一向に終わりを迎えられないので決断の時。スカイスキャナーで年末に見ていた時は超安かったのですがリヨンからとなると現在では値段は跳ね上がっています。他の地域へ飛べば安く行けるのですがまずはビザ申請の為にチュニスに行きたいので多少高くても移動費や手間を考えると一気にチュニスに行き申請した方が安くつきそう。

来週の水曜か土曜がまだ安い設定なのでどちらにしようか悩みましたが夕方に到着するのはもしホストが見つからなかった場合を考え避けたい所。そうなると必然的に水曜の昼前の便が丁度いいのです。予約してからヴィンセントにメールをしておきましたが当日は彼は日帰りでパリに出張だそうで6:00過ぎには居ないそう。前回同様私が後からこの家を出る事になります。

予約の後、カウチサーフィンでチュニスのホストを探すためにまずはオープンリクエストをアップしておきました。首都なので見つかるかどうかわかりませんが念の為に。この先のリクエストが難しい。というのもビザ次第でルートが異なってくるからです。まずはビザが取れた場合はチュニスに戻って来る必要がありますが、取れなかった場合はスペインに飛ぶので他の空港も視野に入れねばなりません。A案が通れば一番いいのですが何度も言いますがこの状況なので何ともいえません。

サハラ砂漠のツアーも考えていたのですが女性1人で参加した場合のガイドのセクハラとか金額とか考えるとう~ん。どうせ西サハラを超える事になるので砂漠は見れるでしょ今後も。それに砂漠はナミビア、ヨルダンで見たしそれよりもタタウィンで長期滞在したい。ヴィンセント曰くチュニジアでのインデペンデントの始まりはチュニジア中央部の町から。そこらへん周辺は未だにきな臭いかもしれないので避けた方がいいんじゃないかと言う事。成るほど。まぁおそらくそこには行かないので大丈夫でしょう。

投稿した後に念のためにバンクアカウントのPDFを作成したのですが思っていたより残高が・・・。あれ?こんなに使ったっけ??よくよく考えると、あ~、間違いなく使ってますわ。ってかバックパッカーのくせしてヨーロッパに時間とお金かけすぎ。カウチサーフィンデビューも遅かったしね。過去に買っていたドルとユーロを売る時がついに来たか(笑)それにしてもここ1年半以上円高に助けられてきました。最近は円安に一気に進んでいますが相当助かったと思います。

バンクアカウントのPDFの作成の後は宿の予約の事も考えましたがバウチャーが要るのであれば偽PDFではまずい。だけど念の為という事を考えて作るべきか、キャンセル可能な宿を予約しておくべきか。ワインを飲みながらそんな事を考えているとどんどん面倒くさくなって結局や~めた。息抜きに出かけてきます。

んで、中国スーパーで物色したのですがもうちょっとで去るし米を買ってもなぁ。ヴィンセントも料理作りたいって言ってたし今晩は昨日の残りを食べるとして明日は土曜だから出かけるし日曜はヴィンセントが作るとして・・・。う~ん、蕎麦もあるしお米は要らないなとか1人でぶつぶつ言いながらスーパー内をウロウロしていたのですが結局ピンとくるものが無く何も買わずベーカリーでバケットを購入して戻ってきました。今日は雪は降ってないにしても気温はマイナス。肌がピリピリ感じます。

お家に戻ってラップトップを開くと・・・ありました!!カウチホストから2件届いていたのです。早速見ると男女1名ずつ。女性の方には「I can't host you!」え?CAN'T??でもその後に空港に到着したら連絡してねと電話番号が載っていたのです。多分CANの間違いだよなぁ。男性の方は大使館に行くのであれば出来るだけ助けると記載、そして空港から5分の所に住んでいるそう。プロフィールを見ると何とフライトアテンダントでした。成るほど!だから空港近くなのか。2人のプロフィールを見比べたのですが女性の方が返信率50%に対して方や100%。ちなみに私はこれを重視しています。

以前書いたかもしれませんが最初にアルバニアでカウチサーフィンを始めた時に返信率70%程のホストとやり取りをしていて決まっていたのですが到着数日前から急に連絡が途絶え・・・という苦い思い出が。なので幾ら電話番号が書いてあっても出てくれなければ意味がないのでもう少し待って誰からも返事が無ければこの男性に決定かな。返信率って性格が表れるので重要なのです。

ヴィンセントが一旦戻ってきて暫く話をした後また出かけて行きました。今日はハードな一日でしょうが明日はお休み。好きなだけ寝て下さいな。それにしてもこれだけ長い間居させてもらえて本当にありがたい。またしても感謝あるのみ。それも後少しだと思うと寂しくなります。部屋は完全に私の部屋と化しているのでパッキングが大変だ。ついでにSousseとTataouineへのオープンカウチリクエストも追加しておきました。無事見つかる事を願います。

<Sleeping>
Lyon/リヨン
・ヴィンセントのお家

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper