とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

リヨン生活

2013/1/13

 睡眠不足と久々のワインで目が覚めると何と10:30。ロンドンでのレイジー生活カミングバック。明日は起きれるはず、きっと。ヴィンセントはすでに起きていて何とベーカリーでパンも買ってきてたし。実はなんとも情けない事にパンってフランス語だと知らなかったのです。何で英語ではブレッドなのに・・・と思ってたのですが、調べた事がありませんでした。フランスに到着してからパンという言葉を耳にしてようやく理解できたのです。

今日は日曜でヴィンセントの仕事が休みなので近くの中華街まで出かける事にしました。中華街と言っても規模は小さく通り2つ程の間に固まっているだけです。でもスーパーは何軒かあるので選べるのがいい所。十分にスーパーを楽しんでからお家に戻りました。

夕方にはパティスリーまでお出かけ。ここでショコラのパイを購入したのですがこのパイ中にはセラミックの小物が1つ入っているそうです。なので気を付けながら食べなければいけないのですがフランスでは当てた人がキング、クイーンという風にお菓子の中にちょっとした遊び心もいれているそうな。知らずに買ったら歯を折るかも知れないので注意が必要です。写真はそのパイではありませんがパティスリーにいるだけでつい楽しくて写真を撮ってしまいました。結局私がクイーンでセラミックのダックをゲット。さぁ、何をしてらおうか(笑)いやいや、無料で泊めてもらい好き勝手させてもらっているので本来なら私が何かしなきゃいけないんだけど。

かわいい

そしてリヨンに来たのでしなければならない事。それはアルジェリア大使館でビザを頂戴する大仕事。というのも常例ではアルジェリアビザは在住の国でしか取れない事になっているのです。ネットで調べると現地人以外は連絡してと書いてあったのでヴィンセントにフランス語で質問事項を書いてもらい送信しました。大使館に連絡しても返事がないと言うのが常なのですが、リヨンのアルジェリア大使館はどうでしょう。ちなみにフランス人に必要なのはパスポート、写真、パスポートコピー、給料明細書、残高証明書のコピー、ホテルの予約とパキスタン並みに必要書類が多いのです。んなもん働いてないから給料明細があるわけないしバンクアカウントはまぁオンラインのものをプリントアウトすればいいだけだろうけど同じ条件だと無理に等しい。

香港のメンイーの話に寄ればチュニジアで申請する場合は、申請したい旨をフランス語で大使館にFAX、そしてバンクアカウント等は不要だけど2週間かかるらしい。チュニジアに入る前にFAXを流し申請して2週間周辺を周って戻って来ると言うのが最善かな?それにしても国籍によってビザの金額が違いますが、中国籍だと50ユーロ程でフランス籍だと85ユーロもするのです。これはシングルビザなので高い。日本籍だとどうなんだろう。アフリカでは日本のパスポートは働かないからなぁ。とにかく大使館の返事を待ちですが月曜はお休みなので火曜まで待たなきゃな。

<Sleeping>
Lyon/リヨン
・ヴィンセントのお家

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper