とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

起きたらそこにはGeorge Meeganが

2012/12/12

 今日はアンナに会う時間まで郵便局に行ったりウインドーショッピングを満喫する予定。準備をしていたら深夜にチェックインしてきたおじさんが起き話しかけてきました。よくしゃべる軽快な人だなとか思っていたのですが、話を聞けば聞く程、変わったおじさんなのです。ウィキぺディアで名前を検索したら出てくるよというので、おじさんが外出した後「George Meegan」を検索にかけてみました。

すると何と出てきた!!しかも写真の顔も幾らか若いけど同じだし。幾つかサイトを見ていると日本のメディアにも露出していたことが判明。イギリス人の長距離ウォーカーでお金のほぼない状態で6~7年かけてアメリカ大陸を縦横断した経験をもつ強者。そして自伝も出版されており英語以外に日本語、イタリア語に翻訳されています。日本では過去に神戸大学で助教授をしていたそうで辞める際の神戸新聞の切り抜きを持ち歩いてました。ちなみに奥さんは日本人だそう。まさかこんな所でこのような人に会うとは!!出会いと言うのは面白すぎる。

ジョージ・メーガンと
ジョージ・メーガンと

一通り調べた後で郵送する荷物をデイパックに入れて出かける事にしました。郵便局に行くまでにウィンドーショッピングをしながら行ったのですが、前回もそうなのですがミラノってファッションの流行なイメージがある割には全然楽しくない。私はフィレンツェやローマが断然好きらしい。ちなみに食べ物ならナポリ。ミラノで好きな所はドゥオーモくらいかなぁ。

結局何も購入する事なくドゥオーモに到着。相変わらずここは観光客&アフリカ人の売り子で一杯。そして手口も一緒(笑)そんなに皆買うもんかな?

久々のドゥオーモ

郵便局はドゥオーモから比較的近い場所にあるのですが、悩んだ挙句郵送するのはフランス以降にしました。どうせフランスでポストカードだのピンバッヂだの入場券だので荷物が増えていくだろうし。若干重いけどイギリスの時の様に首の骨がずれるほどでもないしポルチーニが粉々になっても香りが変わるわけではない。送るなら1回でまとめて送るのが得策。

一旦宿に戻りアンナとの待ち合わせの時間までちょいと休憩。それからサン・ジョバンニまでメトロで出かけました。SIMカードを手に入れてなかったので無事に合流出来るか不安でしたが今回は2度目だったのでさすがに一目でアンナを発見!!よかった~。娘さんはこれから仕事だそうで挨拶だけしてアンナのお家へ向かいました。お宅訪問って好きなのでワクワク。

駅から比較的近いアパートメントでミニチュアバイクがたくさん!!てっきり旦那さんのコレクションかと思ったど全てアンナのでした(笑)大体2時間程話をして宿に戻ったのですが、やはり直接会って話をするのが一番ですね。十分に会話を楽しめました!!そして彼女の元気なエネルギーを頂きました。

再会

宿でのんびりしているとジョージがバラと共に戻ってきて頂いてしまいました。その後ポーランド人女性、インド人の男性が次々チェックイン。寝るまでの数時間ずっとしゃべっていたのですが全く質の違う4人だから余計に面白くてあっという間に時間が過ぎて行きました。ジョージ・メーガンは6~7年歩いて大陸を縦断、ポーランド人のケートは余りにも素晴らしいネコ専門の写真の撮影家、そしてインド人のアンクルは知能派。そんな中で私が一番平凡だねと思っていたのですがジョージに「君は看護師で18か月旅してしかもアフガンに行っている。それだけで平凡じゃないよ」と大爆笑されました。4人共メールアドレスを交換し連絡を取り合う事に。

頂きました

寝る前にアンクルが手相を見てくれたのですが面白い手相だと言われました。そして旅だけでなく人生においてとても幸運を持っているとも。恋愛については深く愛する人が人生で3人居るが1人はすでに過去の人。うわぁ、当たってる。10代後半から5~6年そんな時期ありました(笑)と言う事は今後2人現れるという事??占いは基本半信半疑ですがいい事であれば鵜呑みにします。私にも春が近づいてきたようです(笑)

<Sights>
・Duomo/Free

<Transport>
・Milan 24 hours Metro ticket/4.5Euro

<GuestHouse>
Milan/ミラノ
・Central Station・・・5bed Dorm/13Euro/night
 Address:Viale Lunigina 4 Milan
 Phone:+39 02 26145050
 E-mail:info@hostelincentralstation.com

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper