とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

バザール探索

2012/11/7

 この街にバザールらしいバザールは無いものだと思っていましたがニコライ曰くカブール川の南側の入り組んだ場所にバザールがあるらしい。それを聞き早速行って見る事にしました。ヘイラットに行く日に風邪をひきそれから引きずっていて怠いのですが、現在私の隣の部屋を改装中で化学物質の匂いが漂ってくるので日中から部屋に居たくはありません。

道中ブックショップでポストカードを購入してからバザールに向かいました。まずはバードマーケット。数種類の鳥が扱われていますが規模はそこまで大きくありません。ドライフルーツを探して奥に入ったのですがカーペットや雑貨はたくさん見かけるのですが肝心のフードセクションが見つかりません。このどこかにあるはずなんだけどおかしいなぁ。

旅の記念に
旅の記念に

バードマーケットにて

ぐるぐる見て周ったのですが結局見つからず、バナナジュースを飲みナッツ類を購入してから一旦宿に戻りその後オフィスでのんびり。今日はマナーについての話を聞かされ私がモスリムの国で極力やってはいけない事を平然としていたことが判明し反省。無意識でやっている事だったので全く気にもとめていませんでした。

宿に戻った後ニコライとカブールが見渡せる丘に登りましたが、明日アフガンを発つ彼に感謝の気持ちを伝えようと思っていたらセキュリティーらしき男性がしきりに話しかけて来てきっかけを失ってしまいました。しかも丘から降りるまでずっ
とついてくるし・・・。明日出発前に言えばいいだけなのでまぁいっか。

一緒に旅してくれてありがとう
一緒に旅してくれてありがとう

その丘から西にもう1つの丘が見えたのでついでに登ってみる事にしました。その丘のトップは子供達の遊び場になっておりサッカーをしていたり焚火をしていたり。すでに火の使い方に慣れている様子でその火を振り回し追いかけっこをしていました。日本では見る事はないだろうなぁという風景です。小さな頃から親の仕事を手伝わなくてはいけないので皆タフに育つんだろうなぁ。今日は泣きそうな顔をして本を売ろうと近寄ってくる男の子に会いましたがちょっと切なくなりました。

すでにコミュニティーが

暗くなったので丘を下り宿に戻る事にしたのですが、道中お菓子屋さんを見つけたのでショーウインドに入っている細かなお菓子を1種類ずつ購入。私の誕生日が近い事もありニコライが全て支払ってくれました。8種類くらいありましたがそれでも2US$くらい。半分ずつ食べましたが結局食べきれず。かなりお腹がいっぱいになりました。どうもありがとう!!明日でお別れなので寂しいけど来年日本で会える事を願います。

<宿>
Kabul/カブール
・Salsal Guest House・・・シングル/600Afg
 Address:Jad-e Torabaz Khan
 Phone:079 9734 202
 ホットシャワーあり
 朝にナンとチャイのサービスあり
※ロンプラに載っている最安値のPark Hotelは外国人は泊まれない

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper