とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

Kabul Museum

2012/11/6

 ラマダン明けの3日間の祝日中に南の方の町と、トルクメニスタンとの国境の町近くで爆弾テロがあり数十人が亡くなったそうです。私達がニュースで知るのは言語が理解できない分、時間差がどうしてもあるので今更このニュースを知ってドキッとしました。全ては運次第ですがやはり現地の人が安全だと言っている町以外は極力行かないのがベターです。このまま出国までカブールで過ごす事になりそう。出国後は年末までタイトなスケジュールになるでしょうし。

というのも多分大丈夫だろうと思って約束してきて今まで守れなかった約束が何度も。そんな適当な事はもうしたくないので何が何でも年末までにフランスへ行かなくてはいけないのです。2度目のキルギス以降こんなにゆっくり移動するとは思ってなかったのでイランもトルクメも大丈夫だろうと思っていたら年末まで2カ月もないじゃないですか。もう時期的にイランは寒くなっているし来年アフリカの後、帰国前に寄る事に決めました。

出来れば荷物の関係でヨーロッパに行く前に中央アジアを全て終わらせてしまっておきたかったのですが致し方ない。それでもイランに行かないにしてもコーカサス(カフカス)、西バルカンが残っているので急ぎ足になるのです。時間のある数日の間に周りたい場所をピックアップしておかなきゃ時間が足りなくて後悔する事になりそう。行ったり来たりではちゃめちゃなルートですが寒いのが苦手&同じような景色をずっと見ていると観光意欲が無くなるという性分なのでこれくらいが丁度いいのかも。おかげさまで予算の都合で中南米には行けそうにありません。西ルートで世界一周出来ると思い始めた旅ですが世界半周で終わりそうです。最後まで何が起こるかわかりませんがね。とにかく調べもの&友人へのコンタクトでネットの時間も必然的に増えてしまいます。毎度オフィスで無料wi-fi使わせてもらっててすみません。

といっても一日中ネット依存になっているわけではありません。今日は8:00出発でニコライとカブール博物館に行ってきました。ロンプラに寄れば質の良い博物館だそう。ただ町からは8km程離れているのでタクシーを使う事にしました。運よくシェアタクを拾う事が出来たのでラッキー。それにしてもニコライのファルシーの成長速度の速さにびっくり。やる気の問題だとは思うのですが私はなかなか覚える事が出来ません。

ちなみにここの博物館はとても興味深い。何よりもブッダの種類が豊富なのです。現在ではイスラム国ですがここは以前は仏教国だったのが理由。バーミヤンのブッダはすでにタリバンにより大分破壊されているそう。今回は行けなくて残念でしたがその分ここのブッダを満喫できました。もう少し中心地から近ければいいのに。

そして博物館の正面にはダルラマン宮殿があるのですが、すでに破壊されていて廃墟になっています。それでもバリケード&セキュリティーでガードされていました。もちろん敷地内に入る事は出来ません。

宮殿
宮殿

ダメージがすごい
ダメージが

戻りはバスで戻ったのですが途中で2人とも降りてそれぞれ別行動する事にしました。私は道中シュガケンジュースを飲み、アフガニスタンのパスポートケースを自分用に購入。早速パスポートにカバーをしたのですが、こっちのパスポートって裏表が日本のと逆なんですね。知りませんでした。文字も右から左なのでそれが関係するのかな。ちなみに緑が仕事用のパスポート、青がツーリスト用のパスポートだそうです。ちなみに両方とも購入。

パスポートカバー
パスポートカバー

一旦宿に戻り恒例のオフィスへ。今日もずうずうしくお昼時間に行きスープ、ヨーグルト、ナンを頂きました。そして話題は再度モスリムの話へ。結婚の条件についてだったので興味深かったです。でも女性には多々なる制限がついているので聞いていると大変そう。男女の格差の開きにはほとほと驚きを感じます。数時間会話を楽しんでからいろいろと情報収集。今日は集中して調べる事が出来ました。

どうもありがとう
どうもありがとう

夜にニコライと会話したのですが、ここに来る旅行者で唯一日本人だけが現地人の格好をせずに旅していると現地の方から聞いたそうです。皆、アフガンのイスラム色の強さを知っているので現地の格好をするのになぜ日本人はそうしないんだ?と聞かれたそう。何でですかね?全員だとは思いませんでしたがヘイラットでの話を思い出しました。もし今後行く予定の方は現地で服を購入する事をお勧めします。少しでも現地人に近づけばその分リスクは減るしその国をリスペクトしているという表現にも繋がります。ぜひお試しあれ。

<移動>
・中心地→カブール博物館・・・タクシー/150Afg(2人で)
・博物館→中心地・・・乗合バス/10Afg(1人辺り)

<観光>
・カブール博物館/100Afg
・ダルラマン宮殿/入場不可

<宿>
Kabul/カブール
・Salsal Guest House・・・シングル/600Afg
 Address:Jad-e Torabaz Khan
 Phone:079 9734 202
 ホットシャワーあり
 朝にナンとチャイのサービスあり
※ロンプラに載っている最安値のPark Hotelは外国人は泊まれない

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper