とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古都を彷徨う

2012/11/2

ひっさびさに1人きりの時間を過ごした昨晩は若干感傷的にさせてくれました。そして旅について考える良い時間にもなりました。8日からどうせまた1人のなるので丁度良い機会になった気がします。

今日は金曜なのでイスラムの休日です。ただこの町は近隣諸国からの観光スポットでもあるので休み知らず。外に出ると昨日同様にお店が開いています。30%位人が少ない位でしょうか。

まず向かったのは昨日行った金曜モスク。金曜だからこそたくさんの礼拝客が居るかと思いきや全くもってガランとしていました。あれ??マザリシャリフでは物凄い警備体制の下たくさんの礼拝客が来て居たのに。所変われば何もかも少しずつ変わって来るのかな?

その後今日の観光目的にしていた要塞に向かったのですが、金曜日という事で柵が閉まっていたのです。門番をしていた男性の内1人が英語を話せる人で「明日は空いているけど書類を書いて貰わなきゃいけないよ」との事。何じゃそりゃ?英語でいいのかしら?因みに料金は250Afgとまずまずのお値段。ペトラに比べると断然安いけどね。

ついでにその男性にアフガニスタン女性のマントを探しているんだけどと、通りの名前とマントの名前をファルシーで書いて貰いました。その通りは金曜モスクのごく近くにありそこで尋ねると、皆方向を示してくれます。最終的に辿り着いた1軒のお店は通りから中に入り更に地下に降りた所にありました。

お店中にジャケットがかざってあり選び放題。全てアフガンのデザインだそう。でも黒でも装飾が煌びやか過ぎたりする物も多くそれだと目立つので気持ち大人しめな物にしなきゃ。ゆっくり1周して気になった物が1着だけ見つかりました。そしてもう1度じっくり1周して心変わりの無い事を自問自答してから料金交渉。さすがに安くは無いと思ったのですが、予想を下回り1000Afgとの事。宿と同じ値段の20US$です。高いっちゃ高いのですが今後行くであろうトルコよりも安いでしょう。イランの方が物価が安い事は知っていますが、アフガンで居心地良く過ごし、イラク、イランでも使えると思えばいいお値段です。

1ヶ所ボタンが取れかけている事を指摘し直して貰い尚且つ1US$引きの950Afgにして貰い購入。アフガンで予想以上にお金を費やしていますがこれも身を守る為。後悔無しです。これで目立つタジキスタンドレスは不要ですが、お土産として日本に送るべきかそれとも、宿において行くべきか。正直パジャマにすれば冬は暖かいのですが悩みドコロ。アフガンから送れば高そうだしカフカスやトルコまでこの嵩張るドレスを持ち運ぶべきか悩む。もうカフカスは寒いだろうしダジクドレスにアフガニスタンマントで旅するのもありかも。

昼からはマントを羽織り旧市街の入り組んだ所をお散歩。正直皆が身につけている身体全てを覆う布では無いので未だにジロジロ見られますが、黒のジャケットの時よりは若干マシな気がします。反応が良くなったというか。もちろんブルカが一番でしょうがもう1枚購入したくありません。周りが見えないし!!

旧市街は広くはなく細い路地がクネクネしていて途中途中ドアがあり家に続いています。最終的には行き止まりになっていてその先はお家へのドアがあるのみ。探したら他の通路もあるのかもしれませんが十分に怪しい私はささっと写真を数枚撮り戻る事にしました。

旧市街
旧市街

出掛けついでにロンプラに載っていた20US$の宿にホットシャワーがあるかどうか聞きに行ったのですが、何ともう閉鎖されているらしい。もう1カ所は市内から数キロ離れているので選択外。というかカブールでヘイラット出身の男性に「Park Hotelはやってないんじゃないかな?」と言われていたので初めから除外。

その後ネットカフェに行ったのですが、今日は金曜なのですでに閉まっていました。帰り途中モスク横を通ったのですが大型バスにたくさんの車が駐車。おそらくここでの礼拝は昼からだったようです。マザリシャリフが午前中だったので勘違いしていました。

宿に戻ってまずしたのは水シャワーを浴びる事。寒いので夜は浴びたくありません。気合十分で臨んだのですが、水すら出て来ずしかも中央の排水口を見ると何と茶色の排泄物が!!見なかった事にして外のシンクで髪だけ洗う事にしました。その後トイレの中にあった蛇口で足を洗いスッキリ。綺麗なトイレにアツアツのお風呂、あ~日本って素晴らしい。旅に出る前と比べたら少しは逞しくなったかな?

<宿>
Herat/ヘイラット
・Jam Hotel・・・シングル2000Afgですが
ディスカウント交渉で半額にしてもらいました。
それでも20US$は高い!!
シャワー、ネットは無いが金曜モスクから近い。
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。