とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルクロードの中心Herat/ヘイラット

2012/11/1

7:45の飛行機でヘイラットへ向かうので、宿を出たのが5:20。空港はカブール中心部から渋滞が無ければ10分程で到着します。ですがまだ空港が開いておらず、少しの間外で待ちようやく入れたのですが、大分歩かなければいけません。

歩いてまずはボディーチェックがあり更に歩いた所で便毎に名前が呼ばれるまで待ち、そこから今度はバスで空港建物内の前まで移動しもう一度ボディーチェックをしてからようやく建物内に入れます。

国内線のチェックインは意外とパスポートチェックが無く、プリントアウトした紙のみの提示でOK。実はボディーチェックもそこまで細かくは調べられませんでした。

チェックインの後にもう一度ボディーチェックがあり、その後は呼ばれるまで待合室で待つことになります。同じ時間帯に同じ行き先の航空会社があるので勘違いして並んでしまいましたが、ゼスチャーでまだ待っててと合図されました。

正直未だに殆どファルシーを話す事が出来ません。ロシア語圏は言語の面で居心地がいいのですが、どうにもこうにもファルシーやアラビックは覚えられないのです。やる気の問題だと解ってはいるのですが、敬意を払う意味でももう少々覚えなきゃダメですね。

因みにSafiのクルーはロシア人でした。チャングムの袋にスパシーバと書かれているのでそれを見たクルーが何やら言ってました。タジキスタンだったら皆持っていた袋だったので目立たなかったのですが、ここではダメですね。アフガンでは皆バッグを持っているのですが、ちょっと今更という気もします。想像していた国と違ったのでちょっと気が抜けてしまっているので引き締めないと。

飛行時間は短いのですがそれでも水のボトル、ジュースパック、ロールケーキが出て来ました。国内線だとドリンクだけのパターンが多かったので有難い。

窓側で無かったのは残念ですが、それでも不毛地帯が広がり突如町が現れる、何だかオアシスに来たように感じました。

空港からバスがあるとガイドブックに書いてありましたが、今やタクシーのみ。シェアタクがあるかと思い尋ねると「私の車に乗って行きなさい」と、ホテルまで乗せて行って貰える事になりました。

町までは約8km程離れていますが中心部に近づくにつれ騒がしくなりお店も所狭しと建ち並んでいます。今までの町と違い女性がとにかく多い!!それぞれショッピングを楽しんでいるのです。但し私の様な短いスカーフの女性は誰一人おらず。全ての女性がブルカ又は大きな布を全身に纏っているのです。ひょえ~、これは目立つ事間違いなし。今後のイスラム圏の為にもマントを購入しようかしら?

ロンプラに載っていた一番安い宿に到着して価格を尋ねると、何と2000Afg/40US$に跳ね上がっていたのです。300Afgだと思っていたのにショック。4泊も無理だと思い安い宿を聞いたのですが、この町に安宿は無いと言うのです。

しつこく聞いていたら半額の1000Afgにしてくれたので了承しました。金曜モスクにも旧市街にも近いので立地はいいのです。それにしても高い。後に他のホテルをあたったらやはり40US$と返答。アフガン内でヘイラットの人々が金持ちだと聞いていましたが物価も高かったのです。でもフルーツや水の価格はカブールよりも安い。でもこっちとしては宿が安い方が助かるけど。

チェックインの後にバザールを歩きその足で金曜モスクまで行ってきました。今日は木曜日なので殆ど人はおらず、その分自由に写真を撮ることが出来てラッキー。明日も行って来ます。因みにこのモスクはすでに800歳以上なのです。さすがにシルクロードの中心だった過去があるだけこの町にはまだまだ宝があるので数日に渡ってゆっくり観光出来そう。

金曜モスク
金曜モスク

<移動>
・カブール市内→空港・・・タクシー/早朝なので200Afg
日中であれば150だそうです。
親切な方が支払ってくれました。
・カブール→ヘイラット・・・SafiAirways/230US$往復
7:45発9:00着
・ヘイラット空港→ホテル・・・親切な方が送迎してくれました。
タクシーだと300Afg、シェアタクは分かりません。
バスは無いそうです。

<宿>
Herat/ヘイラット
・Jam Hotel・・・シングル2000Afgですが
ディスカウント交渉で半額にしてもらいました。
それでも20US$は高い!!
シャワー、ネットは無いが金曜モスクから近い。

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。