とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

大きな勘違い、そしてアフガニスタンへ

2012/10/24

 今日はついにアフガニスタンへ入国する日です。国境からマザリシャリフまでは近いので午前中はモスリムの女性に変身した後バザールで必要な物を買い揃えました。といっても重要なキャリーが結局手に入らず。キャリーのついているバッグは30US$と高く諦める事にしました。今後も使用するならともかくアフガニスタンだけの使用なのでもったいない。キャリーは購入出来ませんでしたがロック無しの携帯は購入出来たので上出来。

部屋に戻り荷物を纏めたのですが、何とここでびっくりする事態が!!てっきり今日ニコライも一緒にアフガンに行くものだと思っていたらテルメズにもう少し滞在しファルシーを覚えるつもりだそうです。そういえば私達、直接的には今後のプランについて話し合ってなかった!!

まさに今理解したと正直に伝えると彼自身もかなりびっくりした様で2人共いまずい空気に。私としては前から知っていれば心構えと言うものが出来ていたと思うのですが、出発ぎりぎりになって知ったこの事実。自分なりにリサーチはしていましたが、一気に頭の中が真っ白になってしまいました。暫く部屋で話し合い、その後外に出てコーヒーを飲みつつ話し合い。とりあえずコンタクトが取れるようにとウズベクのSIMがアフガンでも使用できるか聞きに行きました。するとBeelineであれば可能だと言われたのですがやはり購入するにはウズベクのパスポートがいるとか何とかでゲット出来ません。

ショップを出た所で今日アフガンに行くにしても行かないにしてもこの状態は居心地が悪すぎるし、人間性的にも1人で行かせられないからと急遽一緒に行く事に。自分に最初からもっと勇気があればよかったのですが、彼には申し訳ない気持ちで一杯になりました。もちろんマザリシャリフで数日間過ごしその後別行動になると思います。私達はお互い別々のツーリスト、目的もそれぞれ違うのでずっと一緒だとどちらかが居心地が悪くなるでしょう。

そうと決まれば速攻で荷物を纏め、多少現地人に近づけるような服、そしてバックパックを隠すためのバッグを買いに出かけて行きました。私はその間、ホテルの従業員さん達にファルシーを教えてもらい時間を有効活用。出発したのが16:00になってからと遅い出だしになりました。

どう?

まずは市内からマルシルートカで国境まで移動し、そこから本当の国境まで2km程歩きます。ですがバックパックを隠しているため荷物を手で持たなくてはならず相当重い!途中で諦めバックパックを出し担いでいく事にしました。ウズベキスタンは入国も長ければ出国にも時間がかかります。税関申告書に書いた後全ての荷物チェックがありその後別の建物でようやくスタンプをゲット。もうすでに18:00を過ぎているのでアフガンサイドの国境が閉まるのではないかとはらはら。

アフガンへの国境までは約2km程。長い橋を歩いて行くのですが中央に線路があり道中1台、また1台と私達の横を列車が通り過ぎて行きます。目の前にはもうアフガニスタンの領土が広がっていますがもう夕暮れ時なのでとっても静か。人1人見当たりません。

ようやくイミグレに到着しパスポートを預けている間にスタッフがどうやってマザリシャリフまで行くのかと訪ねて来たのですが「タクシー」と答えるともうこの時間には無いよといい丁度通りかかった車に声をかけてくれ1人10US$相当の料金で乗せて行ってもらえる事になりました。ちなみにそのスタッフが両替までしてくれたのでとてもありがたい!!レートはあまり良くありませんが致し方ありません。

国境からマザリシャリフまでは約1時間半ですが道中タンクローリーが横転していて渋滞があったりともう少し時間がかかってしまいました。びっくりしたのがアメリカと敵対しているのに地名の表示が英語で併記されていた事。こちらとしては助かりますが何故だろう。ちなみに国境を超えると車から聞こえる歌もガラッと変わります。ヨルダンに戻ってきた感じ。ここは私にとっては中央アジアでは無く中東。車から見た現地の人々の服も違っています。

写真を撮りたかったけど旅行者だと極力ばれたくないので止めておきました。ホテルに到着したのは19:00を過ぎてから。1軒目は満室で2軒目でOK。ちなみにツインですがもちろん私達は”夫婦”なので同室が可能なのです。苗字が違うので少し疑われたそうですけど。今日はもう遅いので出歩きませんが明日は両替にSIM購入にバザールで買い物と忙しくなりそう。

ちなみに私が唯一見た女性2人共ブルカを身にまとっていたので、多分私も同様に購入しなくてはいけなさそう。

<移動>
・テルメズ市内マルシルートカ/500Com
・ウズベク側国境行きのマルシNo,255/1500Com
・アフガニスタン国境→マザリシャリフ・・・タクシー500Afg
 約1時間半

<宿>
Mazar-e Sharif/マザリシャリフ
・Aria Hotel・・・ツイン1000Afg(20US$)
 Address:Darwaza-ye Shadian
 中心部のモスクからとても近い、シャワーなし
 水の蛇口とバケツがあるだけ
 wi-fi無し

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper