とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無駄になったパミールパーミッション

2012/10/16

 ビザ期限があと2日に迫ったので今日は必ず出入国管理局に行かねば!!8:30から始まるそうなので必要書類を持って8:30前に到着するように向かいました。昨日行っただけあってスムーズに移動出来てよかった。

管理局にはすでに5人程待っていてまだ扉は開いていません。暫く待っていると時間がすぎてようやく扉が開き番号の書いてあるレシートを貰って並びました。私は6番なのであっという間です。早速ビザ延長について聞いたのですが3日か7日か14日の延長が可能ですが申請は明日の14:00、そしてパスポートを預けなければいけないらしく受け取りが金曜日か月曜との事。う~ん、それはドゥシャンベから離れられないって意味だよなぁ。19日の金曜にパスポートを受け取ったとしてもホーログまでは丸1日かかるので到着が20日。21日にホーログを出発して22日にドゥシャンベに到着、23日にウズベクのテルメズに移動、24日にアフガニスタンへ入国というかなりキツイ日程であれば可能ですがパミールに行ってただ戻って来るだけってかなりつまらない。どうせだったらゆっくりしたいのでこのプランは無いよなぁ。

それだったらニコライと一緒に英語を子供たちに教えた方が充実した毎日を送る事が出来そう。といっても私程度の英語力で教えていいものなのかどうやら。ちなみにニコライ曰くここの子供達は精々Hello、Thank youくらいしか知らないとか。とにかく今日はニコライが学校までボランティアについて聞きに行っているので戻ってきたら明後日出国するか滞在延長するか話し合わなきゃ。ってかもしかしたらニコライのボランティアの期間次第では先に私がアフガン入りしてマザーシャリフで待つ形になるかもしれません。1人いうのは正直不安ですがニコライに頼りすぎるのもダメだよなぁと反省もしたりしています。どっちにしてもニコライはアフガニスタンの西部にも行こうとしているのでマザーシャリフでお別れになる可能性が高いし。

とか、いろいろ考えていたのですが急に考えが一転し今日の午後にもう一度延長申請してみて、受け取りを木曜でお願いしてみる事にしました。昼が14:00からなのでまずはパミールパーミット申請を済ませなければ時間がもったいない。マルシルートカ2番で再びルダーキ通りに戻りそこからオヴィールまで戻りました。実はそのまま乗っていればオヴィール前まで行ったのに・・・後から気が付きました。

受け付けている女性にパーミッションについて伺ったのですが、今日申請可能だけど受け取りは午後になるとの事。もしビザ延長が今日申請出来れば、パスポートはホールドされるのでパーミッションが貰えなくなってしまいます。さてどうしたものか。ただ元々明日来るように言われていたので手堅くパーミッションに集中しておいた方がよさそう。

まずは銀行で15S振り込むようにロシア語で言われたのですが住所も振込先も言われずただ金額を言われただけだったので、紙に書いてもらい通行人に聞きつつ小さな銀行に辿り着くことが出来ました。因みにオヴィールから500m程離れています。多分もうちょっと??

そこで振込をしてオヴィールに戻り申請したのですが、ビザの期限が後2日しか無い事を突っ込まれ、ゼスチャーを含めつつ明日ビザ申請に出入国管理局に行く事を伝えました。でも多分伝わってなさそう。もしパミールパーミッションに期限を書かれるのであれば、結局またここに戻ってきて日付を直して貰わなければなりません。微妙、、でももう賽は投げられたので後は突き進むのみ。

受取は今日の16:00と言われたので、それまでの時間出入国管理局に行き書類の確認をする事にしました。それとパスポートのホールド無しは可能か、また受け取りを早める事ができるか等。ただ12:00を過ぎた所だったので、扉が閉まっています。時間が来るまで隣にあるwi-fiの使えるレストランでチャイだけ注文して1時間半ほど暇つぶし。ようやくのwi-fiですがiPhoneだけしか持ってきてないのでブログのアップは出来ず。下書きは全てラップトップにメモッているので断念。明日滞在延長に行く前にここで数時間時間つぶしをする事が決定しました(笑)

時間の少し前に管理局に行ったのですが今度は4人程待っています。すると明らかに西洋人の女性が私に、あなた英語は出来る?と訪ねて来たのです。話を伺ってみると何と今日は午前中だけの営業で明日は午後だけの営業だそう。なんじゃそりゃ!!何というやる気のなさ。もうちょっとwi-fi使ってればよかったわ(笑)

その足でオヴィールに戻り時間が来るまで待つ事に。ゆうに1時間以上あるのですが今度はiPhoneでブログの下書きをしていたので退屈は感じず待つ事が出来ました。15:00を幾分か過ぎた頃に窓口にいた男性が「ジェブシカ(お嬢さん)」と言ってきてその後「イポーニャ」と明らかに私の方を向いて言ってきます。もしかしてパーミッドが貰えるのかな?パスポートとレシートを提出すると紙を1枚もらう事が出来たのですがやっぱり日付が18日までって書かれてる!!

明日管理局に行って延長するからその分の日付に変更して欲しいというと怒った口調でそれだったら今日じゃなく明日来い!!と怒られてしまいました。だって日付を入れられるなんて知らなかったし~。と言う事は金曜にパスポートを受け取った後にパーミッションの延長もしなきゃいけないのか・・・。それだったらパミールへの移動がより大変になってしまうなぁ。

いろいろ考えつつ宿に戻ったのですがあと少しの所でニコライに遭遇しました。そこで今日の出来事を話すとそれはクレイジーだよ、そのままアフガン入りするのだったら別だけど。。。

そうですよね。はい、解ってはいたんだけどね。ただそのままアフガン入りした場合どうなるか知っておきたかったのでニコライと別れて近くのネットカフェで1時間程情報収集する事にしました。まずはイシュケシムから入国するとして明日早朝に出発しても1日がかりの移動なのでビザ切れ当日にホーログへ到着、それからその足でイシュケシムまで行きボーダーを越えなければいけないのでかなりつらい。なお、イシュケシムに行った場合はタジキスタンビザの期限はもう切れているので逆戻りは出来ず(14日の滞在延長をしたら可能だけど)、そこからカブールに移動となるわけだけどシェアタクの1人辺りの金額が100US$とバカ高い。フェイザバードまでマルシがあるのでそこで乗り換えていけばいいんだけどその場合は超危険なクンドゥースを通過しなけりゃいけません。それはどうしても避けたい。フェイザバードからカブールまで飛行機があるそうですがネット検索してもエアーのホームページが機能しておらず開かず。確かな情報も無くアフガニスタンで八方塞がりにはなりたくないのでこのルートは却下です。と言う事でパミールパーミッションは自分への記念品となりました。

パミールパーミッション
パミールパーミッション

14日間の滞在延長をしてイシュケシムで暫く滞在して戻って来る事も考えたのですがすでにトレッキングとして有名なアフガニスタン北部のバクハンコリドルはすでにシーズン外。雪も積もっているでしょう。なのでこの地域に行くのは次回シーズン中にパミールと共にゆっくり楽しむ事にします。

と言う事で、残された道は2つ。明後日ウズベキスタンに入国して24日にアフガニスタン入りするか、滞在延長をしてぎりぎりまでこの町に滞在しそれからテルメズに移動するか。その話を夕方にニコライが柿の差し入れくれた時に話したのですが、どっちにしてもともかくこの宿にはもう滞在していたくないと伝え私は明日他の宿に移動する事を伝えるとニコライも同じ考えでこの町の中心地から大分離れていてwi-fiも拾えないシャワーもいまいち(というか今日はお湯も出ない)な宿には10US$も払いたくないから明日2人して移動する事が決定しました。明日7:30起きで移動するので滞在延長をするにしても余裕で間に合いそう。

さてどうしたもんかなぁ。ウズベキスタンに早々に戻ったとしてもテルメズでする事がないんだよね。ブハラやサマルカンドにも行ったしヒヴァに行くには遠すぎるし悩みどころです。明日までに決めなきゃな。

<移動>
・ドゥシャンベ市内マルシルートカ・・・1S

<パミールパーミッション>
・中心地にあるメインのOVIR/オヴィールで
 MirzoTursunzoda通りにある。
 町の住所はタジク語、ロシア語、英語表記なので解り易い
・必要物品、パスポート、15Sのみ。コピーはOVIRでしてくれる
 料金は指定の銀行から振込。記載がロシア語のみなので
 スタッフに「イズビニーチェ、ニパニマーユ(すみませんが解りません)」
 というと代筆してくれた。
 1日で出来上がるがその場では無理。

<宿>
Dushanbe/ドゥシャンベ
・Hotel Farhang・・・シングル60S、ツイン120S
 Address:Negmat Karaliev 2
 Phone:223 31 57
 wi-fi無し

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。