とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天国から地獄へ

2012/10/14

 ついに結婚式当日。式は13:00からあるそうなので早朝にバザールへプレゼントを購入しに行く事にしました。村の男性2人と共に少し離れた先の町まで行ったのですが町にあるATMが2台とも壊れていてお金を引き出すことが出来ません。US$は持っているのですがドルは今後イラン、アフリカで使う事になるので残しておきたい!!結局マルシルートカでホジャントまで行って無事ATMを発見出来ました。

ホジャントから町まで1時間以上マルシで距離があるので行って戻るだけで結構時間がかかります。早くプレゼントを選ばなきゃ。その内フダイベルディから電話もかかってきたので急いで購入、帰りはタクシーで村まで戻りました。

それから2日間洗えなかった髪を洗い、結婚式なので久々の化粧をしていたらもう時間切れ。花嫁と花婿が車でやってきてキャンプファイヤーの周りを3度回りそれから会場の中心へ。そこで指輪の交換をしメインイベントは終了しました。

式の始まり
式の始まり

ママにキス

後はとにかく爆音で音楽が流れ歌手が歌い続けひたすらダンスするのみ。私たちは途中スピーチをしなくてはならなかったのですがやはり前回同様緊張する。先にニコライがロシア語で言い私が日本語で。最初英語でと言われましたが英語で話しても言いたいことが言えないので日本語にしました。スピーチの後にバザールで買っておいたメロンとナンを作るときに必要な道具を渡し花婿、花嫁と握手し私達の仕事は無事終了。

ずっと踊ってる

式が無事終わり私達はドゥシャンベに行く準備をしてフダイベルディ達に挨拶をし出発です。マルシルートカを止める所までついて来てくれたので簡単にドゥシャンベ行きのシェアタクシー乗り場までマルシで移動する事が出来ました。見ず知らずの怪しい外国人を泊めてくれて食事も振る舞ってくれてどうもありがとうございます!!プロフ作りも楽しかったです。

ホストと

どうもありがとう
どうもありがとう

さて、ドゥシャンベ行きは80~100Sと聞いていたので交渉で80Sまで下げジープの荷台にバックパックを積んで乗り込みました。後部座席もそれなりの空間があるので寝れる!!と思っていたら超道が悪い!!って落ちたらまっさかさま(ちなみにガードレールは無い)という自分では運転したくない道をひたすら左右上下に、時にはジャンプしながら進んでいくというもの。しかもトンネルの中でさえもぼっこぼこの道でたまにスタックしながら深夜にようやくアスファルトの道に辿り着きました。ってか第2の町から首都に行く道がこれだとは!!正直もうこの道を戻りたくないという気持ち。

到着したのが3:30でどこに泊まれるかドライバーに聞いたところ安く泊まれるホームステイ先があるというので紹介してもらう事にしました。とにかく疲れていてぐったり。暫く長距離移動はしたくないなぁ。

<移動>
・キジレ→近くのまぁまぁの町・・・タクシー
・町⇔ホジャント・・・マルシ/3S
・町→キジレ・・・タクシー25S
・キジレ→ドゥシャンベ行きのシェアタクシー乗り場・・・マルシ5S
・ドゥシャンベへのシェアタクシー・・・80S

<宿>
Dushanbe/ドゥシャンベ
・ホームステイ・・・10S

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。