とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長い長い移動日

2012/10/12

 昨日半日以上かけてビシュケクから移動してきましたが今日はDushanbe/ドゥシャンベまで一気に行ってしまいます。といっても直通のバス等無いので何度も乗り換えしなくてはいけません。8:00にはチェックアウトして朝食の買い出し、タクシーとの交渉をして出発したのが9:00頃になりました。

まずはBatken/バトケンへ5時間かけて移動したのですが、バトケンへ行くまでのメインの道に何とウズベキスタンの飛び地があるのです。と言う事は入国しなくてはならないという事。ニコライはロシアのパスポートを持っているのでビザは不要、そして私はダブルビザを持っていますがタジキスタンの後にウズベキスタンに入国するので残しておきたい。なので入国しないようにウズベク領の外周を走ってもらう事になったのですが道が悪いからと1000Com要求されました。ウズベクに入国するのであれば600Comで済むのですが頑として向こうも譲りません。諦めてどこか行くふりをしたらちょっとまて、950でいいからと若干のディスカウントに応じてきたので乗る事にしました。たった50ですが1000Comは何としてでも払いたくなかったのです。大した距離じゃないのに!!ちなみに同じ距離を乗る現地の女性はニコライ曰く600COmしか支払ってなかったそう。このツーリストプライスって本当にやめて欲しい。

5時間の内3時間程は爆睡させてもらったのでわりと早く到着したような気がします。道中はタバコの葉が屋根で干してあったりしたそう。全く見てなかった(笑)

バトケンからマルシルートカで国境に行ったのですがここが国境??と思うような何もない場所。嫌な予感がしましたが行ってみるとスタンプが無いけどそれでもいいならと言われました。いやいや、スタンプが無いと大問題になるし。しかもタジキスタン側もスタンプが無いとか!!出国ならまだしも入国スタンプを得られなければ不法滞在になってしまいます。それだけは避けなければいけません。

ボーダー
ボーダー

ニコライが情報を聞いてくれここから西にあるIsfana/イスファナから北の国境ならスタンプを持っているというのでまずはバトケンまでローカルの人の車で150Comで連れて行ってもらいその後イスファナまで別のローカルタクシー200Comで移動しようやく国境に到着。すでに時計は16:00を過ぎていました。昨日よりは移動時間は短くても乗り換えをしている分くたくたです。

国境で出国審査を終えた後今度はタジキスタン側の入国審査、ここではイミグレーションカードを書きしっかりスタンプを確認して再度タクシーに乗り込みました。ここから一番近い町まで連れて行ってもらいここからマルシルートカでホジャントの新バスターミナルへ。更にその町の新バスターミナルから旧バスターミナルまで移動しそこからタシケント行きのある町までマルシルートカで移動したのですが、その道中ニコライが1人の男性と話始め結婚式があるらしいけど参加したい?と聞いてきました。結婚式かぁ・・・この前キルギスでウズベク人の結婚式に行ったばかりだけど。ニコライは初めてなのね。

どうしようかと考えていたらコインで決めようというので表が出たら行く事に。で、結果はめでたく表が出たので行く事が決定しました。マルシルートカを途中下車しその男性(フダイベルディ)と一緒に今度は別のローカルタクシーでお家のあるキジレまで移動。マジで乗り換えばかりで疲れた~!!

到着の後、フダイベルディが遅い夕食にナン、グレープ、ナッツ、ドライフルーツ、チーズ、チャイ等を振る舞ってくれました。申し訳ないと思いつつお腹が空いていたので遠慮せず。ホストには奥さんがいるのですが現治療中で不在だそう。食事だけでなくベッドまで用意してもらったのでとてもありがたい。とにかく移動の疲れは癒せそうです。

<移動>
・オシュ→Batken/バトケン・・・タクシー/950Com
 ウズベキスタンの飛び地を通るのであれば600Com
 私はウズベクダブルビザがありましたが残しておきたかったので
 入国しないルートで移動しました。
・バトケン→国境・・・マルシルートカ/20Com
・国境→バトケン・・・ヒッチハイク/150Com
・バトケン→Isfana/イスファナ→国境→国境先の村・・・
 タクシー/200Com
・村→Khojand/ホジャンド・・・マルシ/10S
・ホジャンド→旧バスターミナル・・・マルシ/2S
(見ず知らずの婦人が払ってくれました)
・バスターミナル→村の近く・・・マルシ/7Com
・村→キジレ・・・???出してくれたので解らない

<宿>
ホジャンドから1時間程マルシルートカで行った先にある村、キジレ
・村でホームステイ・・・ありがたくも無料でベッド、全ての食事を
 提供してくれた

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。