とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレッキング3日目

2012/9/12

 昨日はあまりにも疲れていた為か前日より比較的眠る事が出来たので少し体が軽く感じます。とにかく空腹感が強いので早く朝ごはんを食べなきゃ(笑)まぁ今日で目的の温泉地に到着できるという事もあり皆で朝食をゆっくり2時間かけて食べました。目的地のアルティン・アルシャンまで3時間程らしいのでゆっくりめに歩けそうです。

今日は殆どが下りなのですが筋肉痛が大分足に来ててなかなか足が進みません。毎度恒例の水ぶくれも小指に出来ているようだし。途中休憩しながら行きましたが雲の色がよろしくない。なんだか雨になりそう。

休憩後は私はジェイクと先に下りましたがどうやら川を渡るポイントを誤ったらしくなかなかいい場所が見つからず。結局2本木が横たわっている所を四つん這いになり少しずつわたる事になりましたが片方の木が濡れていてすべるのでハラハラ。まぁどうにかわたる事が出来ました。その後しばらくしてジョンも渡ってきたのですがその後マックスが立ち往生してしまい渡れず。5人はもう少し下って川越えポイントを探す事になり私たちは合流出来そうなポイントまで行き待つ事になりました。

待っているとついに雨が降ってきて寒くなってきます。そのくらいで5人もやって来たのでよかったよかった。後は急いでアルティン・アルシャンに行くだけ。30分ほど雨の中を歩きようやく小さな集落が見えてきました。よかった~。

アルティン・アルシャン
アルティン・アルシャン

最初ちゃんとしたゲストハウスに行ったのですが500Comだそうで、橋を渡る前に声をかけてきたおばちゃんの所に行って金額を聞くことにしました。でもまずはここで腹ごしらえ。食べ物はあるかと尋ねると20Comでヌードルならとの事。かなり安い金額ですがヌードルだったら私まだ7食分持っているし。という事で米とスープはあるか尋ねるとあるというので米と野菜の入ったスープを作ってもらいました。

サーブされた後にもう一度金額を確認したらやっぱり20Comというので安心して食べたのですがいざ会計になると1人辺り200Comだから8人で1600Comねと言ってきたのです。20Comって言ったでしょ??と言い返しますがそれはお茶代だというのです。ぇえ~??200だったら食べてないし!!皆に申し訳なく20Comだけ払ってもらって差額を私が払うといったのですが支払いを終えて戻ると合計1400Comが私の手帳の間に挟まっていたのです。わ~、本当に申し訳ない事をしてしまったよ。とにかくひたすら謝ったのですが、逆に優しい言葉をかけられなんだか余計に悲しくなってしまいました。

気を取り直して今度はジェイクと共に最初に声をかけてもらったおばちゃんの所に宿の金額を聞きに行きます。何度も確認しましたが寝るのが100Com、温泉が100Com。しつこいくらいに確認し8人でぞろぞろ移動しました。

とっても古いストーブが部屋にありますがまだちゃんと働くようで早速火をくべてもらい部屋を暖めてもらいます。気前のいいおばちゃんで牛のミルクから作ったアイランを無料でごちそうしてくれました。お金に過敏になっている私はいくらかと尋ねたのですがいらないよと笑顔で返されほっと一息。

古いストーブ
古いストーブ

アイラン
アイラン

お腹が満たされた所で温泉を味わうことにしました。温泉の小屋は橋を渡ってすぐの所にあり短パンで移動したので寒い寒い。だけどつかると一気に暖かさが体中を満たしてくれ幸せ。38度前後だと思うのですが温泉の流れ出ている所は40度以上あるので出来るだけそこの方に背中をつけておきました。暫くすると皆外に出て川に横になりそれから温泉に戻ってきますが私は寒すぎてダメ。足だけ浸かりすぐに温泉に戻りました。

温泉の合間に
CrazyPeople

温泉から先に戻ったのですがなんとおばちゃんが寝るのは100Comだけど温泉は200Comだったよねと言い出したのです。いやいや、100Comですよ、100Com!!どうしても200Comにしたかったようですがここは絶対に折れたくない!!しつこく100Comだというとようやく引き下がってくれましたがとほほ。1日に2回もあるとは疲れますわ。

でもその後はお金の話は全く出ず、皆からお酒が無いか聞きに行ってほしいと言われキッチンに行ったのですがチャイやヌードルスープを頂いたりなごやかムード。お酒が届くまでスタッフの家族とたどたどしいロシア語でやり取りしました。

お邪魔します
お邪魔します

せっかくビールをゲットしたのにそうそうに眠くなって一足先にベッドへ。明日は早いのでカール達に挨拶してから横になりました。やはりテントと違ってベッドは落ち着きます。

<宿>
アルティン・アルシャン
・ゲストハウス・・・100Com/day、温泉に入ると100Com別途かかる
 橋を渡る手前のお家、特に看板は無し

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。