とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

トレッキング2日目

2012/9/11

 実は昨日寒すぎて2時間しか眠れず。でも朝は眠くなく頭もぼーっとしません。アドレナリン放出中なのかしら?今日は8:00に出発しましたがもう道は無く岩がごろごろあったり、石、砂と格闘しながら歩いたり。足首にくる1日となりました。しかも湖までの5時間半程ほとんどがきつい上り坂。休憩しながらも先へ先へと進みます。

岩ごろごろ

とにかく歩く
とにかく歩く

途中道が解らなくなり偶然近くを歩いていた男性に正しい道を教えてもらいましたが彼は超タフで何と40kgの荷物を持ってトレッキングしているのです。試しに担いでみたのですがフラフラ。これであの坂道を登って来たなんてなんという力強さ。見た目もファイターです。ちなみにロシア人で名前はセルゲイ。久々にこの名前を聞いて嬉しくなりました。ロシア人のセルゲイって本当に多いんだよなぁ。暖かい飲み物とお菓子を頂き、湖を目指します。

セルゲイとローマと
セルゲイとローマと

お、重い
かなり重い

きつい上り坂から湖が見えた時にはかなり感動!!カナダの美しい湖を思い出しました。氷河の溶けたエメラルドグリーンの美しい湖が見れたおかげで疲れが多少は飛び、同時に達成感で一杯に!!

うつくしい
美しい

景色堪能

マックスは泳ぐと言い下まで行きましたが私は下まで行くとまた登って来なきゃいけないのでジェイクのテントで昼寝させてもらいました。ここから2時間程で今晩のキャンプサイトまでいける予定だったので少しゆっくり休憩したのですがこれが大誤算。湖から山を越える道があるのですがかなり旧坂で両手で岩につかまらないと歩ける状態ではないのです。

泳いだ後
泳いだ後

これはおかしいと思い途中で話し合い引き返すことになりましたが旧坂を下りるのも至難の業。降りるころには足がガクガクしていて手もプルプルです。ハナ、ジェイク、ローマはすでに登ってしまっていたので彼らも降りなければ行けなかったのですがローマの姿が見えません。尋ねるとローマはこの先の険しい山を越えていきたいと言い残し1人去ってしまったそうです。

いやいや、ローマ。君は寝袋もテントもクッカーも何も持ってないんだよ!!いくら毎日テントの外で眠っているにしてもここは山の中だし何があるかわかりません。ただもうすでに姿すら見えず無事を祈るのみ。とにかくこの道は危険なので石のゲートを作りもう1本先の道へ促すよう石を積み立てカールが目印を作ってくれました。

それが出来上がってから皆で湖の向こう側へ行くべく山を登り始めます。さすがに夜がきついので湖ではテントを張りたくありません。ただ、もう1本の道もなかなか険しくかなり時間をかけてようやく登頂。日が暮れないうちに川近くまで行かなくては。

疲れた~
疲れた~

すでに日暮れが始まりかけ急いで進みますが登りが急なら下りも急。スキーの要領で横滑りしながら数100m降りそこからまた歩きました。ある程度暗くなった辺りでようやく川の近くに到着。すでに寒くなっていたのでさっさとテントを張り私はとにかく重ね着をして夕食を食べずに横になりました。もう食べれる状態でない程疲れていてとにかく横になりたかったのです。2時間しか眠ってなかったというのもあり体力の限界。明日がっつり朝から食べる事にします。

それにしてもローマは一体どこにいるんだろう。無事キャンプサイトに辿り着いていたらいいんだけど。明日無事に合流出来る事を願います。

<宿>
・テント泊
 キャンプサイトまでたどり着けず

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper