とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

4人のAIKO

2012/9/3

 さて、昨日の疲れがまだ取れておらず眠たいのですが、目覚ましが鳴ったのでどうにか起床。でもまだ眠たい・・・。朝食を頂いてからバウカの姪っ子のAIKO(実は私と同じ名前)と、彼女の友人がピックアップに来てくれる場所まで行く事にしました。AIKOはAigerimの略だそう。そういえばロシア人もそれぞれの名前の略を持っていたなぁ。やはり旧ソビエト連邦の影響があるのかしら?

暫く待っているとピックアップに来てくれましたが何と彼女の友達も同じ名前!!AIKOなのです。1台の車に3人のAIKOとは面白すぎる。日本でさえもこんな事はなかったし。大学にはもちろん多国籍の学生たちがいて日本人は10人くらいいるそう。残念ながら私は外国人コースでは無くカザックコースのフロアに居たので会う事はありませんでした。ここで更に別のAIKOに出会い驚き!!4人のAIKOが同じ場所にいて話すというのは今後もなさそう。日本よりAIKO率が高いんじゃないのかなぁ?

大学で
大学で

1クラスだけ一緒に授業を受けましたが30分くらいで終了。今日はこれだけで終わりとはここの大学が楽なのか偶然授業が少なかったのかどっちなんだろう。私は専門学校だけなので大学のシステムが解りませんが。

大学の後、AIKOの車でまずは昼食を食べに行きそれから国立中央博物館へ。ここには黄金人間が展示されていると聞き楽しみにしていましたが服がきらびやかであって人間が黄金ではなかったようです。AIKO達にいろいろ説明してもらいながらだったのでより解り易く勉強になりました。そして、何の話からその話になったのか覚えていませんが、カザフスタンでは細かく民族が分類分けされていて好きな人がいても細かな種族が一緒だと結婚できない法律になっているそう。いわゆる近い血だと遺伝子的に子供に影響が出るからだそうですがちょっとつらい話ですね。中には結婚せず一緒にいるだけのカップルもきっといる事でしょう。

昔の家
昔の家

ゴールドマン
ゴールドマン

その後、AIKOの妹さんをピックアップしメデウというアルマトゥで有名な山に連れて行ってもらいました。車から展望スポットまで距離は大した階段数ではないのですが彼女たちは高いヒールを履いているためとても大変そう。聞くとここの大学で私のようなスニーカーを履いている人は一人もいないとか。でも山に来るのにその格好は・・・。

スケートリンク
スケートリンク

若いなぁ
若いなぁ

山の空気を味わいその後どうする??と聞かれたのでもし行けるならばバザールに行きたいというと大爆笑!!彼女らにとってバザールは全く興味のわかない場所だったらしく結局連れて行ってもらったのですが早く出たい感じだったので早々に切り上げる事に。バザールってそこの地独特のものがあったりするので個人的には好きなのですが。でも朝から晩まで一緒に行動してくれたことにとても感謝します。なかなか歩きでは行きにくい場所もあるので助かりました。

家に戻って暫くするともう22:00なのにバウカが来てくれました。いつカザフから出るのか尋ねられ明後日くらいにしようかなと伝えるとAIKOもバウカも明後日は忙しく夜中でないとバスターミナルまで案内出来ないというので、まぁ急遽明日出発する事に。正直今日一日でアルマトゥに大満足してしまったという理由もあります。せっかくビザを持っていてもったいないのですがまぁ無料だったしいいかな。

<宿>
Almaty/アルマトゥ
・バウカのお姉さんの家でホームステイ

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper