とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステップ

2012/7/5

 多分誰も気が付いてないと思うのですが生涯での入国数を74から75に増やしました。もちろんスウェーデンも入れてです。どこの国が増えたかというと過去にさかのぼるのですが「パレスタイン」、そうです、、、いわゆるパレスチナ自治区。

以前タイラーにパレスタインは国だからカウントするべきだと言われた事を何故か急に思いだし調べると日本はまだ認証していませんが、西欧、北欧、韓国、ミャンマーを除いたユーラシア大陸、4カ国程を除いたアフリカ大陸、2カ国を除いた南米、一部の中米ですでに国家としての認証がなされているのです。日本、アメリカ、カナダ、オーストラリアでは認証されていないのでイメージとしては自治区なのですが、ここまで認証国が多くまた実際にパレスタインに行ってみて明らかにイスラエルとは違う場所であることも理解しているので自分の中で国として判断する事にしました。日本が国として認証するのは一体いつになるのやら。まぁ他の国と歩調を合わせ・・・という形になるでしょうがアメリカが認証しない限りなさそうです。でもアメリカはイスラエルの友人なので遠い未来になるでしょう。

昨日スペインで泥棒に会った彼の話を書きましたが、おじいさんの思い出の地のポストカード、コイン、砂はバックパックの中に。そうです、せっかくザガーンまで行ってたくさんのお土産を購入したのに全て度棒の手の内に。コインは闇市で売られる事になるでしょう。

私もコインを1枚、ポストカードを1枚購入しましたがもう93才になる友人のおじいさんの為に譲る事に決めました。私にとっては正直そこまで重要ではないので手放すのは惜しくありません。なので送付先の住所を尋ね近々カナダに送ります。もうちょっと多めに買っておけばよかったよとちょっと後悔。タイラー自身も記念として欲しかっただろうに。

さて、今日はSweden/スウェーデンへの移動が待っています。それにしてもヨーロッパ内の移動は面白味がありません。せっかくなのでスタンプを頂きたいのに。いずれパスポートを見ながら過去を思い起こすのも楽しいと思うのですがここではそんな事通用しません。何気に出入国審査はドキドキするので好きなのですが。

昨晩は咳のしすぎで同室者に迷惑をかけてしまいました。でも今日チェックアウトだから許してね。今晩の宿はプライベートルームなので咳し放題!!でも明後日のStockholm/ストックホルムの宿では14人ドミなのでもし空き部屋があればある程度高くても移動する予定です。気を遣いながら咳を我慢するのはほとほと厳しい。いつ風邪ひくってわかってりゃ苦労しないのに。本当に迷惑なタイラーの置き土産となったもんです(怒)

コペンハーゲンから今日向かう予定のKalmar/カルマルまでは時間弱。多少うつらうつらしながらだったので気持ち的には早く到着したように感じます。まずはチェックインをしてエーランド島に向かう予定でいたのですが身体があまりにも怠く、暫く休憩してから出かけることにしました。実はこのホテル、フロントの近くにホットウォーターとコーヒー、そしてティーパック、更にはクッキーが用意されていて24時間サーブ自由なのです。うれしい!!私はアフリカで風邪をひいた際に船上でトーニーに貰っていた残りの喉の薬があったのを思い出し早速ホットウォーターで溶かし服用する事にしました。

暫くしてから観光に出かけようと重い腰を上げたのですが、まずは薬局でタブレットを購入する事に。シロップもありちょっと悩んだのですが今日はタブレットだけにし明日Stockholm/ストックホルムで気が向けば購入する事に。シロップだとビンだし液体だし重くてね。

駅横から出ている黄色いバス101がエーランド島のBorgholm/ボリホルムに行くそうなので早速乗車、約50分で到着なのですがその間に世界遺産に指定されているらしいAlvaretが見られるのでカメラ片手に外をじっと見続けます。その前に6km程の橋を渡るのですが丁度天候がよくなく真っ白で対岸が見えません。ここの景色も楽しみにしていただけに残念。さて、問題のアルバレットですが、多分これかな?

多分これ
アルバレット

いわゆるステップ(草木の生えていない草原)がここに存在するらしくミニアフリカの風景がちょっと体験できるわけです。まぁここでは珍しいので登録に至ったらしい。ただ島の南の方が多くみられるそうですね。私の向かったボリホルムは橋を渡ったら北に一直線なのでそこまで。ですが道中かなり古そうな風車が見られたりとそれなりに楽しめました。

無人島
橋から

目的がボリホルムではなかったので正直町に到着しても特にあてもなくフラフラ歩くのみ。どこにでもあるような町なので余計にかしら。適当にバーでビールを飲んだのですがこれが超高い!!1杯で600円を超えてくるってリヒテンシュタインと同じようなもの。もしかしたら島だからここは特別に高いのかもしれません。北欧ではバーにはもう行かない!!

1杯飲んだ後どうしようかと思いましたが天候も悪く小雨が降るような状態だったのでさっさとホテルに戻ってゆっくり身体を休める事に決~めた!!ちなみに明日の首都行きのバスチケットも駅で購入しときました。ゆっくりチェックアウトしたかったんだけど6時間以上移動にかかるので結局一番早い8:30。

早く眠らなきゃいけないのにこういう時に限ってなかなか寝付けません。明日は車内でゆっくり眠ればいいだけか。

<移動>
・コペンハーゲン→Kalmar/カルマル・・・列車/2等/308DKK
 9:12発13:58着
・カルマル⇔Borgholm/ボリホルム(エーランド島)・・・バス/56SEK
 約50分で到着
 
<宿>
Kalmar/カルマル
・Stadshotell・・・シングル/944SEK
 Adress:Stortorget 14
 Phone:+46 480 49 69 00/Fax:+46 480 49 69 10
 E-mail:calmarstadshotell@profilhotels.se
 URL:www.profilhotels.se

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。