とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅ラック休憩日

2012/5/30

 今日は飛行機でアイルランドに飛びます。ヨーロッパでは陸路より空路の方が安い事もあり今後も飛行機を立て続けに使う事になりそう。旅の始めは陸路にこだわっていましたが、スロヴァキアからイタリアに1度飛んでからはタガが外れたよう。基本列車が好きなのですが何かと高くつくのがネック。バスで酔うこともしばしばだし格安航空で飛べば予算も時間も浮くので一石二鳥なのです。ただロマンは無いですが。

4:30に目覚ましで起き仕事があるトーニーに申し訳無いけども空港まで送ってもらいました。結局UKではスコットランドや東海岸の方には行きませんでしたが療養も兼ねてゆっくり過ごす事が出来たと思います。

そして今日からアイルランド、早速観光に励みたいところですが、とにかくイランに向けてパスポートの更新をしなければ。むふふ。ギネスストアハウスにも行きたいけど明日かな?酔っ払って大使館に行くのもなんだし。

とかいろいろ考えていたのですが何と飛行機に乗り遅れてしまい全てがおじゃん。予想外に空港手前で込み合っていたのと私がチェックインカウントを間違えて並んでいた事(ディスプレイに表記が無かった!!)、そして時間もぎりぎりでスタッフに尋ねたときには時すでに遅し。チケットに6:10って書いてあるけど出国ゲートの閉まる時間らしく実際には6:00までにはチェックインを済ませておかなければいけないらしい、そんな~。

もちろん格安航空にリファウンドやその価格を差し引くなんてサービスは毛頭なく、ええ、カードで払いましたとも110GBPを(泣)ホームステイしていた分を考えるとまぁその分が無くなったと考えれば諦めもつくのですがそれでももっと早く確認すべきだったと後悔。それでもまだ不幸中の幸いでもあったのが後に空港のwi-fi(有料)で今日のフライトを確認すると何と240GBPになっていました。半額以下で済んだ事を喜びたいと思います。

ただ、次のフライトが15:10、到着が16:20なのでまだまだ時間があります。この時間を利用してまだマイル加算されていない航空会社にメールを入れたり、最後に利用したエミレーツ系のマイレージプログラムに加入して事後加算申請をしたり、大使館に連絡を入れたり本を読んだりとそれなりに時間を過ごす事ができました。(それでもチェックインまで超暇だったけど)

乗り遅れた事に関してとてもがっくりですがローマに移動する日でなくてよかったのも確か。今日ダブリンで待ち合わせしている訳では無いのでそれだけ救いです。さて、15:10の飛行機には無事に乗れたのですが到着後に何故か嫌な予感がしました。そして・・・

バックパックが出てこない!!初めて規定外のカウンターから出した事もあり少し心配はしていたのですが、ロストバゲージ!!?これだけ空港で待ってあげくに荷物が消えていたら相当落ち込む。しかもバックパックの中には最近送ってもらって未使用のローションだのクリームだのわんさか。

カウンターに行き荷物の色等伝え探してもらう事になりました。しかしなかなか連絡が入らずカウンターのお姉さんが名前と住所を紙に書いてねと、、、言うので書き渡した時に無線が。そして満面の笑みで「あったわよ、ラッキーね!!」と伝えてくれました!!もうとにかく嬉しい!!今日は不運な予感がしていたので不幸中の幸いといいますか。担ぎなれたバックパックから新しいものには交換したくないし装備を集めるのにも一苦労なのでとにかく一安心。荷物を受け取ってから市内行きのバスに乗りました。

今日の宿はバス停から近いので助かります。背中と肘がまだ痛むので極力負担をかけたくない。ダブリンに居る間に荷物を送らなきゃ。チェックインすると同部屋の女の子が地球の歩き方を持っているのを発見、声をかけましたが彼女はこれから3ヶ月ファームステイしに西の方に行くとの事。いずれそれを生業としたいそう。目的がしっかり決まっていてそれに向かって一直線な彼女はキラキラと輝いて見えました。私の様にただ何となくで看護師になった私とは大違い。もうすでに18:00を越えるか越えないかの時間だったので一緒に夕食を食べに行く事になりました。

しかし、ここで不運が・・・。サンダルに履き替えて歩いていると右の方が急に裏っ返しになったのです。見ると鼻緒がちぎれてる。しかも宿近くでは無くTempleBarという繁華街のど真ん中。トモちゃん、ごめんよ。ひきずって歩くのも何なのでもう裸足で歩く事にしました。そして一旦宿に戻るのも手間だしそのまま生演奏が聞こえてきたバーに入ることに。

TempleBar
Temple Bar

バーで
バー

店内はとても賑わっていて若い人から年寄りまでごちゃまぜ。私達はまずアイリッシュビールを注文しせっかくなのでアイリッシュの伝統料理のシチューを注文しました。待っている間、まずは乾杯!!

乾杯
乾杯!!

名前は忘れましたがギネスよりは飲みやすい味。生バンド演奏を聞きつつ話もしつつ15分程待った後にシチューが出てきました。

アイルランドの伝統シチュー
伝統のシチュー

ラムの香りがしたので全てラムかと思って食べると赤身魚も半分程量を占めていました。そしてトモちゃんのは野菜が多かったのに私のは肉だらけ。これ以上太っても・・・とか思ったけど魚は好きだしラムも久々だったので9割程度しっかり食べてしまいました。

食後ビルを待っている間ナプキンを鼻緒代わりにと思い穴に通してみましたが後に歩いてみると100m歩くか歩かないかでほどけてきてしまいました。んで、結局宿まで裸足で。

不吉な
不吉な。

新しいサンダル買わなきゃいけないかなぁ。持っていたスカーフで後でトモちゃんに即席で鼻緒を作ってもらいましたが長く歩くには歩きづらい。やっぱりいずれ買わなきゃだめか。。。

<移動>
・London→Dublin,Ireland・・・RyanAir/GBP171.99(乗り遅れた分も入れて)
 15:10発16:20着
・DubrinAirport→ダブリン中心部・・・バスNo,747/6ユーロ

<宿>
Dublin
・Ashfield House・・・6Bed女性ドミ/14ユーロ/日
 Adress:19-20 DOlier Street,Dubrin2,Ireland
 Tel:+353(0)16797734
 wi-fiありだが私は繋がらず、朝食付き

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。