とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

There is no Hostel!(宿が無い!!)

2012/5/16

 今日でエルサレムを去りますがTelAviv/テルアビブまでは約1時間で到着するようなのでチェックアウトまでゆっくり休憩してテルアビブの宿を予約してから出発しました。

チェックアウトをしてJaffaゲートから暫く歩きバス停で待ちましたが一向にバスが来ません。丁度歩いてきた女性に尋ねるとこのバス停にはバスターミナル行きは来ないらしい。ライトレール乗り場がこの先にあるのでそれがバスターミナルまで行くと教えてくれました。ありがとうございます。

ライトレール乗り場に到着しましたが手前にあった機械が壊れているのかクレジットカードしか利用できず、離れたところにある機械で1回券を購入。

ライトレールのカード
ライトレールのカード

その後ロシア人女性がやってきてコインを入れようとしていたので「ニェ・ラボータィエト:働かないよ」だよと伝えました。ここはロシア人が本当に多い、そして彼女らは相手がロシア語が話せようと話せまいと関係無しにロシア語で話しかけてくる。そんな彼女らが私は大好きです。私のロシア語はまだまだですがそれでも話せば理解してくれようとしてくれるので助かります。そして例え全く言葉が通じなくてもどこの国の人でもゼスチャーでコミュニケーションが成り立つのが面白いところ。

ロシア語を話していると早く中央アジアに行きたくなってきました。でもイランビザが取れない為トルクメニスタンのトランジットビザが取れないしパスポートが新しくなってから行ったほうがいいのかなぁ。悩むところです。

テルアビブ行きのバスに乗る前にマックに行きましたが色が違う!!今まで言った国では赤だったのに国旗にあわせてか知りませんが初のブルー。最初マックだとは思いませんでした。

マック
マック

ここからテルアビブまでは約1時間、車内ではかなりスローですがwi-fiが利用できます。ヨーロッパぶりのサービスにびっくり。シートもまずまずです。

バスターミナルから今晩のホステルまで歩いて30分程、陽射しが強いので汗をかきつつその住所に辿り着きましたが明らかにアパート。しかも正面は鍵がかかっていて裏から入ると郵便BOXがあるのですが明らかにホステルがある雰囲気ではありません。

ここがホステル?
ここがホステル?

ちがうよね
ちがうよね

隣に不動産らしきオフィスがあったのでそこに居たおじさんに住所が合っているか尋ねると間違い無いよとのこと。理由を説明するととても親身になってくれネットで検索し直してくれたり表示されていた番号に電話してくれましたが何とドクターのオフィスにコネクトされました。

今までHostelbookersを数回しか利用した事がないので解りませんがダミーのHostelがあるとはびっくり。すぐ近くにあったwi-fiの使えるカフェでHostelbookersのカスタマーセンターを探しましたが何とメールのみ。電話番号もなければチャットもできません。何と不親切な。10%をクレジットカードから引かれているのでタイラーがクレームのメールを打ちそれから新たな宿を探しましたがイスラエルには安宿なんてものはありません。全てが高いのです。結局立地と価格を考えてビーチ近くの宿を取りましたがダミーの宿よりはるかに高くつきました。

無事予約が取れたので移動しましたが何とサイトのトラブルだとかでダブルブッキング状態だったようですがどうにか部屋が確保できたとか。お詫びに近くのビーチのレストランで半額になりチケットを頂きました。何だかテルアビブはトラブルが多そうな気がします。

<移動>
・エルサレム市内ライトレール・・・6.3NIS/1回券
・エルサレム→TelAviv/テルアビブ・・・15.30NIS
 10分おきにバスがある。約1時間
・テルアビブ中心地(CafeStreetDown)→Hostel・・・タクシー/25NIS

<宿>
Tel Aviv/テルアビブ
・BeachfrontHotel・・・ツイン約100US$
 住所:78HerbertSamuel St.Tel Aviv 63431
 Tel:972-3-7440347
 Fax:972-3-7265230
 E-mail:telavivbeachfront@gmail.com
 URL:www.telavivbeachfront.co.il
 wi-fiあるも2日目から繋がらず
 朝食なし、
 ダブルブッキングだったので近くのレストランで50%オフになる
 チケットをもらう。
 タオルあり、トイレ、バス共同

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。