とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The freedom to Palestine!!(パレスタインに自由を)

2012/5/15

 エルサレムの観光が一通り済んだのでパレスタイン(パレスチナ自治区)へ行く事になりました。自分の中ではイスラエルでは無くパレスタインは新たな国への入国と考えているので楽しみです。

ダマスカスゲート近くのミニバス乗り場からNo,18のバスで約30分程でパレスタインの首都であるRamallah/ラマラーに到着しました。このラマラーの地にかつての指導者であるアラファト議長が埋葬されているとの事でコーヒー休憩の後に連れていってもらうとそこは現在博物館を建設している途中で敷地に入れませんでした。後1ヶ月後にオープンだそうです。近くで見たかったけどマシンガンをもったアーミーがたくさんいたので遠くから眺めただけ。

じゃあそろそろベツレヘムに、、、と思っていたら数人の女性がプラカートを持ってやってきてアーミー達と話しています。通訳してもらうと偶然にも今日はナクバと呼ばれる大災日(イスラエルが建国した事を嘆きその翌日の15日を厄日として設定したそう。)これから大規模なパレードがあり参加する前にアラファト議長の下へ挨拶へ来たとの事。というのも数人の女性の中の1人は実際に政府で働いていた、というかアラファト議長と共に働いていた女性だったのです。

今日は特別な日
今日は特別な日

とても聡明な女性で今後いずれ大きな戦争が起きるだろうけど、その時はパレスタインが持つ豊富な水をめぐってでしょうと話していました。

彼女は政府で働いていた
聡明な女性でした

暫く話を聞いていると楽器の音が聞こえてきて次から次へとパレスタインの旗やReturnと書かれた旗を持った人々が集まってきます。ついにパレードの始まり。

私達もステッカーやポスターを貰い一緒にパレードに参加しましたがイスラエル軍によって家族を捕らえられた人々が写真を掲げながら歩いているのが印象的。私達が歩いていると周辺から「Welcome to Palestine!!」と声をかけられます。とにかくすごい熱気で今日ここに来る事が出来てよかった!!

ステッカーをもらう15
新聞とステッカー

家族が刑務所に
家族が刑務所に

15
とても印象的

一緒に15

一緒に2

パレスタインに自由を!!15
パレスタインに自由を!

とにかくすごい人数15
とにかくすごい人数

ラマラーでの滞在が長くなりましたが今日はBethlehem/ベツレヘムにも行きたいのでパレードを見守りそれからミニバスでベツレヘムまでダイレクトで行きました。道中チェックポイントが2ヵ所ありましたが止められる事無くスルー。1時間弱くらいでベツレヘムに到着しました。

ランチを摂ってからイエスが生まれたといわれている聖誕教会へ行きましたがどこもかしこもロシア人のツアー客だらけ。特にイエスが生まれた場所の地下洞窟はもう大変。おそらくもう2度と来る事は無いので掻き分けてどうにか写真を撮っておきました。

キリストが生まれた場所15
ここでキリストが生まれたらしい

聖誕教会で
聖誕教会で

せっかくパレスタインに来たのだから御土産物屋で暫く買い物を。同じ商品なのに価格が明らかに安い。久々に買い物を楽しんだのですが楽しみすぎて2つの店だけで2時間以上費やしてしまいました。

他の観光地にも寄りたいところですがまぁクリスチャンでも無いし聖誕教会に来れただけで満足です。ここからタイラーが壁を見たいといいタクシーで連れていってもらうことに。私には情報が無いので何の壁?と思っていましたが自由をモットーに様々な絵や文字が描かれていました。

壁一面に

とにかく驚いたのは日本語で「パレスチナに自由を」と書かれていたこと。ここまで来て書いていった日本人が居たと言う事ですね、嬉しくなりました。

日本語発見

タクシーでバス乗り場に送ってもらいエルサレムまで大型バスで移動しましたが不思議な事にチェックポイントでは旅行者やパレスチナ人は降りずIDを見せればいいだけなのですがユダヤ人達はバスを降り荷物チェックを受けていました。そこまで厳しい荷物チェックでは無いようでしたけども。

そしてイレギュラーですがパレスチナ自治区にユダヤ人達の家が建っています。しかも高台から見下ろすように。しっかり張られた柵と国旗が印象的でした。

自治区にユダヤ人の家

とにかくこの国が穏やかな日々を取り戻す事をただ願う事しか出来ませんがとにかく複雑な歴史を持っている分余計に難しそうです。

<移動>
・エルサレム→Ramallah/ラマラー・・・バスNo,18/7NIS
・ラマラー→Bethlehem/ベツレヘム・・・ミニバス/20NIS
・ベツレヘム内・・・タクシー/30NIS
・ベツレヘム→エルサレム/10NIS程

<観光>
・聖誕教会/無料

<宿>
Jerusalem/エルサレム
・CitadelYouthHostel・・・Twin188/Triple318
 ドミもあるが空いておらず
 Adress:Marks St.20
 Tel:6284494/0545805085
 E-mail:citadelhostel@mailo.com
 キッチン、wi-fiあり

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。