とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

Welcome to Jordan!!

2012/5/3

 機内では3時間ほど眠れましたがやはり完全に横になれるわけではないので足がしんどい。ベドウィン達がリクライニングをめぐって言い合いになっていて結局それぞれ席移動していたけど自分がリクライニングする分にはいいのに他人にされたら嫌って自分勝手。親切な人が多いと聞いていたけど最初のイメージは正直あまりよくないものになってしまいました。

着陸した後機内から降りる際に当初私の前の席に座っていた旅行者と話しましたが彼もこれからダウンタウンに行くそう。せっかくなのでタクシーシェアしないかともちかけられました。でもガイドブックによるとシャトルバスがある様子。もしそれが無ければシェアしようという事になりました。その旅行者はカナダ人ですが彼はビザが必要だそう。やはり日本のパスポートは強いな。荷物を受け取って出口に向かおうとしたらスタッフに止められ南アフリカで何をしていたんだと根掘り葉掘り聞かれました。もう1人止められていましたがその人も南アフリカから来たそうです。国の関係があまり良くないのかな?南アフリカで次にヨルダンに行くと言った時にツーリストじゃなくてテロリストだろって言われた事を思い出しました。

滞在先をメモられてからようやく釈放。シャトルバスを探したらすぐに見つかりました。料金は3Jdです。チケットを購入した後で先ほど話したカナダ人のタイラーがやってきてタクシー代は自分が持つから乗って行く?と言ってくれました。買ったばかりだったので料金を返してというとそれは無理の一点張り。何を言っても無駄だったのでバスには乗らずそのままタクシーに便乗。ちなみにタクシー代は20Jdだそうです。

車内でタイと話しましたが観光したいポイントがほぼ同じだったので数日間旅を一緒にする事になりました。友人のジャーベルと今日待ち合わせの予定でしたが休みがずれた為、数日後の再会になりそうです。

タクシーで宿まで辿り着きましたがドライバーが急に2人だから40Jdだといい始めました。は?乗り合いタクシーじゃないんだからさ。しかも同じ宿だし。20Jdだけ支払ってそのままフロントに行きましたがその後を追いかけてきます。結局どうしても支払わないと解ったのか「お前は悪い奴だ」と言い放ち去って行きました。いやいや、もし40Jd払って欲しいなら先に言うべきでしょ。

チェックインしてとにかくシャワーを浴びてから街歩きをする事に。といってももうほぼ暗くなっていてタクシーでレストランの集まる所まで連れていってもらうことにしました。結局レストランのつもりがタクシードライバーの薦めるバーに行く事に。ですがすでに満員で入れないそう。立ち席でいいならと入場を許可してもらいました。荷物チェックの後バーに入りましたが人だらけ。グラスビールを注文してからどこで飲もうかうろついているとタイラーが相席していいか他の客に話しかけました。するとOKしてもらえたので座って飲める事に。彼女達は4人グループで皆ヨルダン人。とてもフレンドリーでお薦めのレストランやシーシャが吸える場所など地図を書いてくれたり郊外の観光スポットまで教えてくれました。アラビア語で私の名前を書いてくれましたが当たり前ですが全然読めません。

welcome!
Welcome to Jordan!

私の名前
私の名前

途中他の客に話しかけられたりとにかくフレンドリー。そしてここに来たら無料で泊めてあげるとかいつでもBBQしようとかとにかく親切なのです。しっかり電話番号まで教えてくれるので2枚舌では無いのでしょう。最初のイメージは一気に崩れ去り高感度アップです。ちょっと飲みすぎましたがとにかく現地人と触れ合え素敵な時間を過ごす事が出来ました。

ヨルダンポーズ
ヨルダンスタイル

皆で
皆で

<移動>
・Amman空港→ダウンタウン・・・タクシー20Jd
 40Jdといわれるが断固拒否
 ちなみにシャトルバスだと3Jd

<JordanVisa>
・日本人はビザ不要で2週間滞在できる
 アンマンの出入国管理局で滞在延長申請可能

<宿>
Amman/アンマン
・AsriHotel・・・ツインルーム/15Jd
 住所:PetraStreet Behind Al Hussein Mosque
 Tel:06-4621480
 Fax:06-4649810
 E-mail:asri-hotel@hotmail.com
 ホットシャワー、タオルあり。
 wi-fiあるが私だけ繋がらず。

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper