とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

ポニートレッキング

2012/4/28

 昨日はここは雨だったそうですが今日は幸いにも晴天。朝食の為に外に出ましたが空気がとっても綺麗。ダイニングルームに行きましたが薄暗い中皆食事を摂っています。そうだった、電気は夕方からしかつかないんだった。トレッキングの為にしっかり朝食を食べておきました。(いつもだけど)

朝


9:00からトレッキングですが私は1人なので割高。でも他のツアーに参加して行きたい所に行けなかったら悲しいので50Pp追加で出して個別ツアーにしました。まぁ500円くらいなのでね。砂漠ツアーに比べると全然割安。

ツアー開始時間までにチェックアウトを済ませましたがすでに何頭ものポニーがゲートに集まっていました。ガイドと顔合わせしてからポニーの準備をして早速開始です。小さなポニーを想像していましたが馬並みに大きい。大きい方が揺れが少ないからお尻が痛くならないとケンタ君から聞いていたのでちょっとホッとしました。だけど乗馬も未体験なのでドキドキ。エジプトでラクダに乗ったくらいだからなぁ。

準備
準備

私の選んだツアーは3時間でブッシュマンアートを見るというもの。3時間で滝を見に行くというツアーもありましたがアフリカに来てからずっと自然を見てきたのであえてこちらをチョイス。ゲートを出て細い道を進んで行きますが毎度行っているせいか私が手綱を操作しなくても目的地に進んでいってくれます(笑)それでもたまに操作したくて右へ左へと引っ張ってみました。

トレッキング開始
トレッキング開始

とにかく景色がすばらしく来てよかった!!感動しっぱなしです。テーブルマウンテンを見た後退屈になるかもと思っていましたが全然そんな事ありません。マレアレア、お薦めです。1時間も乗らない内に村に辿り着きました。

村が見えてきました
村が見えてきました

ポニーと
ポニーと

ここからブッシュマンの絵がある場所までは歩きらしく村の少年と一緒に岩山を下って行きます。私の聞き取りが微妙な為か1度でなかなか理解できず困りましたが実際にはブッシュマンアートの説明は皆無でした。ほぼ無言で道案内で話したと思ったら結婚はしているのか、彼氏は居ないのか等。旅先では彼氏がいるという事にしているのですが、そういうとレソトでも1人彼氏を作ったら?あなたの彼氏になりたい等そんな話ばかり。しかも15才にも満たないような少年に。最後には幾らチップをくれるの?さすがにそれは聞くべきでは無いと直接伝えましたが、滝を見に行くツアーにしておけばよかったと後悔。

ただ、ブッシュマンアートに行くまでの道のりの景色がこれまた素晴らしかったので帳消しになったのかな?まぁ終わった後にスタッフにはしっかり伝えましたけど。

放牧中
放牧中

景色が最高
景色が最高

ブッシュマンアートは3ヵ所ありましたが大分消えかかっていました。人、動物の絵が描かれているのは解るくらいです。

ブッシュマンの壁画
ブッシュマンの壁画

結局2時間くらいでロッジに戻ってきました。大抵が2時間半くらいでブッシュマンアートを見に行くのに時間がかかる人の為に長く時間をみているんだとか。確かに少年の言う事に気分を害しさっさと写真を撮って移動しちゃったもんね。もし不満であれば昼から1時間もう一度ポニーに乗る?と尋ねられましたが今晩は一杯で泊まれないのでJo'burgヨハネスブルクまで行かねば。残念だけど時間が無い!!

支払いを終えてゲートから出ると丁度いいタイミングでMaseru/マセル行きのミニバスが乗客を待って停まっていました。30分程してから出発し約2時間半弱で首都に到着。ここから国境まで数キロあるので乗り合いタクシーで一気に国境まで行っちゃいます。5.5Ppと安かったので助かりました。

こちらの国境もかなり手続きが簡単であっという間に通過、ここからヨハネスブルク行きのバスがあるらしいけど見つかるかな?イミグレから数百メートル歩くとミニバス乗り場がありヨハネスブルク行きを尋ねるとあるとの事。さすがにムババーネ行きはありませんでした。チケットを買った所何と私で満席だったらしい。この後何時にヨハネスブルク行きがあるか解りませんが後ろにいた男性が残念がっていたので大分後なのかもしれません。ギリギリセーフでした。ラッキーです。

ここからヨハネスブルクまで4時間と聞いていますが到着してムババーネ行きのバスが見つかるかなぁ?車内は若い女性が多くかなりノリがいい。音楽が流れると急に馬の泣き声にビブラートをつけたような大音響で叫びだしたのでかなりびっくり。ウトウトしていましたが一気に目が覚めました。到着までの間車内はずっと歌声でにぎやか。眠る時間もありません。

到着したのが19:30でしたがやはりムババーネ行きは明日の朝まで無いそう。ムババーネに行く予定の男性が朝までここで待つというので一瞬悩みましたがちょっとそれはしんどい。どうしようか考えていたらバスで隣に座っていた女の子が姉がヨハネスブルクに住んでいるから泊まれるか聞いてみるねと電話してくれました。そして返事はOK。うわ~、本当にありがとう!!

さすがに夜なので迎えに来てくれるそうで待ち合わせ場所まで夜のヨハネスブルクを歩きましたが1人じゃ歩きたくない雰囲気。とにかく路上はゴミだらけ、そして若い男性が路上でぼんやり座っているのが目につきます。KFCの前がまだ安全そうだからとそこで待っていましたが10代の少年達がKFCから出てくる客たちにお釣りを頂戴と何度も声をかけていました。暫く観察していましたが迎えが来たので車に乗り込んだところやはりお金が欲しいと数人が近寄ってきます。迎えに来てくれたのがNozypoの彼でしたが小銭を私に渡してきたのでそのまま少年に手渡しました。少年は両手で小銭を受け取りありがとうと一言。そのまま夜の街に消えて行きました。ちなみに明らかな外国人は歩いていません。大きな荷物を持った私とNozypoはかなり目立ったと思います。しかも治安の悪いというミニバスステーション近辺。ダルエスサラームやナイロビ以上に居心地の悪い視線を感じました。

彼女のお家、というか彼女のお姉さんの旦那さんのお家は高級住宅街にありとても静かな場所。もちろん高い柵はありますが。中に入るととにかくびっくり!!かなり大きな家でした。挨拶してから彼女のお姉さんの部屋に通されここで寝るように言われましたがやっぱり大きな部屋。私がもそもそ寝袋を出しているとベッドで寝るように言われましたがさすがに初対面のお姉さんと一緒に眠るなんて申し訳ない。どっちにしても3時すぎくらいに起きなきゃいけないから寝心地が良すぎると起きれないし。結局Nozypoがお姉さんの横で寝ることになりました。移動で疲れたのであっという間に眠れそう。どうもありがとう!!感謝します。

<ツアー>
・マレアレア・ロッジ主催のポニートレッキングツアーに参加
 1人参加だと割り増しになるがブッシュマンの絵が見たかったので
 ジョイントせず。
 3時間で250Pp、2人だと200Pp、3人だと175Pp/各となる。
 他にも1時間から数日間かけて等選ぶ事が出来る。

<移動>
・マレアレア→Maseru/マセル・・・ミニバス/40Pp
 約2時間半
・マセル→レソト側国境・・・乗り合いタクシー/5Pp
・南アフリカ側国境→Jo'burg/ヨハネスブルク・・・ミニバス/180Pp
 約4時間半

<国境>
・レソト側MaseruBridge/出国カード記載不要
・南アフリカ側MaseruBridge/ビザ不要。入国カード記載不要

<宿>
Jo'burg/ヨハネスブルク
・Nozypoちゃんのお家でホームステイ

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper