とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesotho/レソトへ

2012/4/27

 せっかくここまで来たのだから寄っておきたいLesotho/レソトとSwaziland/スワジランド。残り丁度1週間で急ぎ足だけど満喫できるかな?

移動の情報があまり無く行ってみてからの判断になるので極力早めの移動をしなければ、これ以上の航空券の変更はしたくありません。夜行バスは渋滞にはまり予定より1時間半遅れでBloemfontein/ブルームフォンテーンに到着しました。インターケープ、グレイハウンド共にレソト行きを尋ねてみましたがどちらも無いそうです。ミニバスで行くしかなさそう。タクシーでミニバス乗り場に行く事にしましたがここのドライバーは白人が多い。私も白人の運転するタクシーで向かいましたが道中ミニバス乗り場周辺は危ないから気をつけてと助言をもらいました。今日は特にフリーダムデーだから危ないとか。ちなみに今日から5連休らしいです。大型連休だと犯罪も増えそうで怖いな。

ちょっとびくびくしながらミニバスステーションに降り立ちましたがまぁ日中だからか至って普通の雰囲気。明らかな外国人が誰一人いません。チケットオフィスでまずはWepener/ウェペネルへの料金70Rを支払いました。そしてミニバスで人が集まるまで暫く待ちます。

約1時間半で国境の町に到着しました。ここから国境まで10km程離れているそうなので乗り合いタクシーで移動です。やはり現地人と一緒だと適正価格なんだよね。ちなみに8Rでした。

国境まで約15分かけて移動、出国もレソトへの入国も至って簡単なもんでした。出入国カードの記載すらないし荷物チェックもありません。国境を越えたところでタクシードライバーがミニバスは無いと言って来ましたが実際には国境を越えて左手にミニバスターミナルがありました。丁度乗り合いタクシーの中で少し話をした家族と一緒に居たので助かりました。

国境からまずはMafeteng/マフェテンという村に移動しそこから別のミニバスに乗り換えてMalealea/マレアレアまで。計2時間くらいかけて今晩の目的地のマレアレア・ロッジに到着しました。ロッジは景観のすばらしい場所に建てられていてもちろん高い塀で囲まれているのですがその周辺に村があり皆貧しい装い。少し話すとすぐ手を出して何か欲しいと言ってきます。すごく複雑な気分になります。南アフリカもそうだけどこの囲まれた区間は明らかにアフリカでは無い。ちなみにここの客は私以外全て白人でした。レジを扱う人以外のスタッフは全て黒人。

バソト
バソト

景色がすてき
景色が素敵

散歩
散歩

だけどここの設備は手作りのハンドソープだとか電気は17:00から20:00までとか、チップの代わりに服でもいいとか他よりは印象はいい感じです。でもこのようなロッジがあるからこそ仕事につける人もいる訳なんですよね。

私の身長より大きい
Aloe is taller than me

今はローシーズンだとたかをくくっていたのですが、何と私のチェックインでフルだったそうでラッキーだと言われました。いやいや、本当にラッキーです。一番高い部屋(275Pp)しか空いていませんでしたがマレアレアにはこのロッジしかないので泊まる事決定。ポニートレッキングもしたいしね。本当は2泊したかったのですが明日は全てフルだそうで明日チェックアウトしなければいけません。ハードな1日になりそう。

とにかくコテージは綺麗で最高。とにかく洗い物を終わらせ外にイスを置いて干していたら1人の女性が通りかかったので声をかけたら気が合って夕食を一緒に食べる事になりました。彼女は香港出身でカナダ人男性と結婚して今はカナダ在住だそう。とても気さくで会話を楽しめました。

コテージ
コテージ

夕方に伝統的な歌、楽器の演奏がありました。この時間になるとフリースが要る位。でも歌が素敵で寒いけど最後までハーモニーを楽しめました。

伝統的な歌

伝統的な楽器

夕食はカナダ人夫妻と一緒に取りましたがとにかく旅行好きな夫婦ですでに60ヶ国ぐらい周っているそう。今回はヨハネスブルクからレンタカーでここまで来たとか。明後日ヨハネスブルクに戻るそうで明後日だったら送ってあげられるのにとうれしい言葉を頂きましたが残念ながら部屋がないのです。気持ちをどうもありがとう。

たくさん話していたい所ですが電気が22:00までなのでそれまでに寝る準備をしてしまわないと。朝方は冷え込むそうなので寝袋も出しておかないと。買っておいてよかったな。

<移動>
・ブルームフォンテーンバスターミナル→ミニバス乗り場・・・タクシー
 50から40Rに値切る
・ブルームフォンテーン→Wepener/ウェペネル・・・ミニバス
 9:45発約1時間半/70R
・ウェペネル→南アフリカ側の国境・・・タクシー/8R
 約15分
・Lesotho側国境→Mafeteng/マフェテン・・・ミニバス/9R/約30分
・マフェテン→MalealeaLodge/マレアレア・ロッジ・・・ミニバス/27R
 約1時間半かかる

<国境>
・南アフリカ側VanrooyensGate/出国カード記載不要
・レソト側VanrooyensGate/ビザ不要

<宿>
・MalealeaLodge・・・ツイン275Pp(この部屋が1つしか空いてなかった)
 キャンプは90pから。
 朝食75Pp、昼食85Pp、夕食125Pp別途かかる。
 ここに電話はないのでコンタクトはブルームフォンテーんのオフィスへ。
 電気は17:00~22:00まで。
 住所:P.O.Box27974,Danhof,Bloemfontein.9310
 Tel:+27 0 82 552 4215/Fax:+27 0 866 481 815
 E-mail:malealea@mweb.co.za
 http://www.malealea.co.ls/accommodation/

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。