とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

未知の国Burundi/ブルンジへ

2012/4/2

 ついに今日はBurundi/ブルンジの首都Bujumbura/ブジュンブラに行っちゃいます。ここは東アフリカではおそらく1番情勢が不安定なのである意味1番の難関。といってもゲリラの拠点は南側で首都は比較的落ち着いているそう。とにかくルワンダよりも物価が安いらしいので救いです。ルワンダは東アフリカ1安全ですが東アフリカ1物価が高いのが難点。ブルンジの物価はどのくらいなのか楽しみです。

この国もルワンダ同様虐殺がありましたがルワンダと違うところはその後の政策。ブルンジではまだ多くの武器が出回っているとの事なので夜間の外出は極力避けなければ。

昨日チケットを買っておいたので8:30に間に合うようにVolcano Expressのバスターミナルに移動しました。バスは30分程遅れてキガリから到着。やっぱり補助シートしか空いてません。これで3時間かぁ。補助シートって背もたれが短いので安定せずカーブの度に右に左に揺れるのが疲れます。そして腰も痛くなるし。

国境には30分後の9:30に到着しました。道路状況がいいので早いです。出国と入国審査場が隣り合わせなので間違って入国審査の方に並んでいて笑われました。良く見たらちゃんとEnterって書いてあったし(笑)

無事出国が終わり徒歩で国境越えです。橋を挟んですぐブルンジ側の国境なのですがルワンダを出た途端お金を欲しいと現地の住民が集まってきました。服も髪も明らかにボロボロ。国境を跨いだだけでこんなに貧富の差があるとは。ブルンジ側のイミグレオフィスでトランジットビザを40US$で購入してから荷物をバスに載せ出発です。国境では約1時間費やしました。

ルワンダ-ブルンジ国境
ルワンダ-ブルンジ国境

ブルンジのスタンプ
ブルンジのスタンプ

ブルンジも丘が多く道もクネクネ。だけどルワンダ同様道路状況はとても良好。首都への道中子供たちが何か欲しいと手を出しながら駆け寄ってくる姿が印象的。私の隣に座っていた男性が紙袋を窓から外に投げたので中身はなんだったのか後で尋ねましたがケーキとの事。仕事でブジュンブラに行くそうですが状況が分かっていてケーキを購入しておいたんでしょう。

首都には12:30頃に到着しました。何と道中車掌さんを案内人っとして雇ったらしく下車後タクシーに乗り換えてキゴマ行きのフェリー会社を探す事に。ただせっかく見つけたオフィスですが14:00まで食事休憩に入ったので後で来て欲しいとの事。外資系の郵便会社のマークがあったのですがここでいいのかな?時間がまだあるので両替を済ませて宿まで決めてしまいました。ってか、中心地だからかそれとも安宿が無いのか幾つか聞きましたがどこも高い。結局ツインで50US$の綺麗なホテルに決定です。まぁ1泊だけだからね。宿からオフィスが近いので後は自分達で再度向かう事にしました。

かなり綺麗なホテル
かなり綺麗なホテル

とにかく腹ごしらえをしないと空腹で倒れそう。中心地をぷらついていると2ヵ所カフェを発見。どちらも繁盛している様子でしたがビュッフェランチのあるオレンジの建物の方にしました。ただどちらも安いとは言えませんが、それ以外に食堂すら無く選択肢はありません。外食文化では無いのかも。大抵が携帯かミニ商店。

食後にブッキングオフィスに行きましたが何と扱ってないと返答がありました。ん~、どうしよう。ロンプラを読んでいると1つだけ会社名が書かれてあったのでそこを頼りにタクシーでポートに向かいました。結局タクシードライバーが場所を知らなかったので適当に下ろして貰いそこから人に聞きながらどうにかオフィスに到着する事ができました。ちなみにArnolacというカーゴ専門の会社。
カーゴ専門の会社
カーゴ専門の会社

ダメ元で尋ねてみるとどうやら表向きはカーゴのみだけど少しだけ部屋があるそうでそこをパッセンジャー用としか解放しているらしいです。しかし、明日の便はもう空きが無く来週の空きがあるかは明日か明後日電話してもらえると状況を伝えれるとの事。そんな曖昧な状況でここに長居したく無いししかも週1回の便なので時間的にも諦める事にしました。ルワンダの時点でフェリーは無いと聞いていたので解ってはいましたが残念です。

それではどうやってザンビアに行こう。実はこの町からルサカまでのバスはあるのですが何と3日かかるとの事で精神、体力面でもちょっと厳しい。なのでまずはタンザニアのKigoma/キゴマまで行ってそこからフェリーでZanbia/ザンビアに抜ける計画に変更です。もちろんキゴマで確実にフェリーに乗れるかどうかも解りません。ちなみにルワンダで聞いた話では2週間に1回かもしれないとの事でした。まぁとにかくキゴマまで行ってみない事には解らないのでまずはバスチケットを買うべくバスターミナルまで。

ダイレクトバスが1社(BURUGO TRAVEL)あるらしいのですが残念な事にすでにオフィスが終わってしまっていて時間も金額も聞けず仕舞い。明日の朝一か八かで来るしかないのかな?

宿に戻ってスタッフにその事を伝えると電話してくれましたが表示してあった番号はどうやら間違っているらしい。ちなみにダイレクトじゃなくてもミニバスで国境まで行けばいいとの事。まぁ確かにいままでもそうだったからいいんだけど、国境のある南ってゲリラの拠点だっけ?外務省から南側への移動は避けるようにと書かれていた記憶がありますが、ここ最近何人かの日本人が南の国境からタンザニアに抜けているブログを読んでいたので不可能ではないという事です。さてどうしよう。

<移動>
・Huye/Mutare→Bujumbura/Burundi・・・国際バス、6000Rwf
 毎日8:30、10:30、12:30にあり。毎日では無いが14:30もあるという。
 ちなみに3時間半ほど。
・宿→フェリーポート・・・タクシー/3000Brf
・フェリポート→バスターミナル・・・タクシー/3000Brf
・バスターミナル→宿・・・タクシー/3000Brf

<国境>
・ルワンダ側/Akanyaru・Haut・・・出国だけなので問題無し
・ブルンジ側/Poste k-Haut・・・特に荷物チェックも無し。

<ブルンジビザ>
・国境でトランジットビザが40US$で取れる。ちなみに3日間有効。
 延長は数日単位でブジュンブラのイミグレオフィスで可能。
 それ以外のビザが欲しければ大使館で取るのがベター。
 ※ここでのビザのレシートは出国まで取って置くように!!

<船情報>
・2012年4月現在ブジュンブラ(ブルンジ)からキゴマ(タンザニア)へのフェリーは
 カーゴの船に便乗という形であればあります。ただ、数えるくらいの部屋しか
 無いそうでもし乗りたいのであれば1週間待ちくらいはしないといけないかも。
 パッセンジャー用の船では無いことを念押しされました。
・Cargo shipping Arnolac
 住所:Avenue de la Tanzanie,Bujumbura
 Tel:+257 22 229 807/+257 76 224 221/+257 77 723 723
 E-mail:pathuga@yahoo.fr 

<宿>
Bujumbura/ブジュンブラ
・Best Hotel(City Center Hotel)・・・ツイン60US$→50US$
 住所:2252 Bujunbura
 Tel:+257 22225351/+257 79(76)925604
 E-mail:hermasab@yahoo.com
 URL:www.besthotelburundi.com
 建って半年なのでとても綺麗。スタッフはとても親切。
 マネジャーの男性は日本語が少しだけ話せます。

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper