とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どきどきバルト~トルコ1人旅⑮2008/9~11

 2008/10/11

 早朝の列車でヴィエンナからスロヴァキア・ブラチスラヴァを経由して
コシツェに一気に移動。
都会から一気に田舎にきた~!!
車窓から見た景色が急に変わるのを見て国が変わったんだって実感できた。
農村地が広がっていた。

コシツェについてまず宿探しから始める。
ガイドブックで見ていた駅近くの宿はもうすでに満タンで言葉は
通じなかったけど何を言いたいかはすぐにわかった。

そこで英語も通じないけどゼスチャーと簡単な英単語でどうにか安いところを
紹介してと伝えるとメモ帳に住所らしきものと宿の名前らしきものを書いてくれた。
持っていたがガイドブックの地図を見せ、大体の場所を教えてもらい出発

駅をはさんで反対方向だったから距離はけっこうある。
歩いてて思ったのはここはヨーロッパじゃないような感じがした。
どちらかといえばアジアに似ている
建物はヨーロッパなんだけども人々の顔が違っていた。
ここが一時はチェコと同じ国だったとは想像がつかない。
服装も汚れたものを身にまとってたりする人もいて(人によってだけど
今まで周って来た国とは明らかに違っていた。

コシツェの町並み

人々にメモを見せながらどうにか宿に到着。
外観はきたなめだけど中は改装したばかりなのか綺麗だった。

コシツェでの宿

やはり殆んど言葉は通じないけど2泊ほどしたいと日を紙に書いて
渡した。
最初は空いてないと言われたけど粘ってると予約帳を見直してくれて
結果チェックインすることが出来た。
これがまたアパートの1室みたくて驚き
扉をあけるとキッチンとかソファーとかの共同部屋があって
そこから扉が左右に1つずつ。それとは別にお風呂とトイレもある。
AとBが扉に書いてあって私はBだったから扉をあけるとツインになってて
テレビ、ソファーが設置されていた。
この旅一番の部屋だった
LANケーブルもあるしタオル・バスタオルまでついている♪

まだスロヴァキア・コルナを持っていなかったからバンコマトを探しに
すぐ外に出た。
駅に向かう道にバンコマトがあったからおろしてから駅へ。
ここで明日のスピシュ城行きのチケットを買っておいた。



<移動>
・ヴィエンナ→コシツェ/スロヴァキア(列車)・・・53.8ユーロ
<宿>
●コシツェ/スロヴァキア
・Wagon Slovakia・・・ツイン525コルナ/day
           ランケーブルあり、キッチンあり


スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。