とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外初病院受診

2011/12/2

 今日お昼にカタリナちゃんとラルカちゃんと待ち合わせしているので、それまでに残りの観光を終わらせます。トラムで中心地へ向かう前に明日のセルビアの首都行きのタイムテーブルを調べに行きました。カッサで聞くと何と朝の5:50発の一便しかないとの事。うわ~、相当早いんですけど・・・きついなぁ。バスで行くにもバスターミナルから離れているので移動も大変。駅だと目の前なのでここはもう朝早く起きるしかないかぁ。今日は気持ち早く眠ろっと。

トラムで中心地へ行きましたが雪がチラホラ降っていて寒すぎる。もう観光する余裕も無いくらい厳しい時間でした。寒気もするし風邪が悪化しそう。さっそくですがカフェでクリームケーキを注文。生クリームではないですが胃が満足です。やっぱり痩せる気0。無理ですね。

デザート

食後はフニャディ城へ行きましたが昨日のバロック城同様城っぽい感じはせずミュージアムっぽい様相。鍵も閉まっていて入れる様子も無し。もう一ヶ所はルーマニア正教の教会ですが、ここに行くまでの広場でたくさんの露店がありスープやミティティ、ソーセージなどが売られていました。雪だるまやサンタが飾られていたり。

雪だるま

正教会の中はけっこう広めでした。中のフレスコ画が全体的に新しく見えます。やはり信仰心が深いのか信者が次々にやってきていました。

ルーマニア正教会
ルーマニア正教会

一通りティミショアラの観光を終えたところで丁度待ち合わせの時間が近づいたので、彼女らのマンションの前へ。ですが一向に姿は現れず、今日は寒さで口数が少ないのに更に寡黙になってしまいます。待つこと20分。ようやくカタリナちゃんが出てきました。どうやらメールで13:00くらいになると入れたそうですが、私達はすでに外出していたので確認できず。ラルカちゃんの方はお父さんの仕事を手伝っているので終わるまでマックで待つことに。13:00くらいになりようやくラルカちゃんと合流できました。ポテトのLとバーガーを食べているのを見てその細い身体のどこに吸収されるんだろうね、と一言。「さぁ?」と返されましたが本当ガリガリ。幾ら食べても殆ど体重が変わらないそうです。40代とかになったら周りの人みたいに超えるかな?と尋ねるとお母さんは現在でもガリガリだそう。すばらしい遺伝子ですわね。うらやましいぞよ。でも何気に肉付いた自分も嫌いではないのでまぁいいか。(痩せる気やっぱり0)

マックを出てバスに乗り総合病院の救急へ。びっくりする話ですがルーマニアの救急は無料なのです。前日にも日本語を教えている先生が犬に足をかまれて受診していますがパスポートを見せただけで他は特に何も請求はなかったそうです。ルーマニア人にも昨日カフェで尋ねましたがやはり救急は無料との事。国が違うと全然システムが違いますね。移動中に気になっていた話を聞きましたがルーマニア人の一番の死亡原因の疾病は心疾患だそうです。もちろん悪性腫瘍もありますがダントツだそう。そしてやはり糖尿病も多いと話していました。実はラルカちゃんは新米のドクターでもあります。5年後に新たにランクアップするための資格を受けるそうです。勉強熱心だなぁ。私?・・・現在やる気無しです。

病院に到着し救急の窓口まで行きましたが、すでに待っている患者がぞろぞろ。うわ~時間かかりそう。・・・待つこと2時間弱、まだ呼ばれる気配が無いのでカタリナ姉妹のお父さんの働く病院の救急に行くことにしました。バスで中心部へ戻りそこから歩いて10分程の古く大きな病院です。救急に行きましたが3人ほど座っているだけ。しかもその患者達は他の医者を待っているそうなので勝手に診察室の中に入って待つことにしました(日本では有り得ないです)部屋の置くには古いエコーが置いてあります。海外の病院は初なのでなんだかワクワク。

隠し撮り

暫く待っていると勤務を終えた医者が来て彼女らと何やら話をしています。聞いてみるとお父さんの同僚だそうで顔見知りだった様。その後何人か出入りしてその内女医さんが入ってきました。先にゆかちゃんの診察があり、その後私の番へ。実はルーマニアでは風邪くらいでは病院にかからないしかかっても何も薬は出ないそうです。風邪薬は処方箋が無くても購入できるので病院に行くこともないそう。ただ抗生物質に関しては処方箋は必須なので必要ですが。なので日本の内科の様に風邪ひいた患者で待合室が一杯という事も無いようです。びっくりですがね。

まぁそういう事なので風邪では見てくれないので痒みだけ診てもらうことにしました。事情を説明し刺されたところもちらっと見せなにやら双子と話をしてカルテを埋めていきます。私には抗アレルギー薬、カルシウムの錠剤、塗り薬が処方されました。塗り薬くらいだったら薬局でも処方箋無しで購入できますが、せっかく保険に入ってきているのでやはり処方してもらえてよかったです。でもどうしてカルシウムを出されたのかは謎。

病院を出てすぐに薬局へ。一ヶ所目では抗アレルギー薬は取り扱っておらず中心部の薬局まで行きました。ここでついでに風邪薬も彼女らに選んでもらいます。ただし日本でいういわゆる総合感冒薬は無いらしく喉に効くトローチの様な物とシロップの咳に効く薬を購入しました。効いてくれるといいな。

お薬増えました
お薬増えました

もうかなりの空腹なので近くにあるルーマニア料理のレストランへ行くことにしました。私はチョルバデレグメという野菜スープと白いんげんとお肉料理を注文。スープが先に来て飲み終わるまでメーンが来なかったのでそれで胃が満腹になってしまい全部食べきれず。Boxに入れて持ち帰る事にしました。明日の列車内で食べよっと。

チョルバデレグメ
チョルバデレグメ

白いんげんとお肉
白いんげんとお肉

食後はルーマニアで有名な化粧品メーカーらしいGEROVITALを取り扱っているショップでヘアートリートメントを購入。東ロシアから傷みっぱなしのこの髪の毛。元気を取り戻せますように!!

香りがきつい

ただ、このトリートメント・・・香りがきついのが難点です。ドミでうかつにつけれない位。一体どうしたものやら。買い物が終わったらもう彼女達は空手の時間。トラム駅前でお別れしました。1日付き合ってくれてどうもありがとう!!

どうもありがとう
どうもありがとう

<移動>
・市内トラム・バス共通チケット・・・2回券/3.50Lei

<観光>
・フニャディ城/入れず
・ルーマニア正教会/無料

<宿>
Timisoara/ティミショアラ
・Nord・・・ツイン91Lei
 住所:General1.Dragalina 47
 Tel:0256497504
 URL:www.hotelnord.ro
 朝食なし、カード可能、wi-fiあり。

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。