とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらばロシア

2011/9/9

 今日は朝一のバスで国境の町、イワンゴロドへ向かいます。7:25発なので5時起きで6時にはチェックアウトをしてメトロ駅に向け歩き出しました。ОБВОДНЫЙ・КАНАЛ(アブヴォードニー・カナール)駅までメトロで移動しそこからバスターミナルまで10分程歩きます。7:25発イワンゴロド行きのチケットを250pで購入し外で待っているとすぐにやってきました。ここでもまた荷物代を請求、今度は50pに値上がっています。やはりヨーロッパ価格だわぁ。

国境の町イワンゴロドまで約2時間というのを誰かのブログで見ていたのですが、実際には3時間かかりました。もしかしたら国際バスはぶっ飛ばしですか?道が所々ぼこぼこしています。懐かしいなぁ、車での旅を思い出し、更には凄まじかったトイレ事情までフラッシュバックしました。

10:30にかなり寂れたバスターミナルに到着、小雨が降っていて寒いです。

都会から田舎へ
都会から田舎へ

移動で疲れたのもあり休憩がてらロシア本土最後のボルシーを食べるため近くのカフェに入りました。暖かいボルシー(50p)とパンを2枚(3p×2:普通は2pなのでちょっと高い)注文し味わいながらいただきました。

ラストボルシー

ここからイワンゴロド城まで1km程しかないとの事でカフェを出て歩くことに決め、丘から見えるイワンゴロド城を写真に納めていると車に乗っている男性が声をかけてきました。久々に「ドキュメント」の一言。うわぁ、最後の最後に警察ですかぁ。パスポートを渡すとメモしながら電話をかけて何やら話をしています。何で?とか暫く聞いていると少し和やかムードになってきました。事のついでに車を指差し「これで国境まで乗せていって」とゼスチャーを交えながら笑いながら言うと「Let's go」との事。わぁ、ありがとうございます!!ロシアでパトカーに乗せてもらうの何度目だろう。田舎の方の警官は話がわかりますね。ポリーツィア、ハラショーと言っておきました。

イワンゴロド城

イワンゴロド城に行きたかったのですが到着した先はやはり徒歩用のパスポートコントロールの目の前です。フェンスの先に車用レーンがあり、その先にフェンス先にイワンゴロド城が立っていました。

フェンスの向こう側

荷物を預けるところも無さそうだし、フェンスも長く続いているので中まで見れないのであればイワンゴロド城を近くで見るの・・・止めようか、と諦めムード。すると1人のロシア人のおじいさん(イルフさん)が話しかけてきて、とにかくロシア語でイワンゴロド城まで行きたい。けども中まで見れるの?と言うと知らないといいつつも世話を焼いてくれ周りの人に声をかけて聞いてくれたり荷物を置く場所について考えてくれたりしてくれました。まだエストニアに行かないよと言っていたのですが税関の建物内に連れて行かれました。そしてスタッフの女性に荷物を預かってもらうようお願いしてくれたのです。女性が快諾してくれたので税関内の事務所で怪しげなアジア人のバックパック2個預かってもらうことができました。もしかしたら中に爆発物でも入っているかもしれないのに・・・どうもありがとうございます、存分にイワンゴロド城を見学して参ります!!

ラップトップも置いて軽~くなった所でてくてく歩いて車両用レーンを越え細い道に入ったところでイルフさんとお別れ。どうもありがとうございます!!あなたがいなければ私達はとっくに諦めていました。

イルフさんありがとう

道を先へ先へ進むと城壁への階段にたどり着きました。大分古そうです。上っていくと入り口があり横にはイワンゴロド城と書いてあり1492年と書かれていました。納得です。

突入

城内に入るとすぐにカッサがあり学生証(運転免許証)を見せると100pが無料に。薦められたルートでまずは城壁に上り写真展示を見た後で1周ぐるっとまわりました。内部には2つ聖堂がありナルヴァ城も川を挟んで見ることが出来ます。もうエストニアが目前です。国境の橋を眺めるとロシア出国が現実ものとしてじわじわと実感できました。ロシアからまだ出たくない気持ちとナルヴァへの期待が交錯します。

中はこんな感じ
中はこんな感じ

国境の橋
国境の橋

ナルヴァ城
対岸のナルヴァ城

イワンゴロド城内の聖堂には入場不可で鍵が掛けられていました。相当古いので見学したかったのだけれども。探索も終了したので今度こそ出国です。もと来た道を戻り税関&パスポートコントロールへ。荷物を受け取り並びます。エストニアからロシアへ徒歩で買い物に来ている人が多く常に人が出入りしていますが日常の事の様でけっこうスムーズに進んでいます。自分の番が来たので挨拶してパスポートを差し出すと、それを持って隣のカウンターに行ったまま戻ってこなくなってしまいました。しばら~くまたされ、別のスタッフがやってきてパスポートを機械に通しやっとスタンプゲットです。本物のビザかどうか確認していたようです。本物ですよ~。ビジネス目的ではないですけどね。さて、ついにロシアから出国してしまいました。今度はエストニアに向けて国であって国でない橋を歩いて渡ります。

国境越え
国境越え

<移動>
・サンクトペテルブルク→イワンゴロド(バス)
 7:25発のバス250p、荷物代50p、約3時間で到着。

<観光>
・イワンゴロド城/大人100p、学生無料(運転免許証可)

<国境情報>
・徒歩で通過
・ロシア側(イワンゴロドより出国)・・・ビザが本物がしっかりチェック
 されました。特には問題なく出国。乗り物のパスポートコントロールの横に
 徒歩と自転車用があり、イワンゴロド城と反対側。
・エストニア(ナルヴァより入国)・・・シェンゲン条約によりビザは不要。
 でも3ヶ月以内に非シェンゲンに出国しなければなりません。
 なお6ヶ月以内でMax3ヶ月のみなので長期の場合は計算しながら移動が必要
 です。日本人がめったに通らない徒歩の国境なのかスムーズにはいかず。
 エストニアの保険がないと入国出来ないといわれたので、世界どこでも
 使用できる日本の保険を持っていると保険の紙を見せたところ入国許可が
 下りました。ゆかちゃんはオンラインの物でしたが結局は見せずとも通過。
 とにかく徒歩の方ではマイナーらしい。
 ちなみにバイカーのヒラメ氏はスムーズに入国したとの報告あり。
 入国前にあった看板によると町での制限速度は50km、町以外は90km可。
 24hライト要点灯。車両で入国の方は気をつけて。

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。