とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただいま、Москва

2011/9/4

 ただいま戻りました。こ数週間で3度目のモスクワです。
この列車、終着駅がモスクワではなかったらしくもう少しで降りそびれる所でした。危ない危ない。今回モスクワに戻ってきたのはセルゲイから荷物を受け取るためです。前回1日違いで荷物を受け取れなかったので必ず受け取らねば。というかもう残されたモスクワでの目的はそれのみです。

まずは宿探しですが、以前迷ってたどり着けなかったPanamasHostelにもう一度トライです。前回は地下鉄の出口は工事中でしたが今回は通過できました。地図と説明を確認しながら進むと・・・前回と同じ場所にたどり着きました。今回が前回と違うのは夜ではなく昼という事です。ピンク色の建物が日中なのでどれかすぐに判りました。近くを通ったおばちゃんに尋ねると入り口まで案内してもらえました。ラッキー。念願のこの宿に到着です。

入り口は開いていていたので勝手に中に入ると中に居た女性が日本語で話しかけてきました!!というか日本人バックパッカー発見です。名前をユナちゃんといい彼氏さんと世界一周旅行券で旅して4日目だそうです。ロシアは今日で出国だそうですが、なんとびっくりゆかちゃんと知り合いでした!!何この必然的な出会いは。本当に驚きです。ロシアにはたくさんのゲストハウスがありますが、何故にこの宿でって感じ。しかも数時間違えば会えてなかった訳だし。すごいわ!

彼女らを見送りさて、セルゲイと連絡を取らねばと考えていたところ美味しそうなラップチキンをいただきました。お腹すいていたんだよね、丁度。

ラップチキン

たらふくになったところでセルゲイから電話がありました。どうやら昨晩はずっと飲んでいて朝6時に帰ってきたそうです。なので今日は会えないから明日の朝にという事。できたら今日受け取りたかったんだけどなぁ。とにかく今から寝るとの事で夜再度電話をしてもらうようにお願いしました。

とにかく遅くても明日会えることになったのでチケットを取りに行きます。レニングラード駅出発なのでメトロでコモソーリスカヤまで行って無事チケットを取ってきました。夜中の便しかないとのことで出発は6日の深夜2時頃となります。ガイドブックには21時頃の丁度いい時間があったけども、もしかしてダイヤ変更になったのかもしれません。

帰りは宿のあるルビヤンカまでは戻らずにアホーヌイリャトという赤の広場周辺で降りました。というのも今日明日と赤の広場でモスクワの誕生祭がある事をユナちゃんの彼氏さんに聞いていたのでせっかくなので覗いてみることにしたのです。メトロの階段を上る時点で騒がしい声と歌声が聞こえてきました。もうすでに盛り上がり状態です。ってか寒いのにみんなアイス食べまくりだし。

人だかりが出来ています

そういえば赤の広場内にあるロブノエ・メストをまだ写真に収めてなかった事に気がつき向かいましたがなんとゲートがありポリーツィアが先へ行かないように立っています。重罪人の刑執行の場だったらしいのですがノーマークでした。先へ行っちゃダメ?とポリーツィアに聞くとダメだというのでじゃあ、撮って来てよ、お願い!!とずうずうしく言ってみるとOKしてくれ2人分のカメラを携え奥の方へ行ってくれました。待つこと1分、カメラを持って戻ってきましたがちゃんと撮れていました。ちゃんと「ハラショー、ラボータエト」と言っておきました。復唱して大笑いしてましたが。でもやっぱり自分で撮らなきゃつまらないですね。明日余裕があれば再度行ってきます。12時以降なら赤の広場に入場できるようなので。

警察にお願いして撮ってもらいました

今日はもうセルゲイから連絡がないと思い込んでいましたが、21時前に電話が入り今からルビヤンカメトロ駅付近まで来てくれるとの事。ラッキー。今日荷物が手に入れば一安心です。

ところが2時間経っても連絡は無し。たしか中心部から30~40分じゃなかったっけ?心配になってきたぞ。結局23時頃に電話があり「もうモスクワの中心部にいるよ。後1時間ほどしたら行くからTextで住所を送ってね」って、なんですと?電話先が賑わっていたのでおそらく誕生祭のイベント会場にいるんでしょう。まぁ彼女とデートなら仕方ないか。でも風邪薬を飲んでいるので頭がボーっとして眠たいのですが、後1時間待たなきゃいけないのでその間シャワーに入ってますわ。

シャワーからあがって洗濯物を干しているセルゲイが来てるというので半袖の寝巻きにスリッパという何ともいえない格好で外に出ることになりました。もちろん寒いのでレインコートは羽織りましたが。

お~っ、久々だねセルゲイ!!でも隣に居るのは彼女じゃないし!!もうびっくり君、もてるんだね。荷物が車の中にあるというので駐車してある所まで取りに行くことになりましたがこんなマヌケな格好でモスクワ中心部を歩くことになるとは思いもよりませんでした。人はたくさん歩いているけど夜中でまだよかった。でも無事荷物をゲットできたので言うことなしです。私もお願いしていた本が1冊あったので嬉しいです。どうもありがとう!!セルゲイと女性が夜の街に消えていったので、手に入れた中央ヨーロッパのガイドブックを読みつつロシア以降の国々への期待を高めながら眠りにつきました。

<宿>
Москва
・Panamas Hostel
 住所:Bolshoy Zlatoustinskyi Pereulok 3A/2 App.1
 Tel:007 916 326 53 03
 e-mail: panamashostel@gmail.com
 wi-fiあるもたまに不通となる。8人ドミ/400p

<Москва>
・メトロ2回券/56p(割引なし)

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。