とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

さまよい

2011/7/14

 さて、朝風呂でちょっとやらかしてしまいましたが、反省の後気を取り直して出発です。あれだけ洗濯物をしてしまったので雨にならないか不安でしたがとりあえず現時点では晴天。

昨晩モンゴル人ドライバーの男性にオルホン滝やトッフン遺跡への道のりを聞いていましたがメーン通りに出ずに行く近道を教えてもらいました。そのメモを頼りに進んでいきます。

メモ

ガーミンでは座標でトッフン遺跡の道のりが表示されず、大体の場所にまず進み道中で対向車を停めたりゲルの住人に聞いたりして修正していきました。しかし、どうにもこうにもトッフン遺跡とは縁が無いのか行き過ぎてしまったりして結局たどり着けず。温泉と滝の道中にあるはずなんだけど、おかしいなぁ。結局悪路移動とトッフン遺跡探しに約7時間も費やし、最終的に橋の手前で曲がることがわかったのですが時すでに遅し。

たどりつけない

ウランバートルでの待ち合わせもあるので時間がもうありません。急いでオルホン滝へ向かいます。距離的には近いのですが、道のあちこちに溶岩が突き出ています。少し目を離すと車底を擦ってしまうので本当にこの道は大変でした。いつ頃爆発したんだろうか?

私達の向かう先の空の色が嫌~な灰色の厚い雲に覆われていきます。やっぱりジンクスですか?遠くで稲妻も数回見え風にあおられた黄砂も舞い視界が全体的に悪くなってきました。お願いだからオルホン滝には雨は降らせないで欲しい!!時間をかけてここまで着たのだから。

到着した先はツーリストキャンプ地で観光客の車がたくさん停車していました。空色も悪い中テントも多々張っています。停車先を探している時にフロントガラスに大きな粒の雨が数個付着しました。これはまずい。ここまで来て雨なんて悲しすぎる!洗濯物たくさんしなきゃよかった・・・。とか思っていたらすぐに止んで風も収まりその内青空が次第に戻ってきました。わ~あんな厚い雲がかかっていたのに奇跡的!!

オルホン滝

オルホン滝は小規模ですがそれでもモンゴルではBiggestな滝なんです。世界遺産にも登録されているようです。水自体は茶色っぽいですが、雨の影響ではなくミネラルが多く含まれているそうです。滝を一通りいろんな角度で見た後は時間に追われつつハラホリン(カラコルム)へ向かいます。出来れば今日中に到着したいところなんだけども。

結局暗くなるのも早く、ハラホリンから60km程南にあったゲルの近くで休むことにしました。今日は本当に長い運転お疲れ様でした。早く眠って明日は午前中にハラホリン到着を目指しましょう。早く舗装道路に会いたい!!

ヤギの母子

<宿>
ハラホリンから約60km南
・ゲルの近くで車内泊

<道路>
・モンゴルはロシアをはるかに超える悪路です。
 私達はバンタイプなので飛び跳ねまくるだけかもしれません。
 ちなみに標識はほぼなし。モンゴルに入国してから片手の指の数も
 発見出来ていません。モンゴリアンもパッシングで対向車を止めて
 場所を聞いて周ったりしています。

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper