とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

偶然でなく必然

2011/7/5

 今朝は車内がポカポカしていて心地のよい目覚めでした。
昨日あれだけ寒かったのに今日は一遍晴天です。

今日はまずはХовд(ホブド)へ向かい時間が許せばХовдの東40kmにあるハルオス湖まで行ってみようかと思います。Ховдまでは210kmあります。目標は3時間くらいでしょうか。

早起きをしたので9時ちょっと前に出発。もちろんガーミンにナビゲートしてもらいます。ところが、アスファルトではなく最初から未舗装路。何か嫌な予感がしますけど。

念のために空気圧を抜いてから移動しましたが一向に舗装道路になるような気配がしません。Олгийからは2ルートあり、私たちは西のルートを進むことにしました。Улаангомからでは遠回りになるし今後その道を北上するので往復しないようにルートを考えました。

道中は道は悪いですが、本当に景色は最高!
湖も動物(牛、馬、マーモント、羊、ヤギ、ヤク)も山の広大さや多面性、全てにおいてです。写真で表現しきれないのが悲しいですが、ぜひ直接いってほしいものです。ただ普通車ではかなり厳しいと思います。

大自然

ヤク
ヤク

途中集落に入ってしまい子供達も興味がありありで近寄ってきました。素朴でいいですね。基本シャイですけど。

ちなみにホブトまでは大自然のトイレしかありません。
また、ガーミンの地図等ないと相当迷います。というのも何度も道が消えるのです。昨日に引き続きオフロード大会に出場しているんでしたっけ?といいたくなるくらい。結局数回川を渡りましたし(膝下くらい)、何度ジャンプしたことか。バナナが無くてよかった。

川越えチェック
川越えチェック

道がいくつも

わだちが酷すぎて私には到底運転はできません。
本当に過酷な道でした。りかちゃんどうもありがとう!
ただ、本当にすばらしい景色に感動です。あんなに表情がどんどん変わるとは。モンゴル最高です。

乗馬

まだ寒い

Ховдの町まで10kmを切った位で最後の山越えは終了で町が見えてきます。ゲルの数も一気に増えました。

町に着いたのはなんと19時ごろ。
210kmの距離を10時間もかけて移動してきたようです。
お腹も空きましたが、先にスーパーとバスハウス(シャワーを浴びれる施設)を探さなくては!大学のある町だそうで、若い子なら英語が通じるかも?と淡い期待を込めて何人にも話しかけましたが全く駄目。そのうちにモンゴル語しか話せない妊婦さんが詳細を理解してくれて連れていってくれました。

スーパーというよりは商店でパンとチョコを買い足し、バスハウスに関しては遠いので大体の方角だけ聞いてお別れしました。どうもありがとう。

レストランを探す為に別の女性2人に声を掛けると2箇所教えてもらいました。1方はお客さんがおらずスタッフもやる気なしです。なのでもう1方に移動。

こちらのほうは綺麗で賑わっています。
しかもメニューが写真つきなのでとてもありがたい!
食事を注文し席で待っていると欧州人3人が2階に上がってきて私たちの横のテーブルに着きました。

あれ??
私この中の1人見たことある!
ほらほら、なおちゃんが去年知り合ったバイカーの!!
ウェブサイトの写真でしか見たことないけどこの長身でこの顔はハンスしかいないでしょ!!

顔と身長ですぐにピンときてりかちゃんに話すと、モンゴルの道路のことでハンスに話しかけてくれました。するとハンスが「リカさん?」と言ったではないですか!!やっぱりハンスだ。

私達は一気にテンションがあがり興奮状態です。
こんな事ってあります?
会ったことのない旅行者が外国の地で繋がるなんて。

ハンスはなおちゃんから私達の旅の話を聞いていたそうです。
しかも私のブログまで見てくれていたそうでなお嬉しくなりました。もちろん日本語なので地名しかわからなかったそうですが。でも毎日のようにアップしておいてよかった。

ポールもなおちゃんのブログで顔を知っていましたが、オーストリア人のヨセフは初めてです。皆多数言語を操るので感服。私は日本語ですらたまにおかしいのに。

食事時間内では情報が交換しきれず、更にバスハウスも閉まっていたので宿のシャワーも使う為彼ら3人の部屋で暫くモンゴルのマップを見ながら話をしました。ついでに気になっていたレジストレーションの話を聞きましたがやはりロシア入国7日以内にしなければならないそうです!ということは再入国時も必須ということですね。

レジストレーションの為に高いホテルに泊まらなきゃいけなくなる・・・と凹み気味でしたが彼らがバルナウルのレジストレーションの出来る安い宿を教えてくれました。しかも座標付きなので確実にたどり着けます。よかった聞いておいて。

モンゴルの道路状況については道によっては判らないのでやはり実際に行ってみるしかなさそうです。

シャワーについてはホテルのフロントに料金を聞いてくれ1000pでOKをもらいました。でも結局1人目でシャワーが水に変わったとフロントの女性から説明され今日もシャワー無しに。残念。でもこのホテルの駐車場で泊まれることになったのでとても助かりました。どうもありがとう!!この運命的な出会いに感謝します。

ヨセフ、ハンス、ポールと

みんなで

<宿>
Ховд
・МЯНГАН УГАЛЗАТの駐車場
 座標N48°00.126'E091°37.877'
 シャワーは1000~1500Tg、遅い時間は水シャワーになるので注意。

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper