とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

トムスク観光

2011/6/30

 今日で6月も終わり。出発してからあっという間に感じます。この分だと1年が過ぎるのも早そう。今日はトムスク観光に行ってきました。

トムスクは学生の街なので若い子がたくさんいます。
ロシア内でも楽しい街の1つだそうです。
遊びどころがたくさんあるということでしょうか。
街はおしゃれな感じですが、やはり路上でコップを置いてじっとたたずんでいる人々をちょくちょく目にします。この時期はいいけど極寒の時期にはどうするんでしょう。

いつもながら街の中心にあるレーニン通りを基軸に観光開始です。
どこの街にも中心となる部分にレーニン通りとレーニン像がありロシア人のレーニンに対する敬意を伺うことができます。モスクワにはレーニンの遺体が置いてあり誰でも訪問することができます。私は以前通りましたが、大きな荷物を持っての立ち入りが不可能で預けるのも遠くあきらめました。今回の旅では訪れようと思います。私の薄い記憶によるとレーニンの家族は埋葬を希望していたのですが、スターリンが政治的に利用するために現在の形になってしまったんですね。レーニンの次の第一指導者がスターリンで無ければ、家族の望むように埋葬されていたのかもしれませんね。

レーニン通りには幾つもネットカフェがあり、ケーキのおいしそうな所を探しながら歩きます。一応目星だけつけておいて観光を先に済ませました。

素敵な観光名所としてはドラゴンハウスやクジャクの家、ロシア・ドイツの家などです。木彫りの細かな装飾だったり、建物の配色だったり日本では見ないものなので余計に素敵に感じます。

ドラゴンハウス
ドラゴンハウス

ロシアとドイツの家
ロシアとドイツの家

クジャクの家
クジャクの家

ある程度観光し終わって車に戻る途中に通り雨に遭いました。通り雨って行ってもロシアでは雷がついてきます。しかもかなり大きな音。ウラジオストクに到着してからちょくちょく雷に遭遇します。しばらく待って小雨になってから車に戻り雨が止んでから目星をつけていたネットカフェに移動。

ここでこの旅初のケーキです。
フルーツが食べたい気分だったのでフルーツケーキを選びましたがおいしかったです。久々のインスタントでないコーヒーも最高でした。普段節制しているのでたまにはいいものですね。

フルーツケーキ120p
フルーツケーキ

ネットカフェで困ったことに突然ネットが使えなくなりました。シグナルの強さは非常に強いになっているのにパケットが全くあがらないのです。送受信のバランスも偏っているし。他のお客さんも使用できないようで繋がらないってスタッフに伝えると英語が話せるお客さんが通訳してくれました。何故か判らないけどロシアではこれがノーマルだそうです。なのでいつ復旧するかも判らないとの事。結局USBモデムで接続することになってしまいました。悲しい。

そうそう、残金が少なくなってきたのでバンコマト(ATM)でおろしたら何と最悪な事に5000pが出てきました。ちなみに本日のバンコマトのリミットは7500pでした。正直5000pは使えません。一回の食事の合計が150~200pなのにどうやって5000pをくずせるカフェが見つかるでしょうか。念のためにカフェの清算時に出してみましたがおつりが無いということで断られてしまいました。

GSでそれぞれが順番で出していく以外なさそうなのです。実際バンコマトでおろした所の窓口でお願いしてみましたが断られましたし。銀行で駄目ならどこで替えればいいの?

試しにカフェから戻るときに見つけた銀行で聞いてみる事にしました。最初に入ったところは銀行と書いてあるのに中はバンコマトだけでどうやら電気屋さんのようです。フロントの女性に両替を知る限りのロシア語とゼスチャーを交えて尋ねてみるとなんと快諾してもらえました。1人までしかできないそうでゆかちゃんの分は他にまわった場所の2件目の銀行でOKしてもらう事ができました。1件目のお店ではレジを調べてくれましたがおつりがなかったので駄目でしたが頭から拒否されなかった事に対して感謝の気持ちを感じました。

このまま何事もなくトムスクを後にできると思ったのですが、トムスクの街をでる寸前に警察に止められてしまいました。しかも最初気がつかず先へ運転していたら猛スピードで追いかけてきます。スピード違反かな?と話をしていると真剣な顔をしたポリーツィアが2人おりてきました。何を聞かれてもロシア語だけは話さないでおこうと決めていたので、日本語か片言の英語を貫きました。どうやら、スピード違反というよりは、停めたのに無視して逃走したと思われたようです。通り過ぎるときに大きな声が聞こえたなぁと思ったのですが、私たちでしたか。

りかちゃん曰く罰金のようなゼスチャーを去れたようですが、意味がわからないという素振りをずっとしていたら諦めてくれたようです。また、ゆかちゃんが1人のポリーツィアを和やかムードにしてくれたおかげでもう1人にもその内笑顔が見られるようになりました。和やかになればその内開放されるのでそれまで大量に車内に入った頭虫やアブとの格闘です。最後に水筒の中身まで確認されましたが無事開放されました。停めたれたら停まるようにと念を押されましたが。罰金がなくてよかった~。ほッ。

トムスクからはM-53を南下しКемерово方面へ。モンゴルとの国境があるアルタイ共和国を目指します。ここではレギストラーツィア(滞在登録)を忘れないようにしなければ!もうポリーツィアは勘弁です。

今晩の宿はКемеровоより手前50km程でしょうか。トラックが数台停まっているのを見て決定。ガスティーニッツァではなくスタヤンカでもありませんがまぁトラックが停まっているので大丈夫でしょう。

入り口にはドライバーが3人いましたが内1人のセルゲイがとても親切でロシアの旗をくれたりサンクトペテルブルクのマップを見せどこがいいのか教えてくれたり、その内好きなアイスを買いなさいとおごってくれたり。どうして始めてあった正体不明の人間にこうもやさしく接せれるのでしょうか。セルゲイどうもありがとう!!

ぼろぼろのアイスだった

ぼろぼろですがおいしいブルーベリーアイスでした。
<悩み事>
・昨日から悩まされているのがいわゆる頭虫。
ここの地域に多いのかこの時期に多いのかわかりませんが、車から乗り降りする際の微妙なスペースからどんどん入り込んできます。もちろん観光中もついてきますし悩みの種です。でもまだ蚊でないだけましかも。

<宿>
Кемеровоから50km程北西
・Кафе ермак
 座標N55°26.309'E085°13.482'標高269m
 カフェの駐車場で車内泊
 ここの水は石油の臭いがするので注意。

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper