とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイカルデルタへ

2011/6/23

 昨日は東バイカル湖の見える場所でも一番北の村まで行ってきたので今日は南バイカルへ移動します。朝9時に出発をし来た道をТурунтаевоまで戻ります。前回ここでランチを摂った時にまた戻ってきてねと言われていたので今日はブランチで寄りました。相変わらず魚料理がないのが残念。ここで働くミーラという25才の子がいますが、年を聞かれ30才と答えるとかなりびっくりされました。幾つに見えたか聞いてみると17才とかって。ありえない発言です。よいしょですか?

東洋人は若く見られるといいますが相当無理があるなぁ。嬉しいとは言っておきましたがね。こっちからしたらミーラが若く見えたんだけど。そういえばDJにも年齢を告げるとびっくりされたっけ?う~ん。シワとかシミとかいっぱいあるよ。

遅い出発で13時にТурунтаевоを出発。渡し舟のある所までいかず手前でウランウデ行きの道に入ります。ここの道は良くも悪くもなくという感じです。ただ、常にガタガタします。渡し舟で行くほうがルート的には距離は短いのですが、同じ道を往復するよりも違う道を通ってみたいという理由から少し遠回りですがウラン・ウデに一度戻る形で移動することになりました。

1200mくらいの山を越えればあっという間にウラン・ウデに到着。バイカルから離れると一気に風が生ぬるくなり車内はムシムシしてしまいました。GSのマガジーンでバイカル湖の水を発見。せっかくなので買っておきました。でも普段飲んでいるお水より金額が安かったです。ちなみにロシアはガス入りの水も売られているのでしっかり確認してくださいね。

バイカルの水

ここからはM-55にそってイルクーツク方面へ移動です。
ただ、今日はバイカル湖のデルタにも寄ることにしたのでM-55沿いのСеленгинскで右折しデルタの方向へ進みます。穴のある道をマリオカートの様に避けながらたまに穴に落ちつつ先へ先へ。Шигаево辺りで道を1本バイカル側へ移動。途中停車して歩くともうデルタが目の前にありました。

曇りなのが残念ですが前日とは違うバイカルが見られてよかったです。ハラショー。

デルタ

一周する道の途中で牛の集団に会いました。軽く100匹はいたと思います。私たちは喜びましたが地元の人は牛の群れを縫いつつ車を進めていました。まぁ、いつも見てたらそんなもんですかね。

牛さん

夕食にはオームリというバイカルで取れる魚を食べました。久々の魚はフクースナ!上にチーズがのっかっていたので今度は違った料理法でいただきたいものです。

ここから先はもういつも通り宿探しです。暗くなる前に探さなきゃ。ロシアではこの時期22時頃までは明るいので移動がし易いです。移動途中にとても幻想的なバイカル湖が見れました。時間に限りがなければまだ居たかったけど暗くなってきたのでまた先へ移動します。

幻想的

結局Выдриноの町のカフェにトラックが集まっていたので即効で宿決定です。最近トラックを見ると嬉しくなってしまいます。それにしても、バイカー達を見ない・・・。まだ時期が早いのかな?

<燃料>
・ДТ/24.90p
 92/26.10p
 95/27.10p

<宿>
Выдрино
・кафе Сигира 
 トイレ有料10p
 座標N51°29.762'E104°13.841'
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。