とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

どたばた出発

2011/6/12

 朝、相当早く起きていそいそと出発準備をしました。
ガレージに預けていた車を取り出し、いざ感動のお別れのとき。

な~んて思うようにはいかないのです。この旅は。
なんと期待のガーミンナビの電源が入らなくなってしまっていたのです。全く反応がなく充電が壊れているのか、本体が壊れているのかわからず、とりあえずDJにもガーミンが直らないと、出発しちゃ駄目だって言われてしまいとりあえず暫く充電しつつ荷物整理をしながら待つことにしました。

2時間経っても3時間経っても電源は入らず、一同意気消沈気味。
荷物もたくさんありすぎて収集がつかないし、どうなるんだろうこれと思っていた矢先になんとガーミンが起きたのです!

どうやら電池残量が少なくなってからは丸々4時間ほど充電しないと使用できないらしいのです。ほっとやれやれですが、ガーミンを支えるキットだったり、替えの充電コードだったりロシア全土の地図が載っているАТЛАС(アトラス)を買いに行ったりでどんどん時間が経過していきます。

アトラス

DJとイーナは今日ナホートカ近くのビーチでバーベキューがあるのに本当に申し訳ない。結局彼らとは15時半くらいにお別れ。沈没気味だったせいか、もう1ヶ月以上ステイしている気になってしまい何だかイーナとハグすると悲しくなり無意識に大粒の涙が。まだここに居たかった。けど先に進まなきゃ。本当に最後の最後までフォローしてくれてどうもありがとう!!あなた達のおかげでロシアが好きになりました。

結局荷物がまとまって出発したのは16時半頃。ガーミンでのナビゲーターのもとウラジオストクを後にしようと出発しましたがDJに教わった道とは別の海沿いの超遠回りの道が出てきて市内を抜け出せず。1時間ぐらいさまよい、スタート地点に戻りようやくM-60へと続く道へと進むことができました。遅くなってようやくの出発です。市内を出るとすぐダートになっていて辺りは工事だらけ。後で判ったのですがAPECの為にダートがきれいに舗装されていっているようです。なので後1年半くらいで市内周辺の道は良くなりそうです。適当に作られるとすぐ穴ぼこだらけになるのでちゃんと良いものを作ってくださいね。本当に移動が大変なんだから。ちなみに本当にナビがないと迷いまくっていたと思います。標識が曖昧だったり無かったりするので旅の際にはぜひガーミンを連れていってくださいね。

ダート

後早速警察に追われました。対向車線にいたのに私と目が合ったような感じがしたあとミラーで見ていたらなんとUターンして追いかけて来るではないですか!!やばい!!早速賄賂攻撃か??止まるとニコニコした警官がやってきました。言葉を知らない振りしてましたがどうやら様子が違うようです。なんと、悪い人が多いから気をつけてというアドバイスと警察とメディカルの電話番号を書いてくれました。スパシーバ!

この時期は白夜なので夜10時ごろまで明るいのですが今日は曇りだったのでいつもより早く暗くなってきている気がします。早く今晩の泊まるスタヤンカ(有料の駐車場)を探さなくちゃ!!私はアトラスでロシア語の看板を見てナビゲートする役目でしたが、いいタイミングでウスリスクに到着する事に気がつきました。

というのも、鳥取からのフェリーでロシア語を教えてくれたエフゲニーが確かお家がウスリスクといってなかったっけ?電話番号を教えてもらっていたので早速コール、ちなみにロシアでは国際ナンバーは+7でも8でも一緒だそうです。最初間違えてかかりませんでしたが国番号を変えるとコネクト!すぐに彼が電話に出てくれました。今はオフで時間があるというので早速合流する事になりました。今夕DJ達と涙のお別れの後で寂しい思いがあったのでエフゲニーとの再開は相当うれしいものでもありました。スタヤンカを探していると伝えると、自分の家があるから来たら?と言ってもらえました。いいの??と確認すると自分は日本で日本人からよくしてもらっているからかまわないと2つ返事で快諾してもらいました。ウスリスクの中心地で写真をとってからいろいろレストランをまわった挙句に結局スーパーで夜食や朝ごはんを購入してからお家へ。ウスリスクは治安が良いらしく車もスタヤンカに預けずに電灯の下に置くことにしました。部屋のほぼ真下に車があるのでたまに問題ないか見ることもできます。

ウスリスク

部屋は8階ですがまだエレベーターが出来上がってなくて皆でヒーヒーいいながら重いバックパックを背負いスーパーの袋を持ち、あがっていきました。すっごく綺麗なアパートでここはロシア?という感じです。部屋もびっくりするほど広くてバスルームは部屋?と思うほどの大きさ。まだシャワーの水は通ってないとの事でゴージャスなバスタブには浸かれませんが(笑)。話を聞くとロシアでは箱だけ買って後は自由にカスタマイズしていく方式の様です。自分の自由に全て出来るのでこだわり派にはとてもいいシステムですね。夜中までガールズトークに巻き込んでしまってごめんね。泊めてくれて本当にどうもありがとう。話ができて嬉しかった。

どうもありがとう

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper