FC2ブログ

とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

B1・B2+Berufコース残り1ヶ月

ついに授業終了まで1ヶ月となりました。試験は授業終了から3日後なのでDTZの時のような待つストレスはなさそう。ただ今回は試験対策がまだ学校で行われておらず、少しあせる気持ちもあります。今後の方向性も決まっておらず迷走中で教会での結婚式も試験前に控えており、ダンス教室、パーティーの飾りつけ、席順、食事のメニューの決定、メニュー作りなどてんやわんや。嵐の真っ只中。さらになかなか受からない試験であることもわかっているので、試験合格への期待はあまりありません。合格できればいいなくらいで、だめならもう一度無料で授業が受けられるのでそのようにします。

逆に受かった場合はB2のAllgemeinの受講を考えています。B2+Berufが取れたのならばもう一度B2を受講する必要がないのではないかと思うでしょうが、B1・B2+Berufコースでは語彙がほぼ仕事に関することのみで、一般生活をおくる上では使用できないのです。たとえば、商品の発注だったり、発送、確認、割引、苦情対応など。B2Allgemeinでは一般的な語彙を習うようなので一般の生活で使用することができると思います。文法はB1までである程度習ったので、やはり語彙中心にはなりそうです。

C1も狙っているのですが、こちらはとりあえずB2を十分に習ってからでよいかな。B2・C1+BerufコースにするかC1Hochschuleにするかはまだ決めていませんが、将来大学で勉強することも含めればC1Hochschuleのほうがよさそうです。ただBerufコースでなければ1000ユーロの自腹となるので痛い所。日本でもっと貯金しておけばよかったと後悔する日々笑。まあどうにかなるでしょう。

試験のことですが、筆記、口述がキーとなるようです。口述はほかの生徒から聞くと試験官が多少助けてくれることもあるそうで、パスしやすいらしい。ただTeil1では2-3枚の職業の写真を渡されその中から1つ選び、2分ほどその職業についてどのような活動を行っているか、なぜその写真を選んだのかなど答えなければなりません。Teil2では、プレゼンテーション。テーマが2つありそれから1つを選び2分半ほどかけてプレゼンします。パートナーはそれを聞き最後に質問することになります。いじめ問題について出ることもあるそうです。こちらについては試験前にプレゼン準備時間が与えられるようですがパートナーとの会話は禁止です。Teil3はDTZの時のように与えられたテーマにそってパートナーと会話をします。DTZから比べると一気にレベルが上がりますね。

筆記については2通のE-Mailを45分でテーマにそって書くというものです。時間が短いので、さっと読んですぐに書かなければ間に合いません。ただ次数制限がないので短くても要点がまとまっていれば大丈夫なようです。

読解については穴埋め問題があり、それが結構やっかいで私は練習問題で平均40%しか解けません。これは本当に対策しないといけないのですがどうやっていいのかわかりません。ニュースや小説など文章をもっと読むべきなのでしょう。

リスニングに関しては長い会話がありそれを聞きながら6問程答えていく魔のTeilがあります。早めに文章を読んで理解しておくということが重要です。やはり日本のニュースばかり読まずにドイツのニュ-スを読んだり聞いたりしなければいけません。あと1ヶ月がんばるぞ!
スポンサーサイト

テーマ:ドイツ生活 - ジャンル:海外情報

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper