FC2ブログ

とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

ドイツ語B1・B2+Beruf 試験まであと2ヶ月

B1・B2+Berufが始まってからすでに2ヶ月が経とうとしています。試験までもう休みはないのであと残りは気力でがんばるしかありません。新たな文法はほぼないのですが、語彙がB1と比べるととっても豊富で頭に入りきりません。しかもBerufなので、商品の注文だったりメッセの参加だったり一般のB2とやはり内容が違っていると思います。Ein unverbindliches Angebot unterbreiten/ vorlegenとかeinen Rabatt gewährenとか、動詞もB2にあわせてレベルアップさせなければいけません。gebenとかbekommenとかもう過去の話です。なきそう。

ちなみに私の言行っているコースは授業が毎日あるインテンシヴコースなのですが、1度目で合格できる子はほんの一握りだそう。私たちのクラスの子1人が今回2度目のチャレンジなのですが前回のコースでは15人中1人しか合格できなかったそう。しかもぎりぎりの得点で。しかもその子は2度目のチャレンジだったそう。学校のシェフィン(女性のチーフ)に言われたのはどのインテンシヴコースでも毎回2-3人しか合格できないそうです。これを聞くともう笑うしかない。

だけどクラスの子1人が言っていたのはその子にとっては試験結果よりも日常生活で会話できることのほうが重要だと言っていたこと。私は試験結果だけにとらわれていたので、そのような考え方もあるのかと驚きました。まあだけどB2に合格すると今後看護師の資格を認めてもらうための書類を発送したりと前進できるのでやはり結果がついてきてくれたほうがうれしいのですが。人それぞれということですね。

クラスは先月末から非常事態で、突然今までいた先生が給料の不満から辞任するわ、新たに来た先生は2人(1人は月から水、もう1人は木金)で前者が暴走。テキスト使う必要ないとか自分の理論をまくしたて私たちの話す機会がなく、さらにはあなたたちのレベルはA2だとまで言われ。。。これではモチベーションが下がるし、試験対策もさっぱり、数回直接この先生と話合ったのですがとりあってもらえず、シェフィンにE-Mailを送りさらには生徒全員で直談判をしました。その時に怒りで送信したメールがこちら。

Betreff: Unsere neue Lehrerin Frau (ここに問題の先生の名前)
Sehr geehrte Frau (ここにシェフィンの名前),

mit Freude haben wir bei der (学校の名前と場所) den B2-Beruf-Kurs besucht. Leider sind wir derzeit wegen der neuen Lehrerin Frau (問題の先生の名前) UNZUFRIEDEN. Wir würden gerne dafür eine andere Lehrerin/ einen anderen Lehrer erhalten oder die Arbeitszeit Frau (もう1人の先生) verlängern, anstatt nur zwei Tage zu lehren.

1. Frau (問題の先生の名前) spricht ständig und wir haben keine Chance zu reden.

1) Sie verwendete 40 Minuten für nur ein Wort "ausüben"
2) Eine Hausaufgabe konnte ich (私の名前) nur zwei Minuten zeigen und dann sprach sie ungefähr 45 minuten über meine Hausaufgabe. Andere Mitschülerinnen mussten sie unterbrechen.


2. Sie möchte kein Buch verwenden.

1) Wie wichtig das Buch "telc Einfach besser!" ist. Die Grammatik und der Wortschatz sind sehr wichtig für die Prüfungsvorbereitung. Sie sagte, warum brauchen wir das Buch? Wenn wir das Buch verwenden würden, würden wir das Jahr brauchen! Aber wir glauben, dass das Buch uns bei der Prüfung hilft. Das Buch zeigt uns unseren Weg, aber wir verloren zurzeit unseren Weg.
2) Wir verhandelten zweimal mit Frau Beitler über das Buch und als Ergebnis versuchte sie mit dem Buch zu arbeiten, trotzdem war sie unzufrieden. Jedoch hörte sie mit einer Lektion so schnell wie möglich auf, ohne genug Erklärungen.


3. Sie gibt falsche Informationen.

1) Über Genitiv sagte sie: "Wir brauchen kein Genitiv. Wir können Dativ verwenden, anstatt Genitiv zu benutzen." Deswegen zeigte sie kein Genitiv, trotzdem mochten einige Mitschülerinnen die Grammatik lernen. In der Deutschen Sprache brauchen wir ab und zu Genitiv und natürlich in der Prüfung.
2) Über Deklination der Adjektive ohne Artikel sagte sie "Das ist gleich von Deklination der Adjektive mit dem unbestimmten Artikel". Bei Deutsch A2-Kurs lernten wir das schon, aber Wiederholung macht den Meister. Und die Information ist deutlich falsch, nicht gleich.


4. Sie weiß nicht, was genau B2 Beruf- Prüfung ist.

Wenn man das Ziel nicht weiß, wie kann man das schaffen?

Wir sprachen schon zwei Mal mit ihr aber leider erfolglos. Sie hat natürlich auch Vorteile, dass sie nett ist und motiviert ist. Aber sie ist nicht die richtige Person für uns. Wir verbringen unsere Zeit, das Benzin und der Parkplatz. Wir bauen Stress auf und haben Angst vor der Prüfung.

Wir würden gerne mit Freude bei Ihnen lernen und die Prüfung bestehen. Wahrscheinlich ist es schon eine schwierige Aufgabe, aber wir bitten darum, das Problem zu lösen. Vielen dank für Ihr Verständnis und Ihre Mühe.

Über eine Einladung zum persönlichen Gespräch oder über Eine Rückmeldung würden wir uns sehr freuen.

Mit Freundlichen Grüßen

(私の名前とほかの生徒の名前)

要は新たな先生では不満があり私たちの先生に適しているとは思えないという内容で、またその詳細を書いてあります。発信した翌日にシェフィンを含め皆で話し合いこの先生の試験期間を設けたのが今週の頭でした。

予想以上に改善されたのでこれからも私たちを教えることになったのですが、昨日になり、もう1人の先生から、これから週2日から3日になりました、と報告がありました。確かに月から金の暴走先生は改善されたにしろ相変わらずおしゃべり好きで授業の準備をほとんどしてこないので、それが2日となったのはよいことです。すべてが悪いかといわれればそうではなく、例えばダイアログに関してはいろいろなパターンで教えてくれるので助かっています、ですが2日が適切かなと。

試験対策は今のところまだできていないのですが、学校だけにたよらず家でもできる範囲で対策するしかありません。ただ4月から雷雨は多いですが気温が高めできているので、庭でガーデニングするのに時間をけっこう費やしています。また結婚式の準備(ワルツの練習など)などもあり、ドイツ語だけにかける時間はないのですが、それでも家ではドイツ語のみで話す努力をしているので、何もしないよりはいいかなと思っています。

ただ勉強ストレスからか、夜になると日本のネットニュースをよみあさるようになってしまいました。ドイツ語のニュースを読み理解するのはまだ不十分のレベルなので、というのは言い訳でなんとなくの内容はわかるはず。それをしないのはただの怠慢ですが、いつもドイツ語だと頭がおかしくなりそう!!夫の友人達が家によく来るのですが、私はたいてい夜になるともう「これ以上ドイツ語無理!!」っていって途中で退散します。ネイティブ同士の話にはとうていついていけず、すごく集中しないと理解しにくいので脳が一気につかれるのです。

少しずつですが、息抜きしながらやっていきます。
スポンサーサイト

テーマ:ドイツ生活 - ジャンル:海外情報

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper