FC2ブログ

とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

ドイツ語B1・B2+Beruf 再度開始

B1・B2+Berufコースを1日で嫌になり、同じ学校でも同じB1・B2+Berufコースでも町をを変更するだけでAgentur für ArbeitからのBerechtigungusschein für Wiederholerが必要といわれ直接Agentur für Arbeitに行ったのですが予約が必要といわれ待つこと2日、郵送でBerechtigungusscheinが送られてきました。しかもなぜだかfür Wiederholerではなく、前回同様のただのBerechtigungusschein。実はこれすごく重要で仕事用のB1・B2+Berufコースは国が支払ってくれるのですが2度までなのです。その2回目挑戦の紙がBerechtigungusschein für Wiederholerなのでこれをもらってしまうと次からは授業料自腹で払わなければなりません。ちなみにですがC1は最初から自腹となります。

私の行くコースは400時間で828ユーロするので助かります。もし1度試験に落ちても希望すればもう一度最初から無料で授業を受けることができるので助かります。ただ、あと少しであれば試験だけを受けるという手もありますが、その場合は自腹で払わなければいけないのかはわかりません。DTZは合格しましたが、B1・B2+Berufは一気に難しくなると聞いているので中だるみしないようにこつこつ勉強しなければいけませんし、夫が友人達に会う際にもっと便乗してドイツ人と積極的にコミュニケーションを図らなければいけません。

頭では重々わかっているのですが結構億劫で2回に1度は断ってしまっています。出だしはいいのですが、深い話になるとまったくわかりません。方言が強い地域なのですが、それだけが問題なのではなく、ただ単に自分の知る単語などに大きな制限があるのが理由です。なんとなくこうかなと思って答えると質問がまったく違ってたなんてざらです。B1レベルが取れると働く子も増えますが、よく働けるなと感心しています。私はC1まで働けないかもと自信を失っています。テストでどんなによい点で合格してもそれを生活行で使えなければまったく意味がありません。もっと積極的にならなければ。

新たなB1・B2+Berufコースは自分を含め10人なので発言のチャンスが多いことがよいです。また先生はラトビア人ですがとても早く話すので集中しなければなりませんが、試験対策にはとてもよいです。まだ先週から始まったばかりなのでなんともいえませんが8月の試験に向けてエンジンをかけていきます。
スポンサーサイト

テーマ:ドイツ生活 - ジャンル:海外情報

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper