FC2ブログ

とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

Ein Einstufungstest ドイツ語レベル試験を受けました

昨日ドイツ語B2受講可能にする為に必要なドイツ語レベル試験を受けてきました。ジョブセンターにB2コースを支払ってもらうには、ジョブセンターからの紙が必要なのですが、これには私がB1の十分な知識がないとだめなのです。3月にDTZ(B1レベル)の試験がありますが、日本に4月に帰国したり、試験結果自体もおそらくイースター休暇で遅れるでしょうからその代わりに語学学校に私のレベルを判定してもらい、その結果をジョブセンターに提出すればいいのです。

14.00時に始まって40分の間にリーディングとライティングを終わらせなければいけませんでしたがそこまで難しく感じませんでした。ライティングは、新聞でアパートのよい情報を見つけたので、レターを書くというもの。B1レベルですので80単語以上で書きました。もちろん4つのキーワードも入れてあります。今DTZ対策を学校でしているのでとても助かりました。

スピーキングが私の番になったのはなんと17.00時!!夫はイライラ、つまらないとぶつくさいっていましたが私はお構いなし。DTZとは違い1人でこなさなければいけません。担当の女性と一対一です。15分かかりました。最初は自己紹介から始まりTeil2では、ひとつの職業を選びそれに対しどのようなアルバイト時間か、給料、どのような業務をこなすのかなど説明しなければいけません。冷や汗ものでグラマティックな間違いをけっこうしてしまったなと思います。

Teil3はドイツのAusbildungs System(教育システム)について日本と比較しなければいけませんでした。語学学校で習ったことを思い出しながら説明しましたが、日本のシステムをどう説明していいのかわからず困りました。ドイツではEin Duo Ausbildungs Systemがあり、基本的に週の3日は職場で、週の2日は職業学校に通わなければなりません。看護師もそうですが、基本的には3年間かかります。スーパーなどでのスタッフも3年間のVerkäufer/inのAusbildungを受けています。教育なしでは助手という形で働くことになります。

スピーキングは難しかったのですが、DTZの試験対策にもなったので経験としてはよかったです。明日電話で結果発表らしいです。思っていたよりもちゃんとしていた試験だったのでなんともいえませんが、だめならだめでDTZで結果を残すまでです。それにしても疲れました。
スポンサーサイト

テーマ:ドイツ生活 - ジャンル:海外情報

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper