FC2ブログ

とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

突然学校が始まった

 どうも私の行く予定の語学学校は適当さ半端ないようです。
そもそも学生ビザに必要な集中コースで予約したのにふたを開けてみれば集中コースではない夜間コース。次に連絡もなく入学の日が2週間おくれたこと。そしてそのような連絡レターをあらかじめ送ったとうそをつかれたこと。これ以上トラブルがないことを祈りながら初日を迎えました。

電話した際に学校は9時からはじまりますが初日で手続きがあるので8:30にくるように言われていたので間に合うように駅に車を止めて2.40ユーロ支払い一日券を購入しました。時間調度くらいについてレセプションの女性に話しかけたのですが担当の教師が来るまで待っていなさいといわれました。初日なので早く来るように言われたことを伝えたのですがその女性は何もないとつっけんどん。時間まですでに来ていたフィリピン人の生徒とはなしながら待ちました。彼女はB1に今日から参加するそうです。

時間になり担当の教師がきたのですが教科書持ってないの?といわれ待ってもらってレセプションで買うことになりました。30分もあったのだから先に教えてくれてもよかったのに、とレセプションにはいいイメージなし。A2にあわせてA1のテキストも購入しました。2冊セットで30ユーロずつです。

そのあとでA2で自己紹介から始まりすぐ授業開始になったのですが、まったくついていけず。出だしから現在完了形ですよ。過去形もまだ知らないのに。教師の質問さえ理解できずゼスチャーで返すしかできませんでした。なさけない。自己紹介と~はどこ?がわかればA1なんてうそじゃん。

これでは到底ついていけないし心が折れてしまうと判断し休憩中にレセプションに行き事情を説明。最初はあまり相手にしてもらえませんでしたが住んでいるところの近くに語学学校がなくここしかないこと、またA1からはじめたいことを伝えるとそれならすでに10日ほどすぐてしまったけど、A1をやっているところが私の住んでいる村のすぐ隣の町にあるというのです。でもそれって以前パートナーが電話で確認してくれた時に難民専用で私は参加できないとここのスタッフに言われたのですが・・・。本当に情報が交錯していて本当にここはドイツかといままで思い描いていたドイツのイメージはここ数週間で完全に崩れ去りました。

ただ、隣町になったことでA1から始められるし通学に時間がかからなくなったので本当に助かります。しかも隣町のところはパートナーの親友宅の目の前。その建物には大きめの駐車場もあり4時間まで無料で駐車できるのでいいことづくしです。料金はすでにB1まで支払ってあるのですが同じ組織なのでそのまま支払いなくB1まで授業がうけられます。B2からはまたここに戻ってこなくてはいけないそうです。でもA1とA2でそれぞれ2ヶ月ずつB1で4ヶ月なので計8ヶ月は隣町に通うことができるので本当によかったです。個人的にはB2までやりきる気持ちでいます。

この直後に学校の代表の男性に学生ビザ用の書類を書いてもらったのですが、このあとの授業中に日付の間違いに気がつきまたもや直してもらう羽目になりました。たくさんの生徒を扱っているので大変なのでしょうが、書類はしっかりしてもらいたいです。

翌日に運転免許証抜粋証明書を取りにミュンヘンまで行かなければいけないので隣町の語学学校に通い始めるのは明後日からになります。よい環境でありますように。
スポンサーサイト

テーマ:ドイツ生活 - ジャンル:海外情報

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper