とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よくわからん

 2016年度の放送大学の2学期の科目を選ぶ期間が近づいてきました。前回は間違って一教科しか選択しなかったというミスを起こしてしまったので今回は慎重にいきます。

どちらか1つの学士であれば簡単なのですが、教養学士の必要単位を放送大学でとりながら看護師の学士に必要な単位もとっていかなければいけないので頭が爆発しそう。パンフレットを何度読んでも私の頭では理解しきれずお盆の真っただ中に放送大学に電話して尋ねる事になりました。しっかり理解しておかないと単位を取りすぎて出費も時間も費やすことになるのでベースだけでもちゃんと理解しておくことが必要です。

まずは夏期集中コースの看護系はコース科目にはなりますが、自コースではなく他コース扱いとの事。ただ現在の放送大学の教養学士の条件と学位授与機構を通しての看護の学士に関しては自コース、他コースでの制限はないようなのでどちらを選んでも問題はなりとの事です。この夏期コースに関しては放送大学を利用して看護師の資格を取る方々が取得する科目という事に気づき無駄になるのではと気になっていましたが大丈夫でした。復習になって結果とってよかったです。

放送大学教養学士の単位修得に関しては履修成績表の表を埋めていけばいいだけらしい。ちなみにこの学士も年々条件が変わっているので過去に書いた人のブログはもう参考にならないので気をつけてください。例えば過去には外国語は6単位とらなければいけなかったらしいのですが、現在は2単位でいいのです。

私は2年制の看護専門学校卒で放送大学の3年次に編入しています。過去にとった63単位のうち62単位(基礎科目14単位、外国語0、導入科目、自コース開設34単位、専門科目、他コース開設14単位から成る)を放送大学入学の際に認められています。卒業には計124単位が必要なので残りの62単位を2年でとっていく形になります。

2016年の第一区分者の条件が、①外国語2単位以上、②コース科目34単位以上(科目にしばりなく導入、専門、総合どれでも可)、③所属コース外から4単位以上(私は生活と福祉なのでそれ以外のコースで看護、医学、保健学、社会福祉学、医療情報科学等に当てはまらない科目、例:外国語、文学など)④放送授業と面接授業を授業形態にかかる要件の表を埋めるようにとっていく事。

最低限この①から④をクリアし、単位数さえカバーすれば教養の学士はとれます。

次にですが、学位授与機構を通しての看護学士取得の条件です。

①外国語1単位以上、②専攻の区分ごとの習得単位の審査の基準を満たす、③専門学校も含む単位で専門科目と関連科目が合計62単位上、④そのうち31単位は専門学校を等を卒業した後に専門科目の単位を含める(専門科目、関連科目)という事になっています。抜けていましたが、もう一つ重要なのが、専門科目以外の単位の取得が専門学校のものと合わせて24単位以上になるように取らなければいけません。

②の専攻の区分ごとの習得単位の審査の基準を満たすと④の専攻に関わるものとは一体!!と思われる方は2016年度の「新しい学士への途」のH28年版のPDFが検索すると出てくるのでそこの72ページ看護学に書かれている習得すべき専門科目と関連科目の単位(62単位以上)を見てください。

1学期の終わりにようやく理解できました。放送大学の方いわく、何をどのようにとっていいかというアドバイスは公平性を保つためにもつっこんではアドバイスできない決まりだそうです。なのでそれでも分からなければ学習センターにある看護学士の為のCD(DVDだったかも)を聞くようにと言われました。

15日から月末までの半月で申請しなければいけないのでまず私が最初に行ったのは単位認定試験時間割をみること。一応パート扱いと言えど社会保険に入りフルタイム状態かつ派遣を時々入れているので試験日数は出来るだけ抑えたいのです。ただ夏期集中コースのように6科目を一日でこなしていくのはしんどいので数日に分けることにしました。

教科によって難易度があり、しかも試験当日に資料持ち込み可能というものがあるので今回は受ける科目の内幾つかは資料持ち込み可能の物を選ぶ事にしました。そうする事で多めに科目選択しても資料なしの物に特に集中できるので単位を落とすリスクはすくないのではないかと考えました。また科目の横に何年度と書かれているのですが、大分古くなると新たに更新されてしまいそれに伴いテストの内容も変更になる可能性もあるので極力古めの(’11)とか変更になる前に取る事にしました。

難易度に関しては過去の試験の平均点が科目案内に書かれているのでそれを参考にしてください。

今回は放送授業8科目(内資料持ち込み可は3科目、コース科目では平均点が75点以上、コース外で初挑戦のドイツ語は平均点65点なので難しそうですが、プライベートティーチャーにすがります)

面接授業は1科目につき8時限あり2日ないし4日にわけて授業があります。4時限連続になると朝からゆうがたまでになるので休みの希望を入れなくてはいけませんが細かに4回行くのも大変です。しかも面接授業に関しては定員が決められているので受かると思って希望をだしたら落ちてしまったという事もありうるのでリスク回避して10月の面接授業はさけて11月以降の物だけにしました。3科目の予定ですが、人気のある物は抽選になるので落ちる可能性もあります。

また、科目によっては高い教科書を購入しなければいけないのもありプリントを講師が配ってくれるものを選ぶのもありです。ちなみに前回購入した教科書に関してはオークションですでに売りました。夏期集中コースのも無事に売れると良いのですが。

面接授業は追加登録と言うのがあり、受かった方が支払いを期日までにしなければ、もう一度チャンスが回って来るのです。前回面接授業を3科目受けていますが毎度40人の内、5から10人は欠席していました。受けたくても落ちる人もいるのにとつい思ってしまいます。

スポンサーサイト

テーマ:通信教育・通信講座 - ジャンル:学校・教育

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。