とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Snoopy Island/スヌーピー島

 今日がこの旅最終日になります。日々楽しかったので本当に早かった。最終日はスヌーピー島楽しみますよ。

チェックアウトして向かったのはスヌーピー島前に陣取っているSandy beach hotel and resort。どうやらここから島にいけるらしい。ホテル前に車を停めて尋ねるとここであっているそう。そのままツアー受付みたいなデスクに行きそこで値段を尋ねました。なんとお一人様3,500円位!!でも最終日だしスヌーピー島でのんびりできるのならと入場する事にしました。

ところが料金を払ってリストバンドをして先に進むように言われてビーチにいったのですが、あれ?いつ島にいけるの?と疑問になりスタッフに聞くとボートに乗りたいなら別料金、これはビーチ利用料だと言われました。なんですと!!

結構心が折れそうになりながらもビーチに出ると、スヌーピー島が目の前にどどんとありました。よくみると結構遠浅に見えます。これはもしかしたら泳げない私でもどうにかいけるのでは??まずはパラソル下のシートを確保し少しのんびり。そこでふと携帯を取ろうと思ったのですが、ない。

携帯がない!!

焦りましたがよく考えるとホテルに置いてきた可能性大。幸いにもホテルは車で数分の距離なのでとって来るとパトリックに伝えると一緒に行くよとついてきてくれることになりました。ありがとう、こんなおっちょこちょいで申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ツアーデスクに声をかけるとリストバンドをとらなければ大丈夫らしい。車でホテルに向い早速今日チェックアウトしたフロントに声をかけるとスタッフが見てきてくれるらしい。待ち時間は不安でしたがここのスタッフは良心的そうな感じだったので見つかりそうな気も、だけども無かったらどうしようとか思っていたのですが、数分後にエレベーターから現れた男性スタッフの手には私の携帯がありました。どうやらブランケットの下にあったらしい。感謝の気持ちを伝えてホテルを後にしました。

ビーチに戻る前にスナックを買い足し。小腹がすいていたのでちょうどよかったよと話しながら戻りました。

RIMG2768_convert_20160425212623.jpg

小腹を満たしてから早速海に入りましたが水が冷たい!!
きれいなので魚が私の足周辺を泳いでるのがはっきり見えます。ゆっくり島に向かって進んでいきますが島周辺まで行くとウ二だらけ。念のためにサンダルをはいてますがウニは踏むとサンダルも突き刺すので気をつけて歩きます。

RIMG2778_convert_20160425212646.jpg

島に辿り着きましたが、島自体はとても小さくビーチもないのでのんびり滞在は出来ない感じです。日陰すらない。結局すぐ引き返してパラソルの下でのんびりすることにしました。パトリックは泳げるので一人泳ぎに行ってました。

RIMG2779_convert_20160425212711.jpg

RIMG2783_convert_20160425212742.jpg

十分満喫してから水シャワーを浴びて車に戻ります。途中カフェでコーヒーを飲んでからDubaiに戻ることにしたのですが、こちらの文化なのか地元の?女性ドライバーがクラクションを何度も鳴らしていてうるさい。みな迷惑そうな顔で見ていたのですが、そうすると店員が出てきて注文を取っています。その後にまたしばらくするとクラクションを鳴らすとコーヒー?を持った店員が女性に届けていました。私達はテラスにいたのですが、彼女の方があとに来たのに私達のコーヒーが一向に来ません。しびれをきらして聞きに行ってもらったのですが、すっかり忘れていたらしい。

コーヒーを飲んでから再出発です。今日20:00までに空港に車を届ければいいのですがせっかくなのでスーク巡りをしたいという話になり早めに返すことになりました。渋滞にはまったのもあり空港に到着したのは18:00位。車のマットを焦がしたので心配でしたが特に何も言われずホッとしました。

空港で荷物を預けてからメトロに乗ってスパイススークへ。せっかくなのでボートに乗って対岸まで行きましたが夜に乗ると波が輝いてみえてきれいです。スーク近くのインド料理屋で最後の晩餐を頂きそれからスークに足を踏み入れたのですが、やはり高いですね。オマーンのスーパーで買えるだけ買っておいてよかった。雰囲気だけ楽しんで偶然通りかかったスーパーでスパイスを購入してもう一か所のスークに行きました。こちらはもっとお土産物屋がたくさんあって交渉もしましたが特に何も購入しませんでした。ですが川沿いのカフェで最後にアボカドジュースをいただきました。やっぱりおいしい。幸せな気分になりますね。

私達のフライトは深夜ですが私が2:00くらいでパトリックがその1時間後。無料シャワーがあるというので期待していったのですが、時間的に遅くなり浴びれずあきらめることにしました。幸いにもゲートが近かったのでお見送りしてもらいましたが本当にあっと言う間に時間が過ぎてしまいました。楽しい時間を共有できてよかったです。私の旅はまだ終わらず明日はモスクワ半日滞在です。久々の赤の広場が楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。