とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jabel Akhdar and Wadi Ghul

 今日が最後のキャンプですがまだ場所は決めていません。夕方になる前に見つけたいものです。テントの一部が折れて仮補強はしてあるのですが、いつまでもつかわかりません。ドイツに戻ったらキットで直すそうです。

ホテルで軽く朝食を食べて出発しました。ここから今日の目的であるJabel Akhdarは近いので時間はかからなさそうです。ただ実際に運転してそれは間違いだと気が付きました。というのもここは山、道がアップ&ダウンでしかもくねくね。時間かかります。ナビをAl Hamraにセットして50kmちょいの距離を数時間かけて移動しました。山に行くといっても私達はトレッキングの時間はないので車で行ける範囲だけみてUAEに向けて移動する予定です。

RIMG2684_convert_20160424224559.jpg

RIMG2688_convert_20160424224627.jpg

RIMG2691_convert_20160424224648.jpg

RIMG2700_convert_20160424224716.jpg

RIMG2707_convert_20160424224746.jpg

Al HamraからはWadi Ghulの看板目指してさらに運転ですがここからはダートでたったの5km~10Kmですがとても時間がかかりました。普通車でもいけますが四駆の方が明らかに早いと思われます。ツーリスト用のリゾートホテルが2軒ほどありそのうちの1つの横辺りで表示があったので停まりました。いくつか車が停車してあったのでおそらくビューポイント。

私達の車では厳しいので歩くことにしました。200m程ゆるい坂道を登るとそこは一面ただっぴろい大地が広がっていました。ここは海抜2,000mのThe Saiq Plateauです。とても不思議な雰囲気の平たい空間で異世界にいるような気分になります。日差しが強くただ立っているだけで暑い。少し木が生えていたり花が咲いていたりします。ヤギも相変わらずそこらへんにうろうろしています。

RIMG2709_convert_20160424224847.jpg

RIMG2710_convert_20160424224910.jpg

RIMG2717_convert_20160424224934.jpg

RIMG2719_convert_20160424224956.jpg

すでに時刻は11:30位だったのでここでお昼を摂る事にしました。車から近いところに奥行きのあるちょっとした岩からできた空間があったのでそこでガスクッカーで昨日使わなかった食材を使ってオムレツにしました。もちろん食後はコーヒーです。食べ物のにおいで人に慣れたヤギが近寄ってきました。ナンが余っていたので差し出すと恐れもせず私達の手から食べてくれます。出すがにBabyはまだ警戒心が強くこちらが寄るだけで逃げて行きました。

RIMG2723_convert_20160424225019.jpg

RIMG2726_convert_20160424225048.jpg

RIMG2739_convert_20160424225114.jpg

RIMG2732_convert_20160424225350.jpg

1時間くらい休憩の後に再出発です。ここから先にもまだ道があり車が何台か停まっていたので少しだけ行ってみようという事になりました。山の反対側だったのですが、なんとそこはWadi Ghulだったのです。いわゆるオマーンのグランドキャニオン的存在です。私はグランドキャニオンを実際に目にした事はないのでここの渓谷でも感動です。

RIMG2745_convert_20160424225206.jpg

RIMG2751_convert_20160424225144.jpg

これ以上先に何かあるかもしれませんが、時間も考え来た道を戻る事にしました。そのまま真っすぐ行き海まで出れたら!!と思いますがやはり道は地図上では確認できません。出来ればUAEの国境近くまで行ければと思い運転しましたがやはりくねくねダートで時間がかかりそう簡単には行かないもんですね。

Ibriに16:00くらいに到着してそこで大きなスーパーが無いか現地の方に聞いてLuluがある事がわかり早速行きました。最後はやはりラムでしめようということになり、ラムのスパイス付きのリブと場所はわかりませんが、他の部位と2種類を購入し野菜も買い足しました。もちろんマッシュルームは欠かせません。

Ibriからは道中ずっとキャンプ出来そうな場所をさがして移動していましたがなかなか見つかりません。日が暮れてきてからWadiの看板を見つけたのでそこにとりあえず行ってみる事にしました。道中入れそうなところがあったのですが私達の車ではスタックしてしまいそうで行けず先に行ったのですがなかなか見つからず入口の方にもどりその近くの丘の横の平たい空間でキャンプする事になりました。すでに暗くなっていたのもありお互い疲れていて、無口で黙々と作業しました。パトリックはキャンプファイヤーの準備、私はエアーマットの後に夕食の準備です。男女に分けて役目が自然と決まって来るのがお互い嫌なので運転も交互にするし向こうも料理をつくるしというスタンスですが、なぜかいつも火のコントローラーはパトリック、料理の下準備は私なのです。うーん、謎だ。まぁ原因の一つは私のキャンプ歴が短く火のコントロールがうまく出来ないというところだと思います。

火が落ち着いた頃にようやく、安心出来たのか普段通りにおしゃべりを始めました。やはり暗くなる前に始めたいものですね。ラムのリブは美味しくあっという間に食べきってしまいました。最後のジャガイモもファイヤーの中に入れて良い頃合いにいただきます。翌朝分の食材以外はすべて食べきりました。残った調味料や不要なものは明日キャンプ場を見かけたら置いていこうと思います。

山がちな為かとても風が強くたまに車も通ることで誰かがテントを襲撃したらとネガティブな事を考えてしまいなかなか寝付けませんでした。風の音がどうも人の足音に聞こえてしまったのです。実際には何も起こらずただの風だったのですが性格が出てしまいましたね。
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。