とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Musandam

 太陽の暑さというよりは明るさで目を覚ましました。とても静かな朝でテントからは穏やかな波が行ったり来たりしているのが見えます。

RIMG2375_convert_20160411234425.jpg

テントから出て伸びをして振り返ってみるとそこには迫力のある岩山が。

RIMG2370_convert_20160411234448.jpg

山と海が近く迫力あるとは、地元富山をふと思い出し懐かしくなりました。ここ、Musandamにはフィヨルドとも称される地形が発達している事でノルウェーのフィヨルドとはまた違った姿が見えるのではないかと期待です。まずはAl-Khasabまで行く事にしたのですが、今日の出だしは私が運転です。日本とは反対車線なのですが、そもそも最近運転してなかったおかげで何の違和感も無く進みだせました。幹線道路は海岸沿いなのでくねくねして上がったり下がったりが続きます。道中景色が良ければもちろん停まって写真を撮るのですが、道路が狭くなかなか停まれるところが無く車が来ていないかみつつ停まりました。

RIMG2400_convert_20160411234518.jpg

RIMG2404_convert_20160411234632.jpg

Al-Khasabに到着したのですが、フィヨルド地形ってどこから見えるの?たしかにくねくねはしてたけど、それを見渡せる場所はどこなんだろう?行ったり来たりしているとLULUという大型スーパーマーケットがあったのでまずはここでキャンプ用の炭を見に行ったのですが、まだ1回分の炭はあるのでレートをまだ把握していない今日は辞めておく事にしました。この時点でオマーンリアルを持っていなかった私たち。ここでパトリックにキャッシングしてもらって、今後の買い物を私がクレジットカードでして現金を半分いただく事にしました。やはり現金があると安心しますよね。

駐車場に戻るとツアー会社らしき人から今日参加する予定か聞かれました。どうやらここからイルカ見学ツアーがあるみたいです。ついでにどこからフィヨルドが見れるのか尋ねたのですが、それはボートからじゃないとみれないからツアーに参加しなさいと苦笑いされました。うーん、せっかくだけどどうしよう。出来れば今日のうちにメインのオマーンに行きたいし。パトリックと話し合ったのですが、本物のフィヨルドはノルウェーだしいいんじゃない、見なくても、という事でこのまま私たちは次に進む事にしました。

ただ、せっかくだし高い台をみつけて一望出来るポイントを見つけたいと思い幹線道路沿いから内陸に入る道を適当にドライブしました。岩山の間をくぐり抜けて先に進みます。人はフレンドリーで手を振ってきたりします。

RIMG2412_convert_20160411234655.jpg

結局高台には行きつけれなかったけど、得た物はありました。それは、キャンプ用の枝です。炭はあるのですが小枝が無かったので探していたのです。道を進んだ先に集落がありそこの木の下に小枝が落ちていました。周辺にはヤギがわさわさいる感じです。運転していてもヤギはしょっちゅう目にします。

RIMG2423_convert_20160411234746.jpg

RIMG2414_convert_20160411234721.jpg

RIMG2424_convert_20160411234849.jpg

今日必要な分だけの枝を集めてから再出発です。どうやら道が繋がっているのかいないのか地図上ではわからずUAEまでは同じ道を戻る事になりました。国境近くまで行ったところで運転交代です。そこからUAEに入りFujairahに向けて走ります。道はなかなか広くスムーズに進みますがやはり都市近くになると渋滞に巻き込まれました。だけどFujairahからは国境が近いので後は国境超えしてキャンプ地を探すだけ。と、思いきやなんとこの後ショッキングな出来事が待っていたのです。

UAEの国境について出国審査をしようとその前のゲートを通ったらこの先どこに行くと言われたのでMuscatを目指していくと答えました。保険は持っているのか聞かれ見せると、この保険はコピーだから駄目だ、本物をもっていないとこの国境は超えられないと言われたのです。ぇええええ!!せっかくオマーンに来る為にはるばる日本から来たのに??レンタカー会社も教えてくれたらいいのに。UAEからオマーンに超えるツーリストは多いと思います。

ショックを受けていたら、1カ所超えられる国境があるといわれました。HattaまでいかずHatta4Kmほど手前で東に進んだ先にある新しい国境であればコピーでも通過出来ると言われたのです。看板の写真を見せてくれそれをカメラで撮らせてもらってもう1カ所の国境に行く事にしました。せっかく今日は明るいうちにキャンプ出来ると思ったのに。残念でなりません。

国境についたのは21:00頃でしょうか。外は完全に暗く静かです。特にここではUAE側からオマーンの保険の事は聞かれる事無くスムーズに進みました。オマーン側の国境ではUAEにはどうやって入ったと言われたのでパトリックがすかさず飛行機でと言ったのですが、私たちのパスポートにはMusandamとの国境から入国したスタンプが押されていたのでまたもや5リアルずつ徴収されました。なので両方行く方はオマーン本土に先に行った方が良いと思われます。

ビーチを探して進んだのですがなかなかビーチが無い!!漁港だったり住宅が目の前にずらーっと並んでいてキャンプ出来る雰囲気ではないのです。Soharを超えしばらく(40Kmくらい)行った先でどうにかキャンプ出来るような小さなビーチを見つけ固めの土の丘の上に停車して23:00位からキャンプの準備を始めました。今日は骨付きチキンと野菜、マッシュルームです。2つの国境越えとハプニングで疲れていた私たち、食後にワインを飲んだらあっという間に眠りに落ちました。

<キャンプ>
Soharから40Kmほど行った小さなビーチ
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。