とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試験勉強の合間に

 1月の試験に向けて忙しくなったのもあり最近はカウチサーフィンはセーブしています。ただそれでもだいぶ前に約束していたりして何件か受け入れたりしました。ただ常に英語で話していないとどんどん忘れていくので受け入れも自分の為にはなっています。

最近は友人がタジキスタンで知り合ったというフランス人カップルの受け入れをしました。この夫婦の奥さんはトルコ系フランス人で旦那さんはカナダ系フランス人で二人ともモスリムです。なんちゃってではなくちゃんとお祈りもするしハラル料理も守ってるしアルコールも飲みません。

東京にはあまりハラル料理屋がなく以前浅草のラーメン屋に行ったのですががっかりな結果でした。今回はこの夫婦と行ったのは恵比寿にあるシャブシャブです。ハラル料理やってだけあって客はほぼ外国人。旦那さんのカミーが誕生日というのもあり少々奮発した夕食になったのです。ラムしゃぶは初めてでしたがラムの多少の臭みが白スープにあっておいしい。前回は残念でしたがここならまたきてもいいと思う内容でした。


実はこの日、彼女達と1日行動をともにしたのですがおもしろい経験をさせてもらいました。銀座に森岡書店という本屋があるのですが、ここには1冊の本しか売られてないのです。一体どんな本屋なのか興味を持ち一緒に出かけたのですが、奥さんのエスラはネットマガジンに記事を出しているそうで急遽私がインタビューの翻訳をする事になったのです。といっても私の人生の中で通訳なんてした事ないのでとってもしどろもどろ。専門用語もわからないし本当に大変でした。

RIMG2119_convert_20151126013333.jpg

RIMG2120_convert_20151126013424.jpg

店主の森岡さんには迷惑をかけましたが最低限の通訳はできたと思いたいです。去年この本屋をオープンさせたのですが、以前は10年ほど古本屋だったり本のイベントを手がけていたそうです。ですがその本や著者を目当てにお客さんが来る、そこでコミュニケーションが生まれる事に着眼したこと、また人は本屋に1さつの本を目当てに行くのであるのだから1冊の本しかおかなくても十分なのではないかと思ったそうです。もちろん数冊の本を目的だったり何も目的がない方もいらっしゃるとは思いますが。

RIMG2122_convert_20151126022117.jpg

森岡さんは本の中の世界をその小さな空間に表現したいとおっしゃっていました。その空間を本としてお客さんに本の中に入ってきて欲しい、との事です。この建物は歴史のある建物で第二次世界大戦の時にプロパガンダの編集社が入っていて有名な著者が出入りしていたそうなのです。これらの事からここを借りるのが理にかなっていると思いこの場に決めたそうです。

RIMG2123_convert_20151126013545.jpg

場所はちょっぴりへんぴな場所ですが、その本によっては30mほどの列が出来るそう。基本的には一週間おきに本がかわるそうです。今回は異例で予定の本がおけなくなったそうで代わりにカリグラフィーのミニブックが販売されていて地下ではそのイベントが開かれていました。

RIMG2124_convert_20151126013820.jpg

紀元前1世紀からのカリグラフィーを扱っているそう。金沢の金箔を用いどのように行うとやりやすいかなど説明されていました。エスラ達がいなければ私にはまったく関わりのない世界でしたので感謝しています。外国人の方が私より日本を知っているという事にカウチをしてから気づかされっぱなしです。

RIMG2125_convert_20151126013855.jpg

RIMG2126_convert_20151126013930.jpg

RIMG2131_convert_20151126014617.jpg

1日の終わりには都庁に行きそこからの景色を眺めました。東京タワーやスカイツリーに上らなくてもここから十分東京が見渡せます。しかも無料というのがポイント。ここにくるのは二回目ですが前回は日中だったので雰囲気が全く違いますね。

RIMG2132_convert_20151126014810.jpg

RIMG2141_convert_20151126010120.jpg

スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。