とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな挑戦

 少し前まで行き詰まっていましたが、ようやく自分のやりたい事を見つめ直せた事で先に進む決心がつきました。仕事は特に大きなトラブルを起こす事なくやっていますが、看護師として行き詰まっていることは感じていました。ただ仕事をして給料をもらってその繰り返し。もちろんそれが普通といったら普通なのかもしれません。だけど、去年イギリスに行ってからもっと勉強がしたいという気持ちが強くなっていたのです。

日本に帰ってから医療通訳の道やCRA、CRCなど模索しだけどうまく行かずそれなら看護大学でさらなる知識をつけようと思ったのですが、放送大学では私の卒業した専門学校では3年次への編入が出来ないという現実を突きつけられ更にどん詰まりになっていました。せめて看護の短大に行けていれば、なぜあのとき推薦が落ちたから諦めたんだろうとくやんでも悔やみきれませんでした。

そこでふと思ったのですが、必ずしも日本で学ぶ必要はないのでは?

私は学士を持ってないのでまずは大学院ではなく大学に行かなければいけません。調べていくうちにイギリスでは看護師としての経験が3年以上あれば大学の3年次に編入する事が出来るようなのです。ただそのような看護が学べる大学は数えるほどしかないので場所は選べませんが、ロンドンにもともと住むつもりはないので問題はなさそうです。看護大学自体はもっとあるのですが看護師としての経験をもって、というのが少ないらしい。

受験に必要なものは推薦状とIELTSの結果6.0(すべてのタスクで5.5以上)なので、不可能ではないと思ってます。ただ最近はあまり勉強してなかったのでアカデミックな単語や文法は忘れてしまっています。ただIELTSは2週間に1度東京で受けれるので何度でも試す事ができます。とりあえずまず自分の力量を知る為に1月の中旬に1度受けてみる事にしました。だめだったらまた受けるのみです。

猶予は2ヶ月あるのでとりあえず過去問をしたり基礎的なものを勉強しなければ。今月でもう35になりますが、年齢を気にして諦めたくはないので人生を後悔のないように過ごしていきたいと思います。それにしてもIELTSだけは絶対に受けたくないテストだとイギリスにいるときにいっていたのにまさか自分が受けるはめになるとは。とほほ。

スポンサーサイト

テーマ:海外留学 - ジャンル:学校・教育

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。